Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Jul 31, 2015 at 21:40

対 Docker 惨敗記録

 先週の週末、Docker でお気軽に作ってしまったために 恒久的な維持が困難になったと判断した WordPress 試験環境ですが、 なんとか今あるデータを維持したまま、イメージを独立させて、 コンテナを起動できないかやってみました。

 結果は惨敗です orz

具体的に何をやったかというと…
commit して新しいイメージを作成、このイメージから新しいコンテナを起動
 予想はしていましたが、コンテナ内のデータがきれいさっぱり消失 o...rz
コンテナを export してから import したイメージで新しいコンテナを起動
 MySQL のコンテナは起動できたのですが、 なぜか WordPress のコンテナは 起動後すぐに終了。原因わからず。
 元のデータを維持できているかも不明。
 Docker には save/load と言うスキームもあるのですが、 ドキュメントを斜め読みする限り、export/import との違いがよくわからないので試していません。

 散々やって途方に暮れました。。。 o...rz

 あかん。
 やっぱり dockerfile からイメージを作る仕組みをちゃんと理解しないと、 どうにもならんと悟りました。
 Docker でお気軽に…なんて そんなうまい話はないと観念して、dockerfile の作り方から勉強してます。

 えぇ、深みにどっぷり。。。自覚してます (_ _;>

 でも、なぜ先週惨敗したか、おかげでちょっと理解した(気がする)ので、 今週末再度チャレンジする所存です o(`・д・´)ノ Ellinikonblue.com Weblog
「 Docker で WordPress を動かしただけの知識でした…反省 orz 」
「 Docker で WordPress 環境をさくっと作成」

Posted on Jul 30, 2015 at 22:46

Windows 10 は無事リリースされたようです

「 日本マイクロソフト、ファン 400 人を招いての Windows 10 イベント開催」
「 Windows 10 のインストールプログラムが提供開始」 ~アップグレードとクリーンインストールに対応
「 Windows 10 製品版もビルドは 10240 で最新プレビューと変わらず」
(以上、 PC Watch より)

 Microsoft より Windows 10 は 無事リリースされたようです。  なんのイベントに参加したわけでもないですし、 ニュースを見ている限りは、まだあまり盛り上がりを感じるレベルではないです。

 どっと発表されるかと思っていたメーカー製のプレインストール機の発表も、 今のところ目立ったものはありません。

 とりあえず 8 月 1 日に DSP(Delivery Service Partner) 版の解禁に合わせて、 深夜販売とかもやるみたいですし、これ以降、来週ですかね。

 個人的には Windows 10 は使えると判断しているので、 もうちょっと盛り上がり感が欲しい。。。早くプレインストール機、 特に 2in1 で魅力的な製品ががばんばん出てきて欲しいところです。

「 DSP 版 Windows 10 の予約が 25 日から開始、発売は 8 月 1 日」 ~ 31 日夜から複数のショップが深夜販売を実施 ( AKIBA PC Hotline! より)
Posted on Jul 29, 2015 at 23:53

サンワサプライ KB-MK13BK

やじうまミニレビュー 「 サンワサプライ『 KB-MK13BK 』」 ~ Mini/Micro USB と LAN の 1 台 3 役巻取ケーブル ( PC Watch より)

 これ超便利そう ^^  システムエンジニアなんてことを生業にしているので、 鞄にはもれなくケーブル類を、しかも巻き取り式でコンパクトな物で取りそろえている方なんですが、 昨今、中でもよく使うのは LAN ケーブルとマイクロ USB ケーブルだったりします。
 同じ種類のケーブルを複数本もっていたりします。

 この サンワサプライKB-MK13BK は一本でマイクロ USB と LAN が使えるなら、 これだけで個人旅行や軽い出張くらいならこなせそう (^^)b

 うん。機会見て複数本まとめ買いしときます (^O^)
Posted on Jul 28, 2015 at 22:15

ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G に Lollipop がやってきた!

「 ドコモ『 Xperia Z2/Z3/Z3 Compact 』が Android 5.0 に」ケータイ Watch より)

 本日、 ドコモ より Xperia Z2(SO-03F)/Z3(SO-01G)/Z3 Compact(SO-02G) を Andorid 5.0(Lollipop) へバージョンアップする 最新ソフトウェアの提供が開始されました!

