Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Jul 31, 2008 at 00:53

Cuil って?

「 Google 出身者らが“世界最大”のサーチエンジン『 Cuil 』公開」INTERNET Watch より)

 ネタフル さんちでも 話題 になっていたので ちょっと気になったのですが、 「 1200 億ページをインデックス」 (by Cuil) と 「 1 兆ページの URL を把握している」 (by Google) と 果たしてどっちがすごいんでしょう?と素人では答えの出ない疑問が湧いたりして…

 まじめな話、 この Cuil の画面を見て、 Google が出現したとき、 「この味も素っ気もないページのサイト」が、まさか世界を制するとは思いもしなかったことを 思い出しました。
 どうでしょうか?>Cuil … このクールなページが今後どのよう感じるようになるかはこれからのお楽しみですかね。

「 Google が把握する URL 数が 1 兆の大台を突破」INTERNET Watch より)
ネタフル 「 Google も脅威に感じているらしい検索エンジン『 Cuil 』リリース」

Posted on Jul 30, 2008 at 00:04

大変役に立つ Firefox 拡張機能開発チュートリアル

「 60 ページにわたる『 Firefox 拡張機能開発チュートリアル』 PDF 版が無償公開」窓の杜 より)

 Brunch作ったとき に 大変お世話になったドキュメント Software Design 2007 年 4 月号「 Firefox 拡張機能開発チュートリアル」の再編集版だそうですが、 すでに Software Design 2007 年 4 月号が手に入りづらい状態になっているので、 少しでも Firefox の 拡張機能開発に興味のある方はダウンロード必須!

 私もすでにダウンロードさせていただきました。 読んでおいて損はないドキュメントです。いやぜひ (^^)

outsider reflex 「 Firefox拡張機能開発チュートリアル」
Posted on Jul 29, 2008 at 23:08

Bookstack v0.5.2

「 “あとで読む”ページをサイドバーで管理できる Firefox 拡張機能『 Bookstack 』」窓の杜 より)

 「あとで読む」 というブックマークサービスがありますが、 これとは無関係で、サイドバーに一時的にブックマークを保存して、 同様の機能を実現する Firefox の 拡張機能がこの Bookstack
 難しいことは何もありません。使ってみればわかります。便利。

 個人的な意見ですが、昨今は何でもかんでもウェブアプリ、ウェブサービスで実現しようなんて傾向があるので、 ローカルインプリメントのどこがいかんぞと思う次第。
 ただこの Bookstack 、 単にブックマークを管理するだけで、ページそのもののデータを保存するわけではないので、 ページが消えてしまうとそこまでよ…ということには、お気をつけて。
# 何事も賞味期限があることは覚えておく方がいいかと思います(自戒)

 それともうひとつ、 うちの Brunch と アルゴリズムが似ているので、これを読み下せば、 ほったらかしになっている Brunch も 何とかできそうと皮算用してみたり。
 今年の夏は暑いですから…できるかどうかわからないことを妄想妄想 (-_-;
Posted on Jul 27, 2008 at 21:27

iPhone 2.0 Software Update for iPod touch その後

 無事生還しました (^^;>
 うちの iPod touch ( 16GB 版)、 応急処置した iTunes v7.7 で なんとか iPhone 2.0 Software Update for iPod touch にアップデートできました。
Apple iPod touch 32GB MB376J/A
( Apple Computer )
 いくつか無料のアプリケーションを iPod touch からダウンロードしてみましたが、 これはいいですね。
 音楽を聴きながら、暇つぶしにゲームもできて… 通勤時間中は手放せそうにないです (^-^)

