2022 年 JRA GI 第 11 戦「安田記念」

投稿者: | 2022年6月5日

昨年 3 歳にして 3 着、負かされたダノンキングリー、グランアレグリアは不在。そして、秋のマイルチャンピオンシップでも 2 着と意地を見せた。ならば、今年こそは主役と思いたかったシュネルマイスター。

しかし、初の海外での競馬だったとは言え、あまりに見せ場のなかったドバイターフ。あれから 2 ヶ月。調教の動きは悪くはありませんが、それ以来となる国内初戦。絶対の信頼は置けません。

ローテーション的に、また前走より確実に良くなっていると調教から見て取れたのは 3 歳馬のセリフォス。今度は少し枠が外目というのが気になりますが、金曜日に雨もあって、先週ほど内有利ということもなさそうです。 54kg という斥量も手伝って、勝ちきれなくともいいところは見せてくれるのではないかと期待します。

◎ セリフォス
○ シュネルマイスター
▲ ファインルージュ
△ ソングライン
△ カラテ
× ソウルラッシュ
× イルーシヴパンサー

期待しているのは、上り馬 2 頭よりヴィクトリアマイルを使ってきた牝馬二頭。特にファインルージュは、東京マイルを連戦し、好タイムでちゃんと絡んできています。今度こそという期待を、鞍上 武 豊騎手にも込めて狙います

サリオスは外すぎる枠が気になりますし、ダノンザキッドは休み明けにあまりいいイメージがなく、また中山記念も?というレースでした。もう一頭、調教がメチャクチャよく見えたヴァンドギャルドも含めて、あくまで入れ替え候補。

難しいです。しっかり当てれば、そこそこつきそうな気がするので、欲張りすぎない馬券戦略をこれから考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。