Stable Diffusion で使っているモデルのご紹介 ( SD1.5 編)

投稿者: | 2024年1月30日

狙っているわけではないのですが、Stable Diffusion 関連の記事が、最近、結構人気なので、味を占めて w 普段 AI お絵かきしている際に使わせていただいているモデルを紹介するという月並みな記事を、まだ書いてなかったなぁ… w

と言うことで、今、使っている SD1.5 のモデルを紹介します。勢いで SD1.5 編と書きましたが、 SDXL はまだ研究中ですので、いつやるか、そもそもやるかわからないのであしからず。

AnythingElse

https://civitai.com/models/4855

Stable Diffusion でお絵かきするときは、まずこのモデル AnythingElse を使って、ベースとなる絵を 512×768 くらいのサイズで作って、その中でいけてるものを 640×960 くらいに拡大しつつ、衣装やヘアスタイルなどのバリエーションを作ります。

各モデルの特徴をお伝えするために、今回は AnythingElse v4.5 作成した同じ絵をベースに、実写系のモデルに img2img で置き換えてたものをご覧に入れます。

Photoshop などでの加工は一切ナシ、Stable Diffusion の出力を JPEG に変換しただけです。

NeverEnding Dream (NED)

https://civitai.com/models/10028

v1.22 以降、アップデートが行われていないモデルですが、普通にアジア系のモデルも出てきますし、こういうコスプレ系の画像でも、無難で、AnythingElse で作成したベース絵に近く、かつ平均点が非常に高い絵が出てきます。

個人的な好み…とも言います w が、実写系モデルに置き換えたときに一番ヒット率の高いモデルです。

Perfect World

https://civitai.com/models/8281

最近、気に入って、使い始めたモデルです。

先述の NED と同じく、 かなり高確率で平均点の高い絵が出るように思います。

かつ後述する DreamShaper と比較すると、そこまで欧米寄りではないモデルで、金属などの素材感は強めに出ますので、NED だとコスプレ感が強すぎる、DreamShaper だと濃すぎる、そのちょうど間、やや NED 寄りくらいでいい感じです。

DreamShaper

https://civitai.com/models/4384

ここで紹介したモデルで、最もメジャーなモデルでしょう。SDXL 版もありますが、SD1.5 でも欧米系モデルが欲しいときに使います。AnythingElse のベース絵が、どんなにジャパニメーション的であろうが関係なし、もう圧倒的に欧米系の絵が出ます w アジア系は出ません ww ってことはないでしょうが、アジア系は他のモデルに期待します。

このモデルを使う理由は、その風景や、特に金属の圧倒的質感。ハリウッド映画で作り込まれたような風景や衣装になり、この一点に関して、他のモデルの追随を許さない唯一無二のモデルです。

chilled_remix

https://huggingface.co/sazyou-roukaku/chilled_remix

NED に次いでずっと使っているモデルで、アジア系のモデルでは、もうこれに次ぐものはないくらいアジア系の美女が出てきます。なんなら風景までアジアンテイストになります。

アジア系モデルでは Beautiful Realistic Asians(BRA) がメジャーですが、なぜか img2img でモデルの置き換えをすると上手くはまらないので、このモデルを採用しています。

ただよく指を出し、ベースの絵にないのに指を出したがる w ので、そのためにボツになる確率が最も高いモデルでもあります。

しかし、衣装がかなり凝った、かつ露出多めの衣装になりがちで、トータル最も見栄えのする絵が出るので、三振かホームランか…そんな感じで、止められません w

Stability Matrix を導入して、モデルの導入・管理が非常に便利になりましたが、SDXL の研究も進めていくことを考えて、安易にモデルを増やさないことに努めています。

また SDXL なども含めて、大きなモデルの入れ替わりがあれば、ご紹介したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です