Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Jan 19, 2016 at 22:16

Surface Book いよいよ日本上陸

「 日本マイクロソフト、 Surface Book を 2 月 4 日より国内販売」 ~ 一般向けは約 20 万円から ( PC Watch より)

 いよいよ 日本マイクロソフト から Surface Book が登場します。
 米国の発売から遅れること、約 4 ヶ月…正直、待ってはいませんでした ^^;A  だって一般向けは最小構成で税抜き 204,800 円もする、 Core i7/GeForce 搭載の最上位機種は実に 344,800 円もする プレミアムクラスのノート PC ですから、しがないサラリーマン SE が ほいほい手を出せる代物ではありません。

 世界市場でこのプレミアクラスのノート型で強い MacBook Pro の牙城を切り崩すため、 Microsoft が投入したと言いますが、 2-in-1 とはいえ、その MacBook Pro よりも高価ですし、 これまで日本メーカーが得意としてきたこのクラスの市場に Microsoft が自ら乗り込んで、 利幅の薄いバリューセグメントは台湾系 OEM/ODM メーカーの独壇場… 再編の進む日本系メーカーはいよいよ正念場なってくるでしょう。 マーケットの読み違えは命取りになります。

 また自分の使い方を考えると、ここまでパワフルで、フォームファクター的にもこれ一つで、 すべてをこなすようなノート PC って最近あまり魅力を感じません。

 タブレットも使い、デスクトップも使えば、ノート PC も使う。 それらで Windows も Mac OS も Android も iOS も使います。
 そんなよりどりみどりとも言える選択肢の中で、最適解ってどんな環境だろう。。。 最近、 ちょっと考えています。
 その思考の中で、少なくとも Surface Book という 選択肢は「ない」という結論に個人的にはなっています。

Posted on Jan 12, 2016 at 22:01

DX 機最高峰、ニコン D500 ついに発表!

「 ニコン、 DX フォーマット最上位モデル『 D500 』」
「 ニコン、フラッグシップ一眼レフ『 D5 』正式発表」
「 ニコン『 D500 』の製品画像 55 点を一挙掲載」
「 ニコン『 D5 』の製品画像 81 点を一挙掲載」
(以上、デジカメ Watch より)

 個人的に ニコンD7100 のユーザーであり、 その D7100 を購入する以前( 2 年くらい前)から、 「 DX フォーマットの最高位機種はまだか?」と言い続けていましたが、 空位となっていた DX フォーマットのフラッグシップモデル D500 がようやく発表されました。  まだ D7100 を使いこなせない小童ですが、 秒間 10 コマ、最大 200 コマまで撮影可能な高速連続撮影、 153 点 AF( 99 点のクロスセンサーを含む)という性能が意味する破壊力は十分に理解でき、 やはり憧れます。

 同時に発表された FX 機のフラッグシップ D5 は ボディだけで 70 万近くするプロモデルで、D7100 に 振り回されている素人がおいそれと手を出せるものでもありませんし、 逆に 20 万円台の D500 なら、 価格的には無理すれば手に届きそうです。  以前から主張していますが、経済的に FX フォーマットというのはちょっとアマチュアには厳しく、 コスト対パフォーマンスを考えると、 DX フォーマットの方が優れていると思っていて、 D7100 の性能に振り回されることがなくなって、 20 万円ほどのあぶく銭が見つかったら w 、是非とも手を出したい!

 それまではもう 2 年以上も DX 機のフラッグシップを空位にするなんてこと、 ないようにして下さいね> ニコン
Posted on Jan 11, 2016 at 15:27

1GB プランがいるいらないと言う問題ではない

「 ソフトバンク『 1GB 』データ定額導入を発表、スマ放題ライトで月額 4900 円~」ケータイ Watch より)

 何というか。自分でこうなるだろうと書いてそうなったことに、 腹立たしく思うことがなんとも釈然としません。

 おそらくはこのあとの展開は、ドコモau も、 カケホーダイライト相当と組み合わせて月額 4,900 円となるよう 1GB プランを 用意して横並びになるでしょう。

 「 1GB プランなどいらん!」と言う話ではありません。 データ通信などほとんどしない人も中にはいるでしょう。

 個人的に問題だと思っているのは、5 分以内の通話がし放題であろうがなかろうが、 着信にしか電話を使わない人がいるはずで、なぜ通話しようがしまいが 1,700 円もの月額基本料金を 払わなければならないのか? 以前はあったはずの着信専用プランがなくなった論理的理由がありません。
 問題の一点はまずここで、 もう一つは、おそらくこの不条理な月額基本料金の強要も、 また緩やかな寡占によって三社横並びで提示されると言うことです。

