2022 年 JRA GI 第 8 戦「ヴィクトリアマイル」

投稿者: | 2022年5月14日

有力馬の調教はどれもよく見えましたし、心配された雨も土曜日の状況を見ているとさほどひどくはならなさそうです。

巷で噂の呪いは、ちょっと気になりますが、初志貫徹、本命はレイパパレで行きます。

おそらくスピードの違いで、レシステンシアが行きそうですし、ソダシもスタート次第と思いますが、無理に抑えると良いことがない馬なので、前に行くでしょう。その二頭を見る位置でレイパパレがつけると思っています。

牝馬戦なので、必要以上にペースも上がらず、おそらく中段以降にいては、どんな末脚を駆使しても、届かない、もしくは届くようなレベル差はないでしょう。

なら、この前に行きそうな馬の後ろについて、抜け出しを狙える馬、かつどれもよく見えた調教の中で、一頭を選ぶなら、ソングラインが非常によく見えたので、これを対抗にします。

◎ レイパパレ
○ ソングライン
▲ レシステンシア
△ ソダシ
△ ファインルージュ
× デアリングタクト
× メイショウミモザ

レシステンシアもよく見えたんですよね…調教駆けする馬なんでいつもそうなんですが、予想以上に馬場が回復し、かつスローで流れ込みになったとき、勝ちきるところまではどうかと思いますが、馬券圏内に残ることはあると思うんですよね…

逆に、いつも調教はよく見えないアンドヴァラナウトが入れ替え候補。

デアリングタクトも調教はよく見えたんですが、1 年超ぶりで調教後馬体重は 30kg オーバー…切ろうか切らまいかと悩んでいるくらいで、これで勝ったらレベルが違ったとあきらめようかとも思っています。

さらにメイショウミモザが本当によく見えて、マイルで覚醒したのではないでしょうか?大穴で押さえておきたい…と言うところで、馬券戦略は、アンドヴァラナウトの扱いも含めて、これからです。

来週は苦手とするオークスで、かつ今年は大混戦の様相…流れを変えるならここで変えておきたい。発走まで一生懸命考えます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。