トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Top Page

UNIX/Linux Knowledge

 UNIX 特に Linux に関連する設定等の備忘録です。

オペレーティングシステム

CentOS

最新バージョン 7.0 http://centos.org/

 RedHat が公開しているソースコードを元にビルドされているいわゆる White Box Enterprise Linux 。 RedHat クローンと呼ばれることもあるくらいで、RedHat Enterprise Linux(RHEL) の代替えとしてテストや、個人で学習目的のサーバ構築で使用するなどの用途には最適です。
 また最近は VPS(Virtual Private Server) で初期インストールされている OS としてよく使用されています。

Debian GNU/Linux

最新バージョン 7.x(Wheezy) http://www.debian.org/

 構成する基本ツールのほとんどが GNU に由来するディストリビューション。とにかく提供されるパッケージが尋常ではない数があり、サポートするプラットフォームも数多く、また派生するディストリビューションも非常に多いのが特徴です。

 Vine Linux と並んで、玄人志向 の玄箱を Linux Box 化する際に使われることの多いディストリビューションでもあります。

Gentoo Linux

http://www.gentoo.org/
http://www.gentoo.gr.jp/

 パッケージ管理システム Portage を採用し、ネットワーク経由で各パッケージのソースコードをダウンロードし、各個コンパイルすることでインストールするというかなり特異な仕組みを実現しています。

 常に最新のパッケージが利用できる、システムを構成するにあたって必要なパッケージは詳細に選択できるなどの利点があります。最近、気になっているディストリビューションではあるのですが、自由度が高いだけにによく Linux やパッケージについて理解していないと扱いが難しいと思われ、今のところ静観しています。

 玄人志向 の玄箱で使用することもできるようです。

KNOPPIX

http://www.knoppix.org/
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/(日本語版)

 Debian GNU/Linux ベースの 1CD Linux 。すぐに利用できる多数のパッケージが収録された CD で気軽に起動でき、さらに多数のパッケージを収録した DVD 版もあり、一時的に Linux 環境が欲しくなったときに非常に便利です。

Ubuntu

最新バージョン 14.04 LTS(Trusty Tahr)/14.10(Utopic Unicorn)
http://www.ubuntu.com/
http://www.ubuntulinux.jp/ (Ubuntu Japanese Team)

 Debian GNU/Linux をベースとする Linux ディストリビューションの一つ。常に最新の機能を提供するバージョンと、長期にわたるメンテナンスを提供する LTS(Long Term Support) バージョンがあり、またデスクトップ版の他、サーバ版も存在します。

  • インストールが容易
  • ディスクトップ環境が充実
  • Linux としてはハイパワーな環境が要求される

などの特長があります。始めて UNIX ライクなシステムを触る方には、慣れるためにはいいかもしれませんが、これをベースに知識を構築していくと他のディストリビューションをさわったときにかなり違和感を感じるかもしれません。

Vine Linux

最新バージョン 6.2 http://www.vinelinux.org/

 Linux をさわり始めたころに個人的に自宅で使用していた RedHat 系のディストリビューションで、rpm でのパッケージ管理ができる上に、Debian GNU/Linux 系の apt コマンドによるネットワークアップデートが可能。また、日本語化がおそらく最も安定して進んでいるディストリビューションであると思います。

 しかし、安定性重視であるため、構成されるパッケージが Fedora などに比べると枯れたバージョンのものを採用していることが、人によっては欠点と映ることもあるでしょう。

FreeBSD

最新バージョン 10.1, 9.3, 8.4(Production Release)
http://www.freebsd.org/
http://www.jp.freebsd.org/

 以前は大学時代から BSD な人だったため、結構長いこと使っていましたが、最近はクライアントは Windows 、 UNIX 系は Linux を使い始めてどんどん軟弱になっていった結果、最近はまったく使わなく(使えなく :p )なりました。