 で、アップデートしてみてやっぱりなんですが、 以前、メールや地図の追加アプリケーションのために 2,480 円も必要だった 前回の アップデート の内容は今回、 iPhone 2.0 Software Update for iPod touch の内容に含まれていました。
 何だったんでしょうね。 前回の アップデート は?
Posted on Jul 23, 2008 at 01:02

iPhone 2.0 Software Update for iPod touch

 ただいまマイ iPod touch ( 16GB 版)を どきどきのバージョンアップ中です (^^;>
 なんせ アップル から まだ Vista 環境で発現する AppleMobileDeviceHelper 連続墜落現象 に対して公式アップデートされた iTunes が存在しない現状で 応急処置して の バージョンアップです。
 もうかれこれバージョンアップを始めて 30 分以上経過…心臓ばくばくです (^-^;;;;;>
Apple iPod touch 32GB MB376J/A
( Apple Computer )
 うれしい誤算は、クレジットカードの登録が必要かと思いましたが、 iTunes カード でチャージした残高でバージョンアップが可能だったこと。 たとえ残高があろうとも、 クレジットカードの登録が必要みたいな記事をどこかで読んだ気がしたのですが… 記憶違いだったでしょうか?

 まぁさて、それはさておきこれでうちの iPod touch もアプリを購入して楽しめるのか… う~ん楽しみ (^^)
# 最初の怒り は どこへやら。。。まずは 数独 だな f^O^;

:(…バージョンアップの進行を確認…)

「 iPod の音楽とビデオを復元中…」
だそうです。。。頼む。生きて帰ってきておくれ。。。 (T-T)
Posted on Jul 23, 2008 at 00:29

Lifehacker 日本版

「 好調ギズモードに続き、 Lifehacker も日本上陸」CNET Japan より)

 Gizmodo JapanEngadget Japanese など 海外からのいわゆる「ブログメディア」をいくつか購読してますが、 昔と違って「本家の直訳」的なサイトがめっきり減って、 ポリシーを受け継いだまま日本のメディアとして ある程度根付いてきているように思います。
 逆に生来の日本のメディアは「おもしろければ何でもあり」 「基本スポンサー様々、八方美人の記事ばかり」と画一的で、 少々食傷気味。

 そんな中、 Lifehacker も 日本上陸だそうですが、 そのターゲットというのが、
 想定する読者像は 33 歳、男性(独身で 30 代後半には結婚したいと思っている)。 東急東横線または田園都市線沿線に住み、仕事は外資系投資銀行の営業という、 おしゃれな知的生産者。年収は 700 万円以上だという。
 まったくいずれにも該当しない… f^^;
 そう言う人間が、どうこういうのも何ですが、 少しターゲットが狭すぎませんか?
 それでも購読は無料なんで、どういうものかちょっと拝見させてはいただきます。
Posted on Jul 22, 2008 at 22:11

Microsoft Equipt

「 MS 、年 69.99 ドルで Office と OneCare を利用できる『 Equipt 』を発表」INTERNET Watch より)

 先般も ジャストシステム から ATOK定額サービス が発表されましたが、 Microsoft からも 月額定額で、Word/ Excel/ PowerPoint などが使用でき、 統合セキュリティソフト OneCare までついてきて 年額 69.99 ドルというサービス 「 Equipt 」が発表されました。まぁひとまず米国でですが…

 OpenOffice などの代替が充実してきたとは言え、 まだまだビジネスシーンでは Microsoft Office が標準の座を譲りませんし、 やはりなしでは支障が出てきます。 とは言え、今現在も決して安価なソフトでないことは確かです。
 一方で、危険性を煽るだけ煽って、毎年々々年賀状作成ソフトのようにバージョンアップしてくれる セキュリティ対策ソフトも 5,000 円弱しますから、 年額 69.99 米ドル…日本でサービスするなら年額 8,000 円くらいなら コストパフォーマンスも良さそうです。
 上記の記事では記載されていない Outlook があるのかないのかが気になりますが、 いいかもしれない… と思っているんですが、さて日本でも展開されますかね?このサービス。
Microsoft Office 2007 Standard
( マイクロソフト )
¥ 31,980
Posted on Jul 18, 2008 at 23:41

激安 D60 購入!