 Android 5.0 へアップデートされるに違いないと決めつけて、 今年 5 月に Xperia Z3 Compact SO-02G (以下、 Z3 Compact )に機種変し、 その後、事前に Android 5.0 へのバージョンアップの予定機種として、 ドコモ よりアナウンスされていましたが、 正直、こんなに早く提供されるとは思ってませんでした。
 こりゃ先般、海外では配信が開始された 5.1 へのバージョンアップも期待できるかな? お願いしますよ > ドコモ 様 ^^
Image:Network/20150528XperiaZ3Compact.jpg
 今回の Andorid 5.0 にバージョンアップすること以外のアップデートの内容については 上記の記事をご参照下さい。

 今、うちの Z3 Compact のバージョンアップやってます。 明日から早速、使い込んで、アップデートの内容は自分の目で確認する所存です (^^)b

Ellinikonblue.com Weblog
「 ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G は Android 5.1 になれそうか?」
「 祝!ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G の Lollipop 行き決定!!」
Posted on Jul 26, 2015 at 23:27

まずは Windows 10 Pro 買ってみるか

「 DSP 版 Windows 10 は 8 月 1 日発売、発売記念前夜祭も秋葉原で開催」PC Watch より)

 米国時間で今月の 29 日よりいよいよアップグレード版の配信が始まる Windows 10 ですが、 今回、いよいよ DSP(Delivery Service Partner) 版も 8 月 1 日に発売されることが発表され、 すでに Amazon.co.jp でも予約の受付が始まっています。  さて、 Windows 10 Insider Preview に参加させていただいておりまして、 仮想環境上ではありますが、その使い勝手については十分把握したつもりです。
 その上でのまったく個人的な判断ですが、Windows 10Windows 7 の代替えとなるオペレーティングシステムであると 判断しています。

 しかし、いきなりメインのデスクトップを Windows 10 に 入れ替えるほど若くはないです (^^; し、 かといって、当面、 Insider Preview の環境はそのまま残しておきたい。

 さてどうしようかな…と考えるわけです。

 もう一個、仮想環境を作ってここに Windows 10 Pro を 買って、インストールからの環境設定まわりの経験値上げをするのかな…とぼんやり考えております。
# 普段の使い勝手の習熟だけなら Insider Preview の環境でもできますし…

 ま、 64bit の Pro 版が Amazon.co.jp で 約 26,000 円(税込 7/26 現在)なんて価格が表示されているうちは、 まだ焦らずゆっくり考えていた方がいいのかもしれません d(^^;
Windows 10完全制覇パーフェクト
橋本和則 著
( 翔泳社 )
Ellinikonblue.com Weblog 「 いよいよカウントダウン! Windows 10 米国時間 7 月 29 日公開決定!! 」
Posted on Jul 25, 2015 at 14:39

SSH で複数の秘密鍵を使い分けるいくつかの方法

 VPS(Virtual Private Server) などでインターネットを経由して、 SSH で接続する場合、ID とパスワードでの認証などはせず、 公開鍵認証をすることが常識のようです。

 ただ、ここまで VPS の利用がメジャーになってくると、 一人で(一つの端末で)複数のサーバーを管理することも珍しくなくなってきました。
 たぶん、私ごときがそんな立場に追い込まれるところ見るとそうなのでしょう orz

 Windows で Tera Term なんかを使っているときは、 接続ダイアログで秘密鍵をそれぞれに指定すればいいのですが、 Linux や Mac でコンソールから ssh で公開鍵認証をする場合、 通常、ホームディレクトリの .ssh ディレクトリに id_rsa と言うファイル(秘密鍵)で 認証します。

 では、公開鍵認証で接続したいサーバーが複数ある場合、 一つのファイルに秘密鍵をまとめておけないので、これを使い分ける方法がいくつかあります。

1. ssh コマンドのオプションで指定する
 例えば、host-A の認証時に使用する秘密鍵がホームディレクトリ以下の .ssh/id_ras_host-A と 言うファイルをして保存されている場合、以下のように -i オプションを指定して、 接続することができます。
# ssh -i ~/.ssh/id_rsa_host-A user@host-A
 これが基本の方法。ですが、これがめんどくさいので他にないかという話。

2. config ファイルに記載して使い分ける
 ホームディレクトリ以下に .ssh/config ファイルを作成して、以下のように記載します。
Host host-A
    Hostname 192.168.0.1
    port 22
    User user
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_host-A
Host host-B
    Hostname 192.168.0.2
    port 10022
    User admin
    IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_host-B
このファイルを用意しておくと単に
# ssh host-A
とするだけで、秘密鍵を切り替えて接続してくれます。 port でポート番号や、User でユーザー名も指定しておけます。

