2022 年 JRA GI 第 4 戦「桜花賞」

投稿者: | 2022年4月10日

チューリップ賞で有力どころが顔を揃えてくれたので、まずはその勝ち馬ナミュール、3 着でしたが、昨年の 2 歳女王 サークルオブライフ、そして、2 着に突っ込んだピンハイも、展開が向いたと思っていると、今回も内に入りましたし、痛い目を見そうです。

ただ、サークルオブライフも今回は脚を溜めてくるでしょうし、以上のチューリップ賞出走組は、いずれも中団よりやや後ろから競馬を進めるだろうタイプで、これに加えて、2 戦 2 勝のクイーンカップ馬 プレサージュリフト、能力的に抜けていると思っているフェアリーステークス勝ちのライラックも含めて、後ろで牽制し合って前が残るという展開が非常に怖そうです。

前で競馬が運べるという点では阪神ジュベナイルフィリーズ 2 着以来となるラブリイユアアイズが気になるところですが、おそらく大幅に馬体重を増やしてきそうで、その上、今年初競馬…ちょっと信頼を置ききれません。

そこで本命はスターズオンアース。フェアリー S でライラックに、クイーン C でプレサージュリフトに、それぞれクビ差で辛敗して勝ちきれないイメージがありますが、それでも掲示板を外したことのない前目で競馬ができるその能力買います!

◎ スターズオンアース
○ サークルオブライフ
▲ アルーリングウェイ
△ ナミュール
△ プレサージュリフト
× ライラック
× ラブリイユアアイズ

大穴は前々の競馬でエルフィンステークスを勝ちきったアルーリングウェイ。負けたのは万両賞でマテンロウオリオンにだけですし、距離を伸ばしつつ結果を出し、ジェスタウェイ産駒ならマイルは守備範囲でしょう。

ピンハイはラブリイユアアイズの馬体重次第やその他上位陣のパドックを見てから入れ替え候補筆頭で。

もう一頭気になるのは C. ルメール騎手騎乗のフォラブリューテなんですが…マイルはどうだろう?といいのがどうしてもあって…なんですが、えぇルメール騎手が怖い w

同じくマイルはどうだろうというので、サプライムアンセム、ウォーターナビレラ、ナムラクレアも切る気でいます。

あとは馬券戦略次第で、手を伸ばすか絞るか…発走直前まで悩みそうです。。。 (_ _;A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。