トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

UNIX/Linux Knowledge

vsftpd

http://vsftpd.beasts.org/

 CentOS などのディストリビューションには標準で含まれる FTP サーバです。

インストール

 CentOS の場合はインストール時に「 FTP サーバ」を選択するとインストールされます。

 yum を使ってインストールする場合でも

yum install vsftpd

 とするだけでインストールできます。

設定

 CentOS にインストールされる vsftpd の場合、設定ファイルは /etc/vsftpd 以下にある vsftpd.conf にて行います。

 また CentOS の場合、vsftpd がデーモンで立ち上がるようになっているために、各種設定を有効にするには以下のコマンドを実行する必要があります。

/sbin/services vsftpd restart

anonymous FTP の禁止

 anonymous FTP を禁止するには、 vsftpd.conf で以下のように記述します。

anonymous_enable=NO

FTP アクセスを禁止する

 特定のユーザに対して FTP アクセスを禁止するには、 vsftpd.conf で以下のように記述します。

userlist_enable=YES

 さらに実際にアクセスを禁止するユーザを /etc/vsftpd/ftpusers に追記します*1

ホームディレクトリ以下しかアクセスさせない

 FTP アクセスするユーザに対してホームディレクトリより上の階層にはアクセスさせないよう、FTP アクセスしたときに表示されるディレクトリ(サーバ上のユーザのホームディレクトリ)がルートディレクトリになるように設定するには、まず vsftpd.conf で以下のように記述します。

chroot_list_enable=YES

 次に /etc/vsftpd 以下に chroot_list*2 にホームディレクトリ以下にしかアクセスさせないユーザのユーザ名を記述します。

タイムスタンプをローカル時間にする

 初期設定ではログのタイムスタンプは UTC で記録されるので、ローカル時間*3で記録するようにするには、以下の設定を加えます。

use_localtime=YES

リンク集



*1 逆にアクセスを許すようにするのであればこのファイルからユーザ名を削除すればよいことになります
*2 デフォルトの設定。vsftpd.conf の設定でファイル名を変えることもできます
*3 タイムゾーンとして日本を設定している場合なら日本時間

© 2004-2011 Ellinikonblue.com All Rights Reserved.