3. 秘密鍵ファイル名だけ列挙した config ファイルを作る
 これが一番横着な方法。
 ホームディレクトリ以下の .ssh/config ファイルに、 以下のような秘密鍵ファイル名だけ列挙したファイルを作ります。
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_host-A
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_host-B
これで秘密鍵が一個しかなかったときのように接続にいくと、 相手によって秘密鍵を使い分けてくれます。

 きれいにやるならもちろん 2. の方法でしょうね。 私は横着なんで 3. の方法を使っています。 将来的に管理するサーバーがもっと増えたら… ちゃんと config ファイル作ります (_ _;>

 そのときに備えた備忘録でした m(_ _)m
実用SSH 第2版―セキュアシェル徹底活用ガイド
Daniel J. Barrett 著
( オライリー・ジャパン )
¥ 5,184
Posted on Jul 23, 2015 at 23:02

ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G は Android 5.1 になれそうか?

juggly.cn 「 Sony Mobile 、 Xperia Z3 / Z2 シリーズの Android 5.1.1 アップデートを本日開始」

 海外では Xperia Z3 Compact を含む Z3 / Z2 シリーズの Android 5.1.1 のアップデートの 配信が開始されたそうです。

 基本、海外で配信されているファームウェアを日本の端末にも入れて動かすこともできるらしいので、 ドコモ の Xperia Z3 Compact SO-02G (以下、 Z3 Compact )向けの Android 5.1 のファームウェアも存在すると言っても言い過ぎではないでしょう。

 さて、この Android 5.1 のファームウェアは日本では配信されるのか?

 おそらく今冬から来春にかけて発売される ドコモ の新機種は すべてとは言わずとも何機種かは Andorid 5.1 を搭載したものが用意されると予想しています。
 2014 年 11 月に発売され、Android 5.0 になれることは発表された Z3 Compact は、今冬でやっと発売後丸一年ですから、 この時点でベースとなるファームがあるのなら、まだ大丈夫かな?と楽観しています。

 やっぱ Android M あたりが微妙だな…と悲観もしております (_ _;

Ellinikonblue.com Weblog 「 祝!ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G の Lollipop 行き決定!!」
Posted on Jul 21, 2015 at 22:33

NAS4Free を動かすならこれもいいんじゃない?> ASRock Beebox

「 ASRock の Braswell 搭載 NUC 準拠ベアボーン『 Beebox 』が国内販売」PC Watch より)

 今、自宅で NAS4Free をインストールして使っている GIGABYTE GB-BXCE-2955 に、 万が一のことがあった場合、その代替機として、先般、 Intel NUC5CPYH に 目をつけたところだったのですが、 ASRock からも NUC(Next Unit of Computing) フォームファクタ準拠のベアボーンキット 「 Beebox 」の国内販売がアナウンスされました。
 8 月上旬以降順次発売されます。

 この ASRock の Beebox は、 ファンレスで Celeron N3000(2 コア /1.04GHz ~ 2.08GHz) を搭載した Beebox N3000 と、 Celeron N3150(4 コア /1.6GHz ~ 2.08GHz) を搭載した Beebox N3150 の二種類があり、 本体色もそれぞれ白と黒の二種類があります。

 また USB 3.0 のポートを 4 基も備えていて、 しかもそのうち 1 基ははやりの Type-C 、 Gigabit Ethernet/IEEE802.11ac 対応で Beebox N3000 の 税別店頭予想価格は衝撃の 16,980 円前後!

 これに対して先般、話題にした Intel NUC5CPYH は Celeron N3050(2 コア/ 1.6GHz 〜 2.16GHz) 搭載で実売 2 万円前後、 ファンを搭載していることもあり、 NAS4Free を 24 時間常時動かすなら ファンレスで、しかも安価な Beebox N3000 は非常に魅力。
 ただ、 Braswell 搭載 NUC の中では最も非力な Celeron なので、 ZFS でガンガン動かすならこのあたりが考えどころ。。。 メモリーを十分に積めば大丈夫のような気はしますけど…
# ちなみに GB-BXCE-2955 が搭載する Haswell 版 Celeron 2955U は 2 コアで 1.4GHz (バーストなし)

 ひとまず、GB-BXCE-2955 に万が一のことがあったときの代替機の 安パイは Intel NUC5CPYH で。
 ファンレス必須なら ASRock Beebox N3000 。 いくら Atom とはいえパフォーマンス至上主義というなら Beebox N3150 かな?
 ま、悩めるほど選択肢が増えると言うことはいいことです。個人的には安心感も倍増です (^^)b Ellinikonblue.com Weblog 「 NAS4Free を動かすならこれでしょう > Intel NUC5CPYH 」
Posted on Jul 20, 2015 at 23:31

ついに登場! NAS4Free v10.1.0.2.1731 (正式版)リリース!!

