2022 年 JRA GI 開幕戦「フェブラリーステークス」

投稿者: | 2022年2月19日

マイル適性を考えると、昨年覇者 カフェファラオ、南部杯連覇のアルクトス、昨年の武蔵野ステークス勝ち ソリストサンダー、そして、ダートの適性をひとまず置いておけば、ソダシと言うところかと思います。

昨年覇者 カフェファラオには東京ダート負けなしというおまけまで付きますが、昨年のフェブラリーステークス以降のふがいなさと、今回、C. ルメール騎手から乗り変わりで福永 騎手というのが引っかかります。ソリストサンダーは、前走の根岸ステークスが、休み明けで一番人気を背負ったとは言え、負けすぎ感があり、ソダシに関してはダートの適性云々より、今回は走る気になってくれるのかどうか…

と言うことで、本命はアルクトス。インティは最近、控える競馬をしますし、ダイワキャグニーとソダシとの折り合いが気になるところとですが、なんと言っても明日は良馬場にはなりそうになく、とにかく脚抜きのいい馬場での強さが目立つアルクトスを押すことにしました。

◎ アルクトス
○ ソリストサンダー
▲ エアスピネル
△ カフェファラオ
△ ソダシ
× テイエムサウスダン
× レッドルゼル

と、東海ステークスを勝ったスワーヴアラミスも気になるのですが、さすがにマイルは忙しいかなと言うことで、同じ勝って勢いのある馬としては、根岸ステークス勝ちのテイエムサウスダンと、JBC スプリントを勝ったレッドルゼルを上にみて、スワーヴアラミスは次点。

穴はエアスピネル。ダートでも、もう一つな感じは否めませんが、明らかに東京マイルには適性を感じるので、去年の轍を踏まないように馬券に入れることにします (^^;A

ただはっきり言って自信がありません w

ダート界で今抜けていると思われるテーオーケインズも、チュウワウィザードもいない暫定王者決定戦のような様相で、正直何が勝っても不思議はないと思っていて、このメンツでいいところがないならソダシは、素直に芝路線に集中した方がいいかとまで思ってます。

ひとまず今年初戦の運試しだと思って、絞ってかわいく獲りにいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。