トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

UNIX/Linux Knowledge

samba

http://www.samba.org/

 UNIX 系のオペレーティングシステムで Windows 系オペレーティングシステム互換のファイルサーバ及びプリンタサーバ機能を提供することを可能にする samba について説明しています。

 ここでは samba 3.x 系を使用しています*1

インストール

 ディストリビューションが Debian GNU/Linux である場合、インストールは非常に簡単で、以下のコマンドを実行するだけで必要なパッケージはすべてインストールされます。

apt-get install samba

設定

 Debian GNU/Linuxsamba をパッケージインストールすると、ワークグループ名などを聞かれ、それに答えると自動作成される設定ファイルが作成されますので、後はパスワード設定すると、ほぼそのままの設定でホームディレクトリのファイルを読み込むことができるようになります。

パスワードの設定

smbpasswd

 パスワードの変更に利用します。samba のオプションで新旧パスワードファイル形式を用いても、smbpasswd は smb.conf の設定に従って動作しますので、これ一つでユーザパスワードの変更が行えます。

pdbedit

 ルートユーザのみが使用できるコマンドで登録されているユーザの一覧や、ユーザの追加削除に用います。ただし、登録済みユーザのパスワードの変更は、先述の smbpasswd コマンドを利用します。

パスワードの移行

 旧方式のパスワードファイル方式から tdbsam を使ったパスワード方式に移行する場合、以下のコマンドで一括で移行できます。

pdbedit -i smbpasswd -e tdbsam

tdbsam パスワードファイルの本体

 Debian GNU/Linux の場合、/var/lib/samba/passdb.tdb がパスワードファイルになります*2。引っ越し時などコピーしておくことを忘れないようにしてください。

プリンターの設定

 CUPS で設定されたプリンターを共有する場合の設定は以下のようになります。

/etc/samba/smb.conf

:(略)
# CUPS printing.  See also the cupsaddsmb(8) manpage in the
# cupsys-client package.
  printing = cups
  printcap name = cups
:(略)
[printers]
  comment = All Printers
  browseable = no
  path = /var/spool/samba
  printable = yes
  guest ok = yes
:(略)

 最後にプリンタースプールのディレクトリが作成されない場合がありますので、以下のコマンドを実行してプリンタースプール用のディレクトリを作成します。

mkdir /var/spool/samba
chmod 777 /var/spool/samba

リンク集



*1 samba 2.x 系に関しては、過去に作成したドキュメントがこちらにあります
*2 CentOS の場合は /etc/samba/passdb.tdb

© 2004-2011 Ellinikonblue.com All Rights Reserved.