 7 月 11 日には公開されていたようなのですが、 最近何かと話題の多い SourceForge にある NAS4Free プロジェクトのサイト が ごたごたしていたみたいなので、話題にするのを控えてました。

 FreeBSD は v10.2 がβ版まで進んでいる今日この頃、 NAS4Free にも FreeBSD v10.1 系をベースにした v10.1.0.2.1731 が正式にリリースされました。

 同じ FreeBSD をベースとする FreeNAS の方は、大幅な作りの変更をしていることも手伝って、 まだ 10 系の正式リリースはされていませんから、 最新のハードウェアへの対応が早い NAS4Free としては 面目躍如というところでしょうか?

 さて問題は、我が家にこの NAS4Free v10.1.0.2.1731 を README を読む限りは、 v9.3.0.2.1310 以前のバージョンでなければ、 WebGUI からのアップグレードができるように読めるのですが、さあこの方法を採るか。 それとも予備の USB メモリーに v10.1.0.2.1731 をクリーンインストールして移行するか。。。 悩みどころです。

 FreeBSD v10.2 が 8 月に順調にリリースされれば、 これをベースにした NAS4Free がどれくらいで立ち上がってくるのかを 見定めるのも一手かなと思ったりもします。
Image:Photo/20150221STYLUS-SH-1.jpg
 うーん。。。でも、 10 系になったのを契機に、一度クリーンインストールするんだろうな… 今はそれが正解のような気がしていますが、 いずれにしてもゆっくり時間が取れるときにチャレンジした方が良さそうです。

「 FreeBSD 10.2-BETA1 登場」マイナビニュース より)
Posted on Jul 19, 2015 at 18:40

Docker で WordPress を動かしただけの知識でした…反省 orz

 先般、 CentOS 7 上に用意した Docker を使って、 WordPress のお試し環境をさくっと作成しましたが、 ほんと作成しただけで、やった本人が Docker の使い方をうろ覚えしているもので、 これを機会に、最低限、WordPress 環境の 作成・維持に関する部分だけでも…と思って、 Docker の扱い方を整理するつもりで調べ始め、 深みにはまりました orz

 まず第一に、前回、 WordPress のお試し環境をつくるために、 さくっと二つほどコンテナを作成しましたが、 あれはあくまでお試しにあげる方法で、ある程度以上の期間使うつもりの環境のためなのであれば、 ちゃんとイメージのビルドからやらなければいけないことを思い知りました。

 Docker では「イメージ」と「コンテナ」という概念があって、 実際にプロセスとして動いているインスタンスは「コンテナ」です。
 ただし、このコンテナはイメージの差分として構成されており、前回のようにいきなり
sudo docker run --name wpdb -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=password -d mysql
とかして、mysql:latest のイメージをダウンロードしてコンテナを生成して、 これを恒久的に使ってしまうと、再度、maysql:latest のイメージが更新されたときに コンテナを生成しているのでイメージが消せないので、 新しいイメージがダウンロードができなくなってしまいます。
 残念ながらダウンロードしたイメージをアップデートする手段はないので、 一度、コンテナも削除しイメージを消して、再度ダウンロードしなければならなくなります。

 従って、コマンド一発で latest なイメージからコンテナを作成した際に、 即座にコミットして、新しいイメージを作成し、ここから新たなコンテナを実行するか、 できることがわかった早い段階で、dockerfile を作ってイメージをビルドするというのが、 正解だったようです。

 文章だけだとわかりにくいので、自分の頭の中の整理のために、 Docker のライフサイクルの図を作ってみました。
# あくまで私の頭の中での整理です。正確性は保証しかねます m(_ _)m
Image:Computer/20150719DockerLifeCycleImage.png
 うーん。。。ほんと DockerWordPress を動かしただけの知識でした。 浅はかでした orz

 ちょっと Docker が便利に思えてきたので、 blosxom も この上で動かしたいなと思い始めたので、引き続きもうちょっと勉強します (_ _;> > Docker

Ellinikonblue.com Weblog 「 Docker で WordPress 環境をさくっと作成」
Posted on Jul 18, 2015 at 21:32