各種ソフトウェア

 以下のソフトウェアの設定に関する文章は、特に断りがない限り Vine Linux もしくは Debian GNU/Linux 上で設定したときのものです。

Apache

http://www.apache.org/

 世界でもっとも利用例が多い HTTP サーバの一つで、オープンソースで開発されているアプリケーションの中でもっとも有名なものの一つです。

APT (Advanced Packaging Tool)

 Debian GNU/Linux で採用されているパッケージ管理システムで、Debian GNU/Linux から派生した Ubuntu などもこのシステムを採用しており、Linux でシステムを構築から運用・管理をしていく上で必要不可欠な仕組みです。

bind

http://www.isc.org/

 Windows PC で構成された 1 セグメント規模のネットワークには必要ないかもしれませんが、アプライアンスが増えてきたときなどは DHCP と組み合わせると結構重宝します。

CUPS

http://www.cups.org/

 Common UNIX Printing System(CUPS) は UNIX 系 OS 向けの印刷システムです。比較的新しい Linux ディストリビューションの多くはすでに CUPS を採用しています。

dhcpd

http://www.isc.org/

 最近は家庭用のルータやアクセスポイントなどのアプライアンスにも DHCP サーバ機能がありますから、単純に IP アドレスを配布するだけならそちら使ったほうが手軽である場合のほうが多いでしょう。

 それ以上の用途の際、もしくは頻繁にネットワーク構成に変更がおきうるような場合に便利です。もちろんアプライアンスが提供するものよりはるかに高機能です。

KVM (Kernel-based Virtual Machine)

http://www.linux-kvm.org/

 主に Linux でサーバーの仮想化を実現するための技術で、RedHat Enterprise Linux で採用されています。

MySQL

http://www.mysql.com/

 フリーのデータベースでは世界でもっとも普及しているものの一つといえるでしょう。 CMS(Contents Management System) などでバックエンドでの動作が必須となっているデータベースとして、指定される場合が非常多いデータベースでもあります。

NFS

 UNIX/Linux で利用される分散ファイルシステムの実装で、最近はセキュリティの問題などもあり、利用される頻度は減ったような気がしますが、未だ廃れずに利用され続けています。

perl

http://www.perl.org/

 インタプリタ形式のプログラミング言語の一種及びその処理系です。CGI などウェブアプリケーションを始めるなら、学習することをおすすめするプログラミング言語です。

PHP

http://www.php.net/

 サーバサイドスクリプト言語と言われ、主に動的なウェブページを作成する目的で設計されたオブジェクト指向型のプログラミング言語/処理系です。

PostgreSQL

http://www.postgresql.org/

 BSD ライセンスによりフリーで配布されている RDBMS(Relational Data-Base Management System) です。

rsync

http://rsync.samba.org/

 ファイルやディレクトリを主にバックアップを目的として同期を行うアプリケーションです。SSH を使って遠隔地とのバックアップや cron を用いて自動バックアップなどを実現することができます。

samba

http://www.samba.org/

 Windows はクライアントだけでも高価な代物ですから、個人でサーバはとても無理。しかし、Linux 上で samba を起動すれば、最近の Windows を動作させるには少々厳しい PC や非力だけども静音省電力な PC でネットワーク共有機能を実現することができます。

sendmail

http://www.sendmail.org/

 Postfixqmail の台頭で、シェアが落ちてきている sendmail ですが、個人的には比較できるほど設定や運用したこともないので MTA(Mail Transfer Agent) というといまだにこれ。その少ない経験からのごくごく単純な設定例です。

squid

http://www.squid-cache.org/

 いわゆる Web Proxy です。

 ADSL/FTTH な時代、個人利用であれば回線帯域は湯水のように使えるのですが、ある程度以上の人数でのネットワークの使用、もしくは ADSL などで不幸にも安定して帯域が確保できないなど、省ネットワーク帯域の実現が必要な場合に有用です。

SSH

http://www.openssh.com/

 ホストにリモートからログインする際、最近はセキュリティーの観点から、通信内容が平文でネットワークに流れる telnet を使用するより、SSH が使用されることが多くなってきたので、これの設定に関する情報をまとめておきます。

sudo

 ユーザーが一時的に別ユーザー(通常は root )の権限でプログラムを実行するためのコマンドです。 root 仕事をいちいち su してやっているとセキュリティー的にもあれなので、あった方がいいのですが、時々インストールされていなかったり、何より設定がなされていないと使えません。