 買いましたぜ。とうとう。
 本日、ニコン D60 購入しました (^^)/
Image:20080718GetD60.jpg
 ぐたぐた、ぐたぐた悩んだあげく、 ニコン に鞍替え。 なんだかんだいって結局、ニコン が 使いたかったんだと思います。 機能としては最低限で、決して満足できる製品ではないですが、 なにぶん一眼レフを使うのは丸四年ぶりくらいになるので、 さび付いた腕を磨くところから、これから長いつきあいになると思いますし、 この「やればできる、 手間のかかる子」 と一緒にがんばってみようと思います。  ボディは小さくていい感じです。 そんなに動体を撮ることはないですが、軽いと言うことは何より扱いやすいです。 操作も簡単、オートで結構いい絵が撮れます。 当面、このオートを超える絵を撮るところがまずは努力目標でしょうか?
 ダブルズームキット にしましたので、 AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRAF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF) があり、 まだ前者で何度か試し撮ったくらいなんで、 詳細の使い心地はまた後日と言うことで…。

 自宅近くの カメラのキタムラ で 購入したのですが、店頭価格 79,800 円、 モーターのオイルが吹いてぶっ壊れてがらくた同然となって押し入れの中で眠っていた 銀塩一眼を引き取ってもらって五千円引き。 さらに懇切丁寧に キャンペーン キャッシュバック の応募方法を教えてくださって、 これで一万円返ってきますから、実質 64,800 円。
 さすがにポイントバックなどはなかったのですが十分です。 AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRAF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF) を 定価で買うより安い。 まさにボディはおまけ!(^^;> 激安です!! (^^;;;;;>

 まとめて CLASS 6 SDHC 4GB メモリカード液晶保護シートレンズプロテクタ偏光フィルター までお買い上げ。あ~すっきり… じゃなかった f^^;;;;;
 本懐を遂げたよい買い物でした (^O^;>

「 ニコン、『 D60 』購入で最大 1 万円のキャッシュバック」デジカメ Watch より)
Posted on Jul 18, 2008 at 15:48

iTunes v7.7: AppleMobileDeviceHelper 連続落下対策

山田祥平の Re:config.sys 「 Apple には Windows Vista PC がないというまことしやかな噂」PC Watch より)

 そりゃあまぁ、昔っから言いますけどね。
 ある程度以上、(日本では)パブリックなメディアで言われるまでになって、 どう思っているんでしょうね> Apple
 最近は飛ぶ鳥を落とす勢いとは言いませんがメジャーになって、 そうだからこそこれからはよりいっそう風当たりも強くなっていくでしょう。 そろそろ本気で考えた方がいいと思います。

 さて、iPhone 3G 登場とともにアップデートされた iTunes v7.7 ですが、 Vista 環境で AppleMobileDeviceHelper が 何の助けもせず落ち、 しかも しつこく連続落下を 繰り返す現象 ですが、 上記記事中に暫定解決策の決定版が載ってました。
Windows Vista PC において、AppleMobileDeviceHelper.exe がエラーを出し続けるという不具合で、 ぼくの場合は、C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\bin\AppleMobileDeviceHelper.exe の プロパティを開き、互換性タブで特権レベルを設定、 「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをつけることで暫定的にエラーを回避している。
おお、神 (^^)

 うちでも一応解決しました。
 まぁあくまで暫定対策ですから、早いとこ Apple から対策済みバージョンを リリースしてほしいものですが、これでお預け食らっていた CD の転送、 iPhone 2.0 Software Update for iPod touch にも手を出せそうです。
Apple iPod touch 32GB MB376J/A
( Apple Computer )
Posted on Jul 17, 2008 at 01:22

VAIO type Z(VGN-Z70B) 1.45kg...