IEEE802.11ac に対応した忠継大王 MZK-EX750NP

 以前にも話題にしましたが、 プラネックス のコンセントに直挿しできる 無線 LAN 中継器 「忠継大王 MZK-EX300NP」 の IEEE802.11ac に対応した後継機 忠継大王 MZK-EX750NP が 7 月 17 日より発売になります。お値段 6,480 円(税込)。  うちは 802.11n までですが、 NECAtermWR9500N を二台そろえて、 快適な無線環境を構築できていますが、この環境になってからすでに 3 年以上経過しています。

 まぁ通信機器なんでまだまだ使えそうな気はしますが、 そろそろなんかあった気のことを考えておかないといけないように思います。

 無線 LAN 中継器という製品も種類が増えてきましたが、 以前にも書いたように、この 忠継大王 の場合、 コンセントに直挿ししても、それ自身に供給口がありますので、 これのためにコンセントを塞いでしまうこともありません。
 ただ今回の MZK-EX750NP 場合、 802.11ac 対応になったことで、アンテナが本体内蔵ではなくなっていますし、 以前の MZK-EX300NP と同様に、 犬の顔の絵の目の部分になっている 本体のコンセント口を使うときは絵面的に「目突き」って感じになる (^^;;; のが、 あれですが、今のところ、これを上回る魅力的な製品はなさそうです。

 次を考えるとき、もしくは何かあったときのために覚えておきます ^^

Ellinikonblue.com Weblog 「 プラネックスの新製品『忠継大王』、『ちびファイ 2ac 』がどちらもよさげ」
Posted on Jul 17, 2015 at 22:08

期待していたのは新 iPod nano だったのですが…

「 新型 iPod touch 登場。 A8 チップ搭載で 128GB が 48,800 円」 ~サイズはそのままに 8 メガカメラ。 Apple Music 対応
「 アップル、 iPod nano/shuffle も新カラーに」
(以上、 AV Watch より)

 iPod touch / iPod nano / iPod shuffle の新製品が発表されたと聞いて、 つい最近、スマートフォンを ドコモ Xperia Z3 Compact SO-02G に買い換え、 移動時の音楽試聴環境を丸ごとこっちに移行したとはいえ、 楽曲は今も iTunes Store から購入する関係もあり、ジム用にはもうバッテリーのヘタリが顕著な 第四世代の iPod touch を未だ使っていると言うこともあって、 ちょっと期待していたのです。

 まぁ確かに iPod touch は、 約 3 年ぶりの新モデルで、最新の iPhone 6 にも搭載されている A8 チップ搭載なら、 言葉で表現すれば、そりゃ「 10 倍速い GPU 、 6 倍速い CPU 」にもなるでしょうし、 最新の iOS 8.4 搭載ですので、当然のように Apple Music にも 対応するのでしょう。
 また直販限定とはいえ 128GB モデルも用意されました。

 と言うことで、 iPod touch はいいんです。

 個人的には iOS のバージョンアップについて行けなくなっただけで、 製品寿命を宣告され、ネットワークへの接続機能を持っていながら、 脆弱性などへの対応がなされない iPod touch を購入する気はもうありません。
 音楽を聴くだけのデバイスであるなら、アプリケーションプラットフォームであるよりも、 長く同じものを使いたいと思うようになったからです。

 正直、期待していたのは 32GB 版の iPod nano がでないかと言うところでした。
 ところが、ふたを開けてみればカラーバリエーションが増えただけ… orz  今もっている楽曲で iPod でしか聞けないものはごくわずかなので、 もういっそのこと、プレーヤーも ウォークマン にしても いいような気がするんですが…

 うーん…貧乏性なんで 今の iPod touch にもうちょっと頑張ってもらうしかないという 結論に落ち着きそうです (_ _;>

Ellinikonblue.com Weblog
「 日本でも Apple Music が始まった!!」
「 とうとう Xperia Z3 Compact を買ってやりました」
Posted on Jul 16, 2015 at 22:13

NAS4Free を動かすならこれでしょう > Intel NUC5CPYH

「 Intel NUC の廉価版に新モデル、 TDP6W の Braswell 版 Celeron を搭載」 ~実売 2 万円、 6Gbps SATA 対応に ( AKIBA PC Hotline! より)

 まさに NAS4Free を動かすならこれだ!って 感じの NUC です ww > Intel NUC5CPYH

 Atom ベースの Celeron を搭載した NUC は過去いくつかあったのですが、 外付けのストレージを接続するには必須となる USB 3.0 以上のポートを背面にもつ NUC はこれが初めてです。

