イクイノックスは本当に強いのか?

投稿者: | 2022年4月15日

桜花賞は想像を超えた大混戦となりました。

やはり前が残る展開になり、一瞬、ウォータナビレラが抜けたかと思ったところを、後から馬群を割って抜けてきたスーターズオンアースが差し切るというしびれる展開。1 着から最下位まで 1.4 秒、1 秒内に 15 頭がひしめく大混戦でした。

スターズオンアースを本命にしていたこともあり、さらに、その相手に上げていたライラックはまったくパドックで覇気を感じず、ピンハイはもともと小さなカラダをさらに減らして最低馬体重、調教後の馬体重は 20kg 以上増えていたラブリイユアアイズもたった 4kg 増でもう切るしかなく、かといって本命をスターズオンアースにしていただけに、ただ切って絞るだけでは危険すぎたので、最終、黒光りして一番よく見えたウォータナビレラを入れていたので、しびれまくりました w

同じ 1 頭流しで三連複も買っていて、クビ差でサークルオブライフが届かず、惜しいことをしましたが、馬連を抑えたので由とします。

とにかく今年、初勝利!ヾ(*´∀`*)ノ

この調子で、今週の皐月賞も獲りに行きます!

最大の注目は、東京スポーツ杯 2 歳ステークス以来となる無敗馬 イクイノックスは強いのか?ここでしょう。

これまでの二戦の内容を見ても、弱いはずはないと思っています。ただ常識的に考えて、このローテションはどうか?しかも、枠は、どう考えても不利な大外。これで勝ったら、この馬に付いていきます。

同じ 2 戦 2 勝で、今年の共同通信杯馬 ダノンベルーガ、そして、昨年のホープフルステークス勝ちのキラーアビリティは 4 戦 2 勝の成績が示す通り、叩き良化型っぽいのにぶっつけの皐月賞。

正直、ここまであげた 3 頭を本命に押すのはちょっと怖い。ここまでの春の GI の流れを見ていると、さらに怖くなってきています。

やっぱりここは素直にディープインパクト記念を叩いてきたドウデュースかなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。