 なにより怒られたから言われたとおりのものを出した。。。 市場原理云々、市場介入云々の前に、いい大人のやることではない、そう思います。 Ellinikonblue.com Weblog 「 すっかり問題がすり替わっている携帯料金問題」
Posted on Jan 03, 2016 at 23:45

WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #7

 長々と WordPress と そのテーマである Graphy を 使ったカスタマイズの話をしてきましたが、 いろいろ機能追加した最後に見栄えを整える部分の知識をまとめておきます。

 基本的に Graphy の カスタマイズを始める際、この子テーマを作りしましたが、 その際に親テーマとなる Graphy の CSS ファイルは事前に読み込むスクリプトを functions.php ファイルに記載しており、 よって必要な分のスタイルを子テーマの style.css に追記して上書きする方針をとりました。
# 全体の効率としては悪いことは承知の上です

 もとの Graphy の CSS ファイルは、LESS だの SCSS ではない、 長大で複数のファイルからなる CSS ファイルなので、 数秒考えればこの方法が一番手っ取り早いと気づかれるかと思います。

 Graphy は導入すれば、 レスポンシブなサイトとなり、スマートフォンなどのモバイルデバイスでも、 そのミニマルで美しい体裁は保てるのですが、 ラフにいうと、通常の PC での表示の場合は、細かく指定してボックス要素をレイアウトしているのに対して、 モバイルデバイスでの表示ではイメージ的には表示・非表示をボックス要素ごとに決めて上から積んでいる 以上のレイアウトはしていないように想われます。

 従って、Graphy の場合、 幅 780px 以上でのビュー( PC で見るような場合)と、幅 780px に満たない場合のビュー (タブレットやスマートフォン)でレイアウトの方針を変えないといけない場合があります。

 今回、施したカスタマイズの場合、パンくずナビゲーションの表示位置を決める際、 この問題にぶち当たりました。
 具体的に言うと、幅 780px に満たないビューの場合は、 どこに表示させるかさえ決まれば、特に問題はないのですが、 780px 以上でのビューの場合は、単純に表示位置だけ決めてブロック要素を挟むと、 妙に間延びしたレイアウトになったりします。

 そこで、スクリーンサイズごとに以下のような記載を style.css ファイルに追加しています。
@media screen and (min-width: 780px) {
	.breadcrumbs {
		margin-top: -52px;
	}
}
@media screen and (max-width: 779px) {
	.breadcrumbs {
		margin-top: -28px;
	}
}
これはパンくずナビゲーションの表示位置を調整する記載です。

 このように 780px を境目に CSS ファイルで Graphy の もつタイポグラフィの美しさを保ちつつ調整するようにしてください。

 今回の WordPress 仕事で 蓄えた知識は以上です。ここまで飽きずにまとめた自分を褒めてあげたい ^^

 お付き合いいただき、閲覧いただいた方にも感謝 m(_ _)m
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版
プライム・ストラテジー株式会社 著
( SBクリエイティブ )
Ellinikonblue.com Weblog
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #6 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #5 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #4 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #3 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #2 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #1 」
「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #0 」
Posted on Jan 01, 2016 at 18:39

あけましておめでとうございます 2016

 相も変わらず、世界の片隅で細々とこのサイトの運営を続けておりますが、 そのことに限らず、去年はいろんな意味で今後、どうあるべきかを考えさせられる年になりました。

 自分が選んだ道の正解・不正解は、今後、 いろいろな形でいやがおうにも自分の前に突き付けられることになるでしょうが、 それに対しても、きっちり自分なりに対処していくということが、 多少なりとも年を取った人間のすべきことであると腹をくくっています。

 去年、サイトの運営に関してもいろいろなことをやってきて、 いろいろな経験もさせてもらって、今、自分がここでやっていることを見直す本当によい機会になりました。

 自分は何をすべきなのか?などという偉そうな話ではありません。 自分は結局何がしたいのか、それをもっと色濃く実現するためにはどうしたらいいのか? 今年はそれをもっと突き詰めていきたいと思っています。

 時間はたっぷりあります。

 このサイトをご覧いただく方にも、何か自分の色を見せられるよう 今年も頑張っていきたいと思いますので、今年のごひいきのほどよろしくお願いいたします m(_ _)m
Posted on Dec 26, 2015 at 15:28

ASUS ZenPad 7.0 にも SIM フリー版がでた!