 我が家では NAS4Free をインストールして ストレージを集約している GIGABYTE GB-BXCE-2955 は、 Haswell ベースの Celeron を搭載していて、 ZFS で運用しているのですが、十分に CPU パワーは余っており、 Atom ベースでも十分かと日頃思っていたのですが、 Atom ベースの Celeron を搭載した過去の機種は相応にインターフェイスもしょぼく、 GB-BXCE-2955 に万が一のことがあったときの 代替としては少々心許ないかなと思っていました。

 対して今回登場した NUC5CPYH は、 Atom ベース Braswell 世代、 TDP がわずか 6W の Celeron を搭載し、 なんと言っても前面と背面に 2 ポートずつ USB 3.0 ポートを搭載、 さらに 9.5mm 厚までの HDD/SDD が内蔵可能な仕様となっており、 まさに NAS4Free をインストールするなら これしかないというスペックです。
 これが実売 2 万円。少なくとも GB-BXCE-2955 を 買ったときの価格よりずっと安いです。  Surface 3 が搭載する そんなに(まだ)悪い評判を聞かない Charry Trail プラットフォームの Braswell 世代の CPU なので、 Atom とはいえ、そこそこの CPU パワーを期待できます。

 GB-BXCE-2955NAS4Free を 24 時間常時起動で動かし始めて丸一年以上。
 現環境で万が一、代替機が必要になった場合、 この NUC5CPYH が現時点での最右翼です。ロックオンしておきます (^^)b

Ellinikonblue.com Weblog
「 Atom E3815 搭載ファンレス NUC が登場 」
「 Intel DN2820FYKH: 今度こそ買ってしまうかもしれない」
Posted on Jul 13, 2015 at 19:46

Oracle VM VirtualBox v5.0

「 Oracle 、“準仮想化”をサポートした『 Oracle VM VirtualBox 5.0 』を正式公開」 ~ Windows ではドラッグ&ドロップでファイルを双方向にやり取り可能に ( 窓の杜 より)

 うちの MacBook Air を Mac OS X 10.10 Yosemite にアップグレードしたときに、 Parallels Desktop が動かなくなって、 Yosemite でも動くバージョンを買い直そうか…どうしようか…と考えつづけて、 今のところ、過去に使っていた仮想マシンのイメージは今や SSD の肥やしになっています (_ _;>

 自宅では VMware vSphere Hypervisor (ESXi) が 動いていて、 Windows はリモートデスクトップ (RDP) で Mac からでも接続して、 自宅内で Windows 環境が使えるので、 MacBook Air ローカルに Windows 環境を整備する必然性に迫られないんです。

 それでも出張や旅行の時に MacBook Air を持ち出すときに、 あった方がいいかなぁ…と思う程度なんで Parallels Desktop を買い換えるより、 無償で使える VirtualBox が 新しく 5.0 がリリースされるならこれも一手かなぁと考えていました。

 上記の 窓の杜 の記事がよくわからなかったので、 自分で調べました。
 注目点は 3 つ。
  1. VirtualBox の仮想マシンが、 Hyper-V や KVM のそれのように振る舞うことで、もともとゲストとなるオペレーティングシステムが ビルトインでもっている準仮想化 (Paravirtualization) された部分を活用してパフォーマンスを上げることができる
  2. Windows や Linux をゲストとしたときに、ドラッグ&ドロップでファイル転送ができる
  3. Mac 向けのバイナリへのリンクの記載が「 Intel Mac 」から「 amd64 」に変わっている ( 64bit バイナリだけの対応になったから?)
 以上、 Mac で使う分での注目点です。

 どうしようかな…一回使ってみるかな…考え中 (_ _;
おうちで学べる仮想化のきほん
高岡将 著
( 翔泳社 )
Ellinikonblue.com Weblog 「 Mac OS X 10.10 Yosemite にやってきました」
Posted on Jul 09, 2015 at 22:22

LAVFilters って最近知りました orz

 昨今、 YouTube だなんだと、 コンピューターデバイスで浴びるように、しかも簡単に動画なんて見られる時代ですが、 実は素の Windows とか Mac とかでその辺に転がっている動画ファイルを見ようとすると、 コンテナがどうだ、コーデックがどうだ、 DRM がどうだと意外に苦労したりします。
 ストリーミングで見る方が今の時代、圧倒的に簡単なんですよね。 よくよく考えると、なんか不思議な気がします。
# 昔はねぇ。。。苦労したんですよ。ストリーミングって言うといろいろと…すいません古い人で (^^;