VNC

http://www.realvnc.com/

 AT&T の研究所で開発されたリモートコントロールシステムで、サーバ/クライアント双方とも Windows/Linux をはじめとしてマルチプラットフォームに対応します。ここでは Linux 側をサーバに設定する方法をまとめています。

vsftpd

http://vsftpd.beasts.org/

 CentOS などのディストリビューションに標準で含まれる FTP サーバです。

Yum (Yellowdog Updater Modified)

 Debian GNU/LinuxAPT に対して、こちらはRedHat 系と呼ばれる Linux ディストリビューションで採用されるパッケージ管理システムです。

Windows で実現する仮想 UNIX/Linux 環境

 Windows 端末上で UNIX/Linux の環境を擬似的に実現したい場合、いくつか解決方法があります。以下に個人的に試した仮想環境構築に関する資料をまとめてあります。

Cooperative Linux

 厳密に言えば手を入れたカーネルを動作させるため、完全な互換性が確保できる訳ではないのですが、実行効率は非常によく起動も超高速。Debian GNU/Linux などのディストリビューションのパッケージが使える上、X Windows System も使えます。

Services for UNIX

 Microsoft が無償で配布していた UNIX アプリケーションを移植するための互換開発環境。現在、すでに後継バージョンの開発は停止しています。

VirtualBox

 紆余曲折があり、現在は SUN Microsystems を買収した Oracle が開発を進めている仮想 PC 作成・実行環境の一つ。後述する Virtual PC と比較して、マルチプラットフォームで展開されているところが大きな特長。

Virtual PC

 Microsoft が無償で公開している仮想 PC 作成・実行環境で、もっとも互換性は高い*1ものの一つですが、起動時間がかかる、実行効率が悪いなどデメリットが少し大きく思うシーンが出てきます。

玄箱を Linux BOX 化する

 玄人志向 から発売されている NAS(Network Attached Storage) キットである 玄箱 及び、 玄箱 HG は、PowerPC を搭載し Linux を OS として動作しています。

 カーネルそのものはフラッシュメモリ内に記憶されているので、その変更は容易ではないのですが、その他動作環境を既定するファイルは比較的容易に変更することができ、Debian 化や Vine 化することが可能になっています。

 以下のページには、玄箱ハックのための情報をまとめてあります。

Debian 玄箱にする

 Debian GNU/Linux のパッケージを使用して、 玄箱 をハックするためのページです。

Vine 玄箱にする

 Vine Linux のパッケージを使用して、 玄箱 をハックするための情報を集めたページです。

 2007 年 2 月 27 日発売の 玄箱 PRO玄箱 及び、 玄箱 HG とは全くアーキテクチャーが違いますので、上記ページの情報をご利用できません。以下に専用のページを用意しております。ご参考までにご利用ください。

Debian 玄箱 Pro にする

 HS-DHGL の Debian 化 を終了した直後に、魔が差して、玄箱 Pro まで買ってしまいました。これも やっぱり Debian 化して使うことにしました。

LinkStation を Linux BOX 化する

HS-DHGL/LS-GL を Debian 化する

 PowerPC から ARM へとアーキテクチャが変更された新 LinkStation のホームサーバモデル HS-DHGL を使用して、Debian 化を行った時の手順をまとめています。
 Debian 化された Linux BOX が欲しいだけなら、同アーキテクチャーの 玄箱 PRODebian 化する方が圧倒的に簡単 *2 ですので、玄箱 PRO のご購入をお勧めします。

参考書籍

UNIX 全般

FreeBSD

その他



*1 Linux そのものを動かしているので当たり前ですが…
*2 だと思います。そもそもにして分解から苦労するはずですから、少なくとも私個人はそうでした

© 2004-2011 Ellinikonblue.com All Rights Reserved.