「 インテル、新モバイルプラットフォーム『 Centrino2 』を発表」 ~ BD 再生支援機能やビジネス向け管理機能を訴求
「 ソニー、 '96 年以来の『 VAIO 』ブランドを再定義」
「 ソニー、再起動なしで GPU/IGP 切替ができる 13.1 型モバイル『 VAIO type Z 』」 ~ 1,600×900 ドット液晶、 SSD RAID も対応
(以上、 PC Watch より)

 ここのところ、 PC の話題となるとネットブックの話題ばかりでしたが、 いよいよ Intel 最新モバイルプラットフォーム Montevina こと 「 Centrino2 」が発表され、それと同時に各社から 新製品の発表が始まりました。
 その中でも、パナソニックLet'snote でファンレスを捨てたために、 個人的に俄然興味が出てきた ソニー VAIO の 新製品が発表されました。 一番の注目は type Z ですね、 やっぱり。

 性能はやはり昨今のネットブックとはさすがに比較になりません。
 Centrino2 で搭載される CPU は、 SantaRosa Refresh で採用された Penryn の改良版で、 純粋なパワーアップ以外にも省電力機能の強化など注目点はありますが、 それよりも注目はチップセット、それもグラフィック機能を内蔵する GM45 Express チップセットです。 Vista にはまだ非力といわれた 965GM Express と比較して、 性能差二倍と喧伝する期待の新チップセット。 しかも、外付けのグラフィックスチップとの切り替えもサポートします。
 これらの威力を最大限に活かし、さらに外付けグラフィックチップとして NVIDIA GeForce 9800M GS を搭載しながら最軽量の製品が type Z です。

 Blu-ray 再生になど興味はないですから、 基本は店頭売りされるモデル VGN-Z70B くらいが ターゲットになりますが、これが 1.45kg … ちょっと重いか…この重量だと、 Let'snote Y シリーズとの天秤になってしまいます。

 ノート PC の更改を念頭に置いているとはいえ、まぁ選択肢を削っていく段階ではまだないんで、 Centrino2 の CPU 、チップセットの省電力版や省パッケージ版の登場を待って、 type T/G の後継製品も見てみたいかな?
 まぁ焦らずゆっくり… Montevina ではリフレッシュがかからないとはいえ、 Nehalem 世代の Calpella プラットフォームが登場するのはまだずっと先の話… 次はどこのどんな製品が出てくるのか非常に楽しみです (^^)
Posted on Jul 14, 2008 at 00:41

Eee PC 901 いよいよ国内で登場

「 ASUS 、Atom/8.9 型液晶を搭載した『 Eee PC 901-X 』を国内発売」
Hothot レビュー 「 ASUSTeK Computer 『 Eee PC 901-X 』~ Atom N270 搭載の新モデル」
「 ASUS 、国内向け『 Eee PC 901 』の発表会を開催」
(以上、 PC Watch より)

 予想を上回る人気を見せるネットブック。 その火付け役ともなった Eee PC 、その真の第二世代 (と言うか日本では純粋に第二世代でいいですね f^^; ) Eee PC 901-X の国内販売が始まりました。  CPU が Atom N270 となり 1GB のメインメモリ、 SSD の容量も 4GB から 12GB と大幅増量ながら、 パフォーマンス的にはあまり大きく期待しない方がいいようですが、 Atom 効果かバッテリ駆動時間が大きく改善されていることが、 個人的には大きな注目点です。
 残念ながら液晶ディスプレイの大型化なども手伝って、 重量が 1kg を超えてしまっていることが残念なことでしょうか。 この重量だと価格の問題をさておくと、 日本製の 2 スピンドル機との競合になってしまいます。
 贅沢を言えば、Ubuntu など インストールしたときもすぽんと入るくせのないハードにして欲しかったところ。