メインで使っている Windows 7 では、 ffdshow tryoutsHaali Media Splitter をインストールして、 Win7DSFilterTweaker でちょこちょこっと設定してやれば、 たいていのファイルは再生できるようになったんですが、 ちょっと前に手に入れたファイルがなんか変だったので、 調べてみると動画部分は H.265 で圧縮された MP4 コンテナでした。

 最新の MPC-HC とか入っていれば再生はできたんですが、 この時、初めて気がつきました。
 最近のこの手のアプリケーションが使っているデコーダーライブラリって、 すでに LAVFilters なんですね。。。 orz

 ffdshow tryouts は v1.3.4531 から 開発がすでに止まっていて、 その代替に LAVFilters が各所で使われています。 これはスプリッター(コンテナを映像、音声に分割するプログラム)も、 64bit 版のデコーダーも含まれていて、 これ一つインストールすればあんじょうしてくれる優れもの d(^^)
# 最後に Win7DSFilterTweaker での優先順位の設定をお忘れなく

 実際、うちでは仮想環境の Windows 7 や Windows 10 Insider Preview にもインストールしてみて、 ffdshow tryoutsHaali Media Splitter の組み合わせより好調なので、 最近、メインのデスクトップも LAVFilters に 入れ替えました。
 これで H.265 時代が来ても安心 (^^)v

 ちなみに最新バージョンは 2015 年 7 月現在、v0.65 です。 まだの方はお試しあれ。。。 Ellinikonblue.com Weblog 「 今頃 Windows 7 メディア再生環境の整備」
Posted on Jul 08, 2015 at 20:25

WordPress の勉強中…そのすごさを実感してます

 Docker のおかげで、 簡単に用意できた WordPress の環境を使って、 CMS(Contents Management System) と言う道具として使い方は、一通り学習できました。

 いや、ほんとよくできています。さすがスーパーメジャー級 CMS です > WordPress
 普段、絶滅危惧種である blosxom とか、 マイナーな CMS である MODX とか Pico とか使っているので、 そのすごさをひしひしと感じます (^^;A

 そこそこ使い方を覚えて、いけてるテーマを拾ってきて、 いくつかプラグインを導入してしまえば、高機能で、かつ見栄えのよいブログサイトが 本当にお手軽にできてしまいます。

 事実、ここ数週間で、一通り使い方を覚えて、 今のところ、 Docker の上で、 試験しているだけですが、シンプルで見栄えのいい人気のテーマである Graphy を導入してみて、 いくつかページを作ってみて、それなりに見栄えのする作り込み方の感覚はできてきました。
 そろそろ VPS の実環境に WordPress をインストールして、 実際のサイト構築に移るという段階が見えてきました。

 この段階になってくると、今度はスーパーメジャー級 CMS であると言うことが、 問題になってきます。
 要はそこいら中が、この WordPress で構築されていると言うことは、 クラッキングなどの攻撃方法もある程度確立されているからです。
# 一応、構築するサイトもそれなりに人が集められる 予定 になっておりますので…

 そんなことを考えるようになってきた昨今、 いつも拝見させていただいている コリス 様で 以下のような記事が掲載されていました。

コリス 「 WordPress でしっかり設定しておきたいセキュリティやメンテナンスに役立つ .htaccess のまとめ」

 こうやって調べればすぐに参考になる資料が出てくるというところが、 やっぱり WordPress のいいところですね ^^
 他にも以下の資料を見つけました。  諸事情で構築する(だろう)サイトをここでご紹介することはできませんが、 身についた知識はいつかちゃんと整理して、どこかでご披露したいと思います。

 さ、まだまだお勉強、お勉強 f^^;
WordPress Perfect GuideBook 4.x対応版
佐々木 恵 著
( ソーテック社 )
Ellinikonblue.com Weblog 「 Docker で WordPress 環境をさくっと作成」
Posted on Jul 07, 2015 at 21:29

ロジクール MX MASTER か、 MX Anywhere 2 かどちらがいいかなぁ…

「 ロジクール、 MX MASTER のポータブル版マウスが日本で発売」 ~ 2009 年の Anywhere Mouse 後継機種 ( PC Watch より)