「 ASUS ZenPad 7.0 に SIM フリー LTE モデル、 2 万円台前半で 12 月 25 日発売」Engadget 日本版 より)

 ASUSZenFone 2 Lazer の 6 インチ版がでたときに、 今夏、ZenPad 8.0 を購入する前に 発表して欲しかったという話をしましたが、 この ZenPad 7.0(Z370KL) もそうですね。  実は、うちの母親がタブレットを欲しがって、 ZenPad 7.0(Z370C) を購入して 実際に触ったのですが、これがなかなかにいいサイズでした。

 Atom だった SoC が Snapdragon 210 になっているので、 すでに発売されている ZenPad 7.0(Z370C) とは 中身は全くの別物で、しかも ZenPad 8.0 の Snapdragon 410 よりさらにエントリー向けの SoC が搭載されているところが、 ちょっと気になります。  ZenFone 2 Lazer の 6 インチ版が Snapdragon S616 と ASUS の ファブレット/タブレットは性能対価格比がなかなか難しいですが… あぁ、この時期にタブレットの買い換えをたっぷり悩みたかったよ… orz Ellinikonblue.com Weblog
「 6 インチ版 ZenFone 2 Leser 登場!…今頃… orz 」
「 ASUS ZenPad 8.0 を使い始めました」
Posted on Dec 25, 2015 at 21:07

HP Pavilion x2 10 が使えるようになってきた

 Windows 10 がプレインストールされた HPPavilion x2 10 を使い始め、 スリープから起きずにリセットがかかる現象に悩み続けていたのですが、 HP 様のサポートより、 「一度、ファクトリーリセット(工場出荷状態に戻す)をしてみて下さい」と言われ、 それでもだめなら、メーカーメンテナンスしてくれるという お約束をいただいたのですが、やっと手に入れた道具をいきなり手放すのもなぁ…と思っていたこともあり、 次に同じ現象が起きたら、ファクトリーリセットをかけてやると覚悟した途端、 この現象が起きなくなりました orz

 一体何だったんだという気もするのですが、今のところ機嫌良く使えています。
Image:Computer/20151215HPPavilionx2-10.jpg
 このドタバタもあってまだまだ本格的に使い込んだといえるレベルではないのですが、 ハードウェアとしては Pavilion x2 10 を 非常に気に入り始めています。

 なにせ安価でコンパクトな割には、キーボードがしっかりしていて、 ハードパンチャーな私のタイプにも耐えてくれます (某台湾メーカーの 2-in-1 も店頭で試しましたが、ばたついてだめでした orz )。

 非力な Intel Atom 搭載機ですが、 当初、これさえ動いてくれればと思っていた AtomFirefox については、 十分な速度で動いてくれますし、 これまで仮想マシンでしか Windows 10 を動かしていなかったので、 あまり試していなかった Windows アプリも徐々にインストールして、 タブレットフォームでも積極的に使うようになりました。

 前面にスピーカーが搭載されていることもあって音もよく、 内蔵ストレージが続く限り、どこまでできるか試してみようという気にもなっています。
 できれば、ちょっと前に nasne を 購入しているので、Pavilion x2 10 でも PC TV with nasne が問題なく動くようであれば、 これ用にもライセンスを買ってもいいなぁとも思っています。

 願わくばこのまま落ち着いてくれれば…もう少し様子を見てみます (^^;A Ellinikonblue.com Weblog
「 HP Pavilion x2 10 を購入しました!」
「 HP Pavilion x2 10 をセットアップしました!」
「 HP Pavilion x2 10 が言うことを聞いてくれません」
「 まずは nasne を買いました」
Posted on Dec 24, 2015 at 23:01

すっかり問題がすり替わっている携帯料金問題

「 スマホ『月額 5,000 円以下』 総務相 携帯 3 社割安プラン要請へ」ITmedia より)
Image:Network/20150910iPhone6s.jpg
 例えば ドコモ の場合、 1,700 円(税別)で 5 分以内の通話なら定額となる通話プラン「カケホーダイライト」が用意されていますが、 これがなぜかデータシェアパック 10 もデータ S パックとも組み合わせることができません。
 これにはおそらく論理的な理由はないはずです。要は月額 6,000 円以下の料金プランを用意する気はない。 それが今の基本姿勢です。