 さて昨今、残念ながら日本製はまだ発表されていませんが、 Eee PC をはじめとして、 MSI の Wind Notebook U100 や HP2133 Mini-Note PC とネットブックは花盛り。 まだアナウンスされていませんが、DellInspiron mini も非常に注目度は高いようです。
 ですが、ここまで出そろってくると、 個人的には SSD より大容量な HDD を搭載する製品の方がいいなぁと思うくらいで、 スペック的には似たり寄ったりということも必然的に浮き彫りになってきました。
 ここ一年くらいをスパンとしてノート PC を新調したいと思っていて、 同じ 1kg 前後なら 2 スピンドル機がやっぱりいいなぁとも思っているので
「やっぱり本気でモバイルするなら日本製だよね」
といわせてくれるくらいの Centrino 2 プラットフォームの新製品、 これから年末に向けて待ってます (^^)

 やっぱり割り切ってネットブックか?とならないようがんばってください。 強敵ですよ>日本のメーカー 様
Posted on Jul 12, 2008 at 23:09

iTunes v7.7: AppleMobileDeviceHelper が落ちまくる件について

「 アップル、 11 日発売開始の“ iPhone 3G ”に対応した『 iTunes 』 v7.7 を公開」
「 『 iTunes 』 v7.7 に一部環境でエラーダイアログが表示され続ける問題」
(以上、 窓の杜 より)

 iPhone 3G はやはり日本でも旋風を起こしているようですが、 買わないとわかっている人間にとっては、 ちょっと強めのそよ風と行ったところ。 それより iPod touch の ファームウェアバージョンアップを、 不平不満言った 割には、 すでに 上げる気満々 だったので、ちょっと張り切ってバージョンアップしたら これだもの 。。。

 一応用心深いつもりでいるので、普段 iPod touch の母艦になっている PC とは別の PC でやりましたよ。 お察しの通り、試しに使った PC が XP で、 本来使っている PC は Vista (32bit) orz
同社の正式なサポート情報が公開されるまでは「 iTunes 」の利用を控えるといった対処をお勧めする。
 先週結構 CD のアルバム買ってまとめてリッピングして、今週転送しようと思っていたのに。。。 そんなごむたいな o...rz
# 情報集めるために検索したら、某掲示板で「いつものことだ。気にすんな」って 書いてあるのをみてさらに落ち込んだ orz
Apple iPod touch 32GB MB376J/A
( Apple Computer )
Posted on Jul 11, 2008 at 23:58

D60 を選ぶ理由

 銀塩時代は キヤノン ユーザであり、 また EOS Kiss X2 の方が プロダクトとして優秀であると言うことを認めながら、 昔から 「ニコン」 と言うブランドに対する憧れ以外に、 D60 を選ぶ理由があります。  まずは費用的な問題です。
 同じ ニコン でプロダクトラインナップを見てみると、 D80 はダストリダクション機能を装備しない完全な前世代機ですし、 ニコン マウントのレンズを所持していないので、 ボディだけで 20 万前後する D300 は、 サラリーマン SE には手が出せません。
 逆にキヤノンは完璧に EOS Kiss X2 以上という APS-C サイズ機がラインナップ上存在しません。
 また ニコンキヤノン ともフルサイズセンサー機は 費用面だけで論外です。  次に将来的なステップアップを考えて 両社のラインナップを眺めてみると、 キヤノン はどうも「中級機以上はフルサイズ」と言うラインナップになりそうで、 フルサイズセンサー機である EOS 5D の後継機以外の噂は 耳に入ってきません。 EOS 40DEOS Kiss X2 にシェアを食われても、 昨秋発売したばかりの機種を早々と入れ替えるとも思えません (そこが EOS Kiss X2 が鬼子たるゆえんだと思うのですが…)。

 逆に ニコン は、 今年中に D80 の後継機 (D90?) が登場すると言われ、 最上位機種としてすでにダストリダクション機能を搭載し、 ライブビューもできる D300 がすでに存在しています。
 今はぐっとこらえて D60 で我慢、でも いつかは D300 という 絵が描けることも魅力の一つです。