 ちょっと前に米国での発売が発表されたときに話題にしましたが、 日本の ロジクール からも 7 月 16 日に発売されることが発表されました。

 今回、 ロジクール から発表された MX Anywhere 2(MX1500) は、 Anyware Mouse M905 の後継機種で、 同社のモバイルマウスでは最高峰の製品です。  今年の 4 月に発売された MX MASTER と同様、 MX Anywhere 2 も専用の Unifying レシーバーでも、 Bluetooth でも接続できるマウスですが、 スクロールホイールの通常モードと高速スクロールモードは自動切り替えではなく、 ホイールの下にあるスイッチによる切り替えになっています。
 ただ形状は MX MASTER よりも癖がなさそうな気がします。

 さて…
 ここで MX MASTER などの話題をしている割には、 未だ自宅では パフォーマンスマウス M950 を調子よく使っております。
 今回の MX Anywhere 2 も米国で発表されたときから、 日本円で 10,000 円を切っててくれたらなぁ…と思ってたのですが、 Amazon.co.jp での価格は 10,940 円(税込/ 7 月 7 日現在)。。。び、びみょー (_ _;
 この価格差だったらデスクトップで使うことも考えると MX MASTER を選ぶかなぁ…

 あと以前のエントリにも書きましたが、ユーティリティーの問題もあるし。

 何よりもう少し安くなってくれないかしら… MX MASTER も発売以来まったく値段が下がらないんですよね。。。 うん、もうちょっとしっかり考えよう (^^;> Ellinikonblue.com Weblog
「 Logitech MX Anywhere 2 Wireless Mobile Mouse 発表!」
「 ロジクール MX MASTER(MX2000) 買うか!」
Posted on Jul 05, 2015 at 22:56

Raspberry Pi 2 をもう一個買おうか迷ってます

 夏のボーナスも無事、出るものが出たのですが、 ちょっと最近、公私共々忙しく、ここの更新もちょっとペースが落ちております orz

 そんな中、ちょっと悩んでいるのが、 Raspberry Pi 2 をもう一個買うか買わないかと言うこと。  先般、すでに一個買ったのですが、 当初の目的であった Fedora を入れて、 NAS アダプター化すると言う目的を達し、これがまた便利に使えてしまっている ( I/F が 100Mbps なんでパフォーマンスは推して知るべしと言うところですが)もので、 Raspberry Pi 2 で遊び倒すと言う目的が、 少々燃え残ったまま終わってしまっています。

 また Fedora を試す前に、 遊び半分で入れた OpenELEC が便利だったからまたたちが悪い (^^;
 microSD を入れ替えれば、すぐに Fedora でも OpenELEC でも切り替えて使えるのですが、 microSD 入れ替えたり、電源などの配線をつなぎ替えたりすることがそもそも面倒。。。 だって…

「 6,000 円そこそこでもう一台買えるなら買っちゃえばええやん」

と言う悪魔のささやき的な言葉が頭に響いてくるんです (ToT)
 このあと Windows 10 の登場とかも控えているのに… 最近限界をひしひし感じるタブレット Nexus 7(2012) も買い換えたいのにぃ…

 そしてとどめは、うちで動いている Fedora 21 Xfce Spin なんですけど、 このイメージをもともとダウンロードしたサイトから、最近ファイルが消えてしまって、 yum でアップデートをかけてもいくつかのリポジトリから情報が取得できなくなってしまっていました。
 とりあえず今は問題が出ていないのですが、 対策を考えておいた方がいいような。。。

 と、考えていると BerryBoot なんていう おもしろそうなものを見つけてしまって… (^^;;;;;

 うーん。。。どうしようかな…
 今、忙しくて遊んでる場合じゃないんだけどなぁ…いや、遊ぶんじゃなくて今の便利な環境を 長く維持するためにでんなぁ…うん、買うにしてもタイミングは考えよう d(^^; Ellinikonblue.com Weblog 「 Raspberry Pi 2 買っちゃった ^^ 」
Posted on Jul 04, 2015 at 23:32

機会が来れば使ってみたい waifu2x-caffe

「 機械学習を利用した画像の高品質拡大ツール『 waifu2x-caffe 』が実写にも対応」窓の杜 より)

 少し前に話題になったウェブサービス waifu2x の 画像拡大のアルゴリズムを Windows に移植して GUI ベースインターフェイスもついた waifu2x-caffe ですが、 特にアニメに熱心な方ではないのでスルーしてたのですが、 通常の写真拡大のための計算モデルも用意されたと言うことで、 機会があれば一度試してみようかと、メモってみた次第。

 ご存じなかった方で、ご用がすぐに思いつく方は一度試されてみてはどうでしょう?
 レビューで見