 悪い想定をすると、おそらくは安かろう使いもんにならないだろうプランが出てきて終わりかな。 つまりは大多数の人にはプランとして使えるパケット量が小さすぎ、ぎりぎり 5,000 円を 下回るプラン、例えばデータ S パックと組み合わせられるようにします。 と言うところが関の山、そんな気がします。

 ましてや MVNO への卸元としてダントツトップを走る ドコモ が 積極的に ARP の低いユーザー向けの料金プランを用意して手間を増やして、 小銭を稼ごうなどと思うはずがありません。 ましてや今いるユーザーの ARP が根こそぎ下がるようなプランを用意するとは思えません。

 ドコモ を例に挙げましたが、 だぶん、ドコモ が変らなければ、 たぶん他社も変えては来ないでしょう。
「緩やかな寡占」とは言い得て妙で、これを解消することを目指すのかと思いきや、 すでに問題がすり替わっているように思います。

 まぁ個人的にはただ単に着信専用のような通話プランを用意してくれればそれでよく、 通話定額の甘言の元、基本料金を引き上げて、それをさも当然のように右へならえとしているところが 最大の問題だと思うんですが…
Posted on Dec 23, 2015 at 21:41

NAS4Free v10.2.0.2.2235 リリース

Image:UNIX/20150830NAS4Free.jpg
 NAS4Free v10.2.0.2.2235 が米国時間 12 月 14 日にリリースされています。
 実はこの二日前 12 日に rev 2223 もリリースされていて、 これらのリビジョンからベースとなる FreeBSD が v10.2 RELEASE p8 になっています。

 v10.2 RELEASE p7 ベースの rev2067 まではアップデートしましたが、 そこからは様子見の状態。

 今回のリリースでは、様々な FIX やコンポーネントのアップデートの他、 GUI メニューの変更も行われているっぽいので、 年の瀬の大掃除のつもりで、年内最後のアップデートをしておこうかと思っています ^^

Ellinikonblue.com Weblog 「 NAS4Free v10.2.0.2.2118 リリース」
Posted on Dec 22, 2015 at 11:23

HP Pavilion x2 10 が言うことを聞いてくれません

 Windows 10 がプレインストールされた HPPavilion x2 10 を使い始めたわけですが、 なかなか言うことを聞いてくれません。

 この子、非常に寝起きが悪い! (_ _;>
 ご主人さまも決して寝起きがいいわけではない (^^;A のですが、 Pavilion x2 10 の場合、 電源が落ちたまんまになるのはもちろん、Windows は飛ぶは、UEFI(BIOS) の時間は狂うは、 画面を閉じたらおとなしくねるというノート PC の常識は通用しません。
Image:Computer/20151215HPPavilionx2-10.jpg
 UEFI のレベルでエラーを吐いているっぽいので、 Pavilion x2 10 起動時に F2 キーを押して起動する ユーティリティーから、ハードウェアのチェックを行ってみましたが、異常がないようです。

 OS レベルでも、20GB を切っていた残り容量を少しでも空けようと、徹底的にお掃除して、 C ドライブの空き容量を 30GB 以上確保しました。

 BIOS もアップデートしました。HP さまの サポートにも相談し、一度、すべてのスタートアッププログラムを止めたり、 BIOS の初期設定をロードして設定を保存し直したりして、頻度こそ低くなりましたが、 まだ逝ってしまうことがあります。

 またたった一回ですが、 Windows をシャットダウンしたときに、 エラーを吐いて、次に起動したときにやっぱり時計が狂っていたということがあったので、 どうもスリープに入ろうとしたときに同様のエラーが発生しているのではないかとも 疑っています。
# 確証はありません orz

 こうなってくると、最初にセットアップして Windows アップグレードをかけたときに、 失敗したことが気になって、HP の ヘルプにも指示をいただきましたが、一度、工場出荷状態に戻してみるのも 一手かと思い始めています。

 闇中摸索、まさにそんな状態。。。 Pavilion x2 10 を完全に手なずけるには、 もう少々時間が必要なようです orz Ellinikonblue.com Weblog
「 HP Pavilion x2 10 を購入しました!」
「 HP Pavilion x2 10 をセットアップしました!」