 そしてこれが D60 を選択する最大の理由になるのですが、 初めてデジタル一眼を所有する人間にとって、 機械任せでそこそこ撮れるものより、 あれこれ手を焼いてこそいい絵が撮れる機械の方が魅力を感じます。
 EOS Kiss X2 と比較すると見劣りする D60 ではありますが、 比較した相手は歴史的名機と呼ばれるのではないかと思うほどのプロダクトで、 絶対評価で基本性能だけ見れば、1000 万画素オーバーの ニコン 伝統の CCD を装備し、 標準レンズで手ぶれ補正もしてくれます。 ニコン マウントのレンズが、 少なくともマニュアルフォーカスではほぼすべて使えますし、 なんと言っても ニコン 機では 高級機である D300/ D700 のみしか装備していない ダストリダクション機能を装備しており、記録メディアも SD カードと、 個人的に求める最低要求性能はクリアしています。
 ならば、あとは「腕」の問題でしょう!と不敵にも思ってみたりもします。 言い方が不適切かもしれませんが 「手間のかかる子ほどかわいい」と言うのと同じかもしれません。 裏を返すと手間をかけると言うことに対してモチベーションを上げるには、 やっぱり自分の中にある ニコン ブランドに対する憧れを満たして やることがいいのかなと言うところに帰結するのです。
# それになんと言っても ニコン 製ということで 育ちはいいはずですから、 手間がかかる子でも「やればできる子」のはずです (^-^;>

 と言うことで、自分にいいわけがついたところで、 近々 D60 を買いに行ってきます。 今なら キャッシュバックも あって 、さらにお安く手に入りますし o(^-^)o

「 ニコン、『 D60 』購入で最大 1 万円のキャッシュバック」デジカメ Watch より)
Posted on Jul 09, 2008 at 00:22

EOS Kiss X2 は鬼子か?

 さて ニコン から D700キヤノン から EOS Kiss F の発表を受け、 いよいよ今夏、個人で購入するデジタル一眼カメラの候補は、 ニコン D60キヤノン EOS Kiss X2 の 二製品に絞られました。
# 当然、個人持ち初のデジタル一眼となるため、 購入するのは当然ダブルズームキットとなります。

 さて上記の二製品を感情抜きに機械として比較した場合、 どう考えてもキヤノンEOS Kiss X2 の方が上です。
 この EOS Kiss X2 は単純に画素数、測距点数だけでなく、 二世代目となるダストリダクション機能、ライブビュー機能と 現在、考え得る性能、機能を目一杯に詰め込んだ製品です。 機能的には昨秋、鳴り物入りでデビューした 同社中級機 40D と 利用シーンによっては同等クラスの性能を持ち、 売れ線だった同機をたった半年足らずで過去の製品にし、 またその低価格故、昨今発売された廉価版であるはずの EOS Kiss F と明確な価格差がつけられなくなっています。
 市場で他社の製品を寄せ付けない売り上げを誇っているだけではなく、 自社の別カテゴリの製品のシェアすら食ってしまう、 まさに「鬼子」と言っていい製品ではないでしょうか?  おそらく比較の対象がこの EOS Kiss X2 でなければ、 これほど悩まず D60 を選択したでしょう。 それほどまでに魅力的で、またおそらく数年経って 「歴史的名機」と呼ばれる可能性もあるとすら思っています。

 それでも D60 を買おうかと思っている自分がいるんですが… 「ニコン」と言うブランドに対して、 何の感慨もない人から見れば、愚か者の選択と言われるでしょう。
 それでもこの選択をするに至ったそれなりの理由はあるのです。 まぁそれなりなんですが…
Posted on Jul 06, 2008 at 22:40

頸椎症いたい

「頸椎症」という病気に限ったことではないのですが、 得てして自分で異常に気づいて医者に診てもらって治療を始めた少々あとくらいに峠がくるもので、 私の場合も例外ではありませんでした。
 私の場合、さらに運の悪いことに3月まで関わっていたプロジェクトのバグ対応、 追加開発が襲いかかり、これにプラスして全く別件の開発準備、おまけに転勤の話が加わり、 また軽いお祭り状態に突入しました。

