2022 年 JRA GI 第 12 戦「宝塚記念」

投稿者: | 2022年6月25日

とにかく今年の宝塚記念は役者が揃っています。なんと言っても昨年の年度代表馬 エフフォーリアが参戦するわけですが、前走、あの大阪杯の惨敗。これで、役者が揃った上で混戦に拍車をかけています。

ここは自分の目を信じていきます。

調教でよく見えたのは、内枠から、タイトルホルダーデアリングタクトヒシイグアスパンサラッサアリーヴォの 5 頭。

ただ、パンサラッサに関しては、よく見えすぎて、2000m 以下の重賞を連勝しているわけですが、有馬記念で惨敗しているように、あの勢いで阪神の 2200m が、この相手を敵に回して保つのかというのがかなり不安。

逆に、タイトルフォルダーは調教から、パンサラッサの後ろに控えて並んで交わす想定をしているところに一段上の評価をしました。ただ本命は…デアリングタクトです。

◎ デアリングタクト
○ タイトルホルダー
▲ アリーヴォ
△ ヒシイグアス
△ エフフォーリア
× パンサラッサ
× ポタジェ

阪神は今日、雨が降り、明日パンパンの良馬場まで回復するかというと微妙なところで、例年、この時期は力の要る馬場になるので、トップスピード勝負にはならないであろうことが、デアリングタクトには向いていそうで、おそらく逃げるパンサラッサを追いかけるタイトルホルダーを見ながらの位置に、エフフォーリア、ヒシイグアス、そして、デアリングタクトが集中すると思っていて、その勝負所で、牝馬特有の一瞬のキレが利いてくるのではないかと…リズム感と躍動感を感じる調教を見てかけてみたくなりました。

穴はアリーヴォです。前のめりの展開になることが予想され、腹をくくって後ろからならこの馬だと思っていて、勝ちきるところまでは…と思うのですが 2 着ならある。

ポタジェは大阪杯で覚醒した感が強く、これらに加えて、いつも馬券に加えないと痛い目を見るディープボンドと、右回りがダメなような気がしないオーソリティも次点として。

馬券は基本、上位五頭から狙っていこうと思っています。ひとまず、前半、勝って締めたい…切実な願いを込めて…o(´^`)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。