続・ iPhone X に見える未来

iPhone 8 は本当に保守的すぎるのか Apple Watch Series 3と使って得た結論 (1/5)

9 月 12 日(米国時間)に発表された 2017 年モデルの iPhone 、iPhone 8/8 Plus および iPhone X が示す未来…と言うより、今の iPhone と言う製品の姿が、上記の記事を読んで、自分なりに明確になりました。

“続・ iPhone X に見える未来” の続きを読む

Adobe Flash Player は 2020 年末で提供が終了することに決まりました

Adobe、「Flash Player」の更新と提供を2020年末で終了/Webブラウザーの各ベンダーもFlashの廃止ロードマップを発表

とうとうこの時がきたという感じです。

ウェブコンテンツをリッチでインタラクティブなものとした功績は過去のものとされ、時代のカリスマから邪険にされたことも相まって、今ではセキュリティホール扱いされたりすることもありますが、Adobe Flash が実現していた機能を手本にして追いかけるように、 HTML/CSS の機能の一部が進化してきたことも間違いないわけです。

全てがオープンな技術で構成されていれば、それで良いという風潮もありますが、コンテンツを一般に公開しつつ、かつその著作権も技術的に守るというのはプロプライエタリーな技術を持ってしないと、なかなか難しいことも事実としてあります。

「やっと」という言葉を使う人もいますし、実際に自分でもすでに新しい環境にはインストールしていない Flash ですが、レガシーとして残っていてもいいと思っている技術だとも思っていたので、うちではあえて「とうとう」と表現させていただきました。

いつの時代も「幕を引く」ということはいくつか難しい問題を抱え込まなければなりません。それでも一つの時代に終止符を打つ事を決断した Adobe には、ひとまず「お疲れ様でした」と「もう一息がんばって」と言いたい気分です。

Adobe Flashの提供が2020年に終了

Windows 10 のストアで公開された「 Ubuntu 」について

Microsoft、Windows 10用「Ubuntu」を”ストア”でリリース ~「SUSE」「Fedora」も近日登場/今秋リリースされる「Windows 10 Fall Creators Update」で正式にサポートされる予定
「openSUSE Leap」がWindows 10の”ストア”に登場 ~「SUSE Linux Enterprise Server」も/「Ubuntu」に続く2例目。複数ディストリビューションを同居させることも可能

Windows 10 の「ストア」でいよいよ Ubuntu が公開され、予告通り続いて、openSUSE も公開されました!…というニュースが、駆け巡りましたが、あくまで、これは Insider Preview Build 16125 以降を使っている場合のみ「ストア」内に表示されるようになるだけなので、一般の人が利用できるようになるには Insider Preview を導入するか、今秋の Fall Creators Update を待つしかありません。

このことをちゃんと記載した記事だったのは、相変わらず 窓の杜 くらいしかみかけませんでした。

なぜ、このストア版の Ubuntu 等が気になっているかというと、最近、bash on Ubuntu on Windows を、便利に使っていて、これまではインストールが結構、面倒で、ストア版になるならこの面倒がなくなる反面、今はインストールさえ終わってしまえば、bash コマンドを呼び出すだけで、Windows 標準のコンソールを使わなくて良かったりと、使い勝手が良いのですが、このあたりに変化がないかと気にはなっています。

が、焦る気はないので、Fall Creators Update の降臨、じっくり待っています ^^