 最初は肩の痛みだけだったのですが、この痛みが広がって、 程度もひどくなり、徐々にひどい肩こりの症状も現れ始め、 ひどいときは右肘近辺の筋肉が痙攣を起こすこともありました。
 また寝るときも仰向け、うつ伏せでは右腕がいたくて眠れず、 身体を横にして右腕が身体の上にくる状態で、 少し身体を丸めた姿勢を維持しないと(今も)寝付けません。 最近こそなくなりましたが、それでも寝ているときに寝返りをうつと、 右腕に痛みが走って目が覚めてしまいます。
 これでは体力が持たないので、痛み止めをもらって就寝前に飲んで睡眠時間を稼いでいましたが、 この痛み止め、5時間程度しか効かず、だいたい明け方近くに効果切れとともに 激痛で目が覚めるという日々が続きました。

 これに対する治療及びリハビリは、日々二度の内服薬とどうしても我慢できないときの痛み止め、 そして週一度、首の牽引(絵面はかる~い首吊りです)と 整体マッサージと即座に効果が出るものではありません。
 とにかく日中も腕を地面の方に向けて下ろしているだけでつらく、 また肩に PC の入った鞄をかけるなど以ての外、普通にちょっと歩くだけで肩にこりが蓄積し、 椅子に座っているのもつらくなったりもしました。
 それでも会社に行けば、椅子に座って PC での作業は避けられず、 そんな中、先述した軽いお祭りが始まり、ただでさえ頸椎症の症状で体力の消耗が激しい上に、 連日の睡眠不足で、とうとう6月の終わりにダウン。 整形外科にすがりつくことになりました。

 (とにかくただ歩くだけで辛いわけですから)それこそ息も絶え絶えになって、 整形外科にたどり着き、静脈注射で痛みを和らげてもらい、それから激痛に耐えながらリハビリ、 もう本当に意識朦朧となりながら帰宅してからは、 コンテッサ に三角座りして身体を丸めてじっとして(この姿勢が今も一番楽)、 一度、その体勢になると部屋の電気をつけにいくのも億劫になって、 日が暮れても音楽を聴いて気を紛らわすことしかできない状態で食事もできませんでした。
 こんなこと長く続けると性格が(さらに)暗くなってしまいます。

 幸いなことに何とかこうにか半日で症状が和らぎ、そこからは転勤を理由に業務に引導を渡し、 ほぼ毎日定時退社、週一度整形外科で静脈注射と首の牽引、 並行して通ってもかまわないと言われたので鍼灸院に通って鍼をうってもらい、 週末はジムで念入りにストレッチしてから、もしくはスーパー銭湯へ行って長風呂と、 治療とリハビリに専念し、最近、やっと普通に缶コーヒーが飲み干せるまでに回復しました (何せひどいときは、ただ上向くことすらできませんでしたから… (_ _;> )。

 洒落や冗談でこんな病気を患うなど、もう二度とごめんです。絶対この夏中に完治させる!
 みなさん、ただの肩こりだと思っていると危険です。 私のようになりたくなかったら、肩こりがとれないなと思った時点で 一度しっかりした整形外科で診てもらうことをおすすめします。
Posted on Jul 05, 2008 at 22:46

頸椎症こわい

 昨年 12 月から社内の一大プロジェクトに巻き込まれ、 一雑兵はその荒波に翻弄され続け、それでも何とかぼろぼろになりながら、 流れ着く先が見え始めた 3 月、PC で黙々と残作業をしていたあるとき、 マウスを握ったときのことです。
「右肩が痛い」

 肩こりでもなく、上腕二頭筋のあたりがつったような痛みが取れなくなり、 しかもその程度がだんだんひどくなってきたので、 とうとう鍼灸院に通い始めたのがゴールデンウィーク中。
 それから週一で一ヶ月通ったのですが改善せず、 最後には「整形外科で見てもらった方がいい」と匙を投げられました。

