トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

UNIX/Linux Knowledge

Vine Linux

http://www.vinelinux.org/

基本的な設定の方法

ネットワークに関する設定

 まず最初にネットワークを有効にするには /etc/sysconfig/network ファイルを編集します。

 以下はネットワークを有効にし、ホスト名を "myhost.yourdomain.net" としてデフォルトゲートウェイを 192.168.1.1 に設定する場合の例です。

NETWORKING=yes
HOSTNAME=myhost.yourdomain.net
GATEWAY=192.168.1.1

 最後の行を

GATEWAYDEV=eth0

 などとし、デフォールトゲートウェイの設定ををインターフェイスの設定側に記述することもできます。

IP アドレスの設定

 OS インストール時に正常にネットワークインターフェイスが認識されていれば、 /etc/module.conf に alias eth* から始まる行が最低一行あるはずです。その行の数だけ現状、ネットワークインターフェイスが認識されています。

 ホストの IP アドレスの設定は /etc/sysconfig/network-script ディレクトリの各 ifcfg-eth* ファイルを編集することで行います。その例を以下に示します。

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.169.1.255
IPADDR=192.168.1.10
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
ONBOOT=yes

 静的に IP アドレスを割り当てる場合、IPADDR の値を変更することネットワークインターフェイスの IP アドレスを変更することができます。変更した IP アドレスに応じて NETMASK, NETWORK, BROADCAST の値も変更するようにしてください。

 インターフェイスの設定でデフォルトゲートウェイの設定を行う、もしくはインターフェイスごとにデフォールトゲートウェイを設定する場合は、

GATEWAY=192.168.1.1

 などとして設定を加えてください。

 一方で動的に IP アドレスの割り当てを行う場合( DHCP サーバからの IP アドレスを配布してもらう場合)は、BOOTPROTO の値を dhcp とし、DEVICE と ONBOOT 以外の設定は不要になります。

/etc/resolv.conf

 このファイルを編集することで、

  • ドメインの指定
  • 問合せを行う DNS サーバのアドレスの指定
  • ホスト名を省略したときに付加されるプレフィックスの指定

を行うことができます。例えば、以下のようになります。

domain yourdomain.net
search subnet.yourdomain.net
nameserver 192.168.1.1
nameserver 192.168.1.2

VIA C3 を使うときの特別な設定

 Vine Linux 2.6 Tips 集 にもある有名な話で、静音小型の PC を作成する方々に人気の Mini-ITX M/B を使った VIA C3 プロセッサ搭載のシステムでは、本来 i585 の上位互換である VIA C3 を、インストーラが i686 互換と認識し、 2.4 kernel では起動しないことがあります (おそらく間違いなく起動しません)。

 2.2 kernel で起動して、

rpm -Uvh --force kernel-2.4.19-0vl11.i586.rpm

 などとして、2.4 kernel を i586 用に変更して起動してください。

リンク集

 Vine Linux を使うにあたって参考にさせていただいたサイトへのリンクです。

UNIX な生活 http://park15.wakwak.com/~unixlife/

© 2004-2011 Ellinikonblue.com All Rights Reserved.