トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

UNIX/Linux Knowledge

MySQL

http://www.mysql.com/

インストール

 CentOS などパッケージ管理システムを持っている Linux などのシステムでインストールする場合は簡単です。

 たとえば CentOS などの場合は

yum install mysql-server

でインストールできます。

 必要に応じて PHP/perl などのライブラリを忘れずにインストールしておきましょう。

インストール直後の設定

 インストール直後は、セキュリティ的にも無防備な状態なので、起動してすぐに以下のことは行っておきましょう。

root パスワードの設定

 初期設定状態では、管理者のパスワードも設定されておりませんので、まずはこれを設定します。

 以下のコマンドで、管理者としてコマンドラインからログインします。

> mysql -u root

 初期設定時から登録されているユーザ(およびホスト名、パスワード)を検索します。

mysql> select user, host, password from mysql.user;

 次に各々パスワードを設定します。

mysql> set password for root@localhost=password('root パスワード');

 

test データベースの削除

 初期設定状態では test というデータベースが登録されています。記憶領域の肥やしになるだけなので削除します。

 以下のコマンドで、管理者としてコマンドラインからログインします*1

> mysql -u root -p

 次に登録されているデータベースを検索します

mysql> show databases;

 データベース test が登録されているはずですから、これを削除します。

mysql> drop database test;

フルバックアップ

 mysqldump コマンドを使う方法です。

mysqldump -u root -p --all-databases > MySQL.dump

 ファイルサイズが大きいので gzip が使える環境であれば、以下のように圧縮して保存しておく方がよいかなと思います。

mysqldump -u root -p --all-databases | gzip -c > ./MySQL.dump.gz

リストア

 上記、mysqldump コマンドでとったダンプで、リストアを行います

mysql -u root -p < MySQL.dump

 特定のデータベースだけ戻したい場合は以下のようにします。

mysql -u root -p [データベース名] < MySQL.dump

リンク集



*1 上記で管理者のパスワードを設定しているため、管理者ログインにはパスワードが必要になります

© 2004-2011 Ellinikonblue.com All Rights Reserved.