「匙を投げる」というと言い方が悪いですが、これはやむをえない話で、 鍼灸や整体は保険が利くとは言え、レントゲンの撮影や薬の投与などの処置はできないためです。
 仕方なく、最寄りのはやっている整形外科に行って レントゲンを撮ってもらって診てもらってみると「椎間板がね。薄くなってる」のだそうです orz
 ひらた~く言うと「首版の椎間板ヘルニア」で、 一般的には「頸椎症」という病気です。 腰のヘルニアと違って、脳から各部への神経が集中している首の異常によって引き起こされるため、 症状の出方は様々で、私のように患部にはほとんど痛みはないのに上腕部に痛みがでる以外にも、 ひどくなると指先や腕全体にしびれが残ったり、 頭痛や吐き気を引き起こしたりするかなり怖い病気です。

 ここ最近、このブログ に限らず、 管理しているすべてのコンテンツで更新頻度が下がっているのは、これが原因です。
 幸い症状は軽い(らしい)ので、外科手術を施さなくても、 リハビリで改善すると言われて、通い始めたのですが、 実は通い始めた頃(5月下旬)の症状はまだ序の口でこれから本当の地獄をみようとは、 このときは想像もしていませんでした。。。
Posted on Jul 03, 2008 at 00:35

ニコンの新製品は FX フォーマット D700

「 ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ『 D700 』」デジカメ Watch より)

 ニコン のエントリー機 D60異常なまでの値下がり を きっかけに情報収集を始め、 キヤノン 及び ニコン から 6 月中旬から終わりにかけて、 新製品の発表があると言うところまでキャッチして万感の期待を込めて待っていました。

 しかし、発表された新製品はというと、 キヤノンEOS Kiss F と言う 謎の低価格機 、 そして ニコン からは FX フォーマットの D3 の廉価版 D700 でした。  廉価版とは言え、小型化が進み、D3 にはない イメージセンサークリーニングが搭載され、個人的には D3 より 魅力的に映ります。
 しかし…ボディーだけで 300,000 円オーバーするカメラをしがないサラリーマンは買えん orz  個人的に ニコン の発表に期待していたのは、 DX フォーマットの中級機、D80 の後継機でした。
 確かに D700 は魅力的な機種ですが、 これは賛否両論あるでしょうが、将来的に DX フォーマット、所謂 APS-C サイズかそれ以下の イメージセンサーを搭載しているデジタル一眼が主流になっていくと思っており、 FX フォーマットのような 35mm フルサイズセンサーを搭載するカメラは、 プロかもしくはそれをめざす人たち、もしくは一部の富裕層向けの商品となると思っています。
 一眼レフという完成されたメカニズムに対して、 マッチするのはフルサイズセンサのみと言う意見もあるようですが、 それは銀塩時代のメカニズムにマッチしているだけであって、 これからも進化を続けるテクノロジによって、 APS-C サイズ以下のセンサでも最適なメカニズムへと進化をつづけるに違いありません。
 逆にフルサイズセンサでは、半導体技術の進化によってコストを下げながら高性能化していくには限界があり、 またこのレベルの製品を求める層にとって中途半端な性能では満足してもらえず、 ボリュームゾーンの価格帯までコストを下げていくには障害が多すぎますし、 たとえその努力によって技術が蓄えられても、それは小型センサー機にも当然反映され、 結局、小型センサー機の方が安く、そこそこ高性能を担保していけるため、 ボリュームゾーンではやはり小型センサー機の天下は揺るがないのではないでしょうか。

 ま、それはさておき。
 これで今夏、デジタル一眼を買うとしたら、 ニコン D60キヤノン なら鬼子 EOS Kiss X2 の 二択となってしまいました。
 夏にバカンスで北海道旅行を計画しているためそれまでに絶対に欲しいので、 「次まで我慢する」と言う選択はできそうにありません。  ニコン への憧憬を捨て去って、 EOS Kiss X2 にするか、 ボディはおまけと割り切って D60 にするか… あぁ究極の選択 )T-T(  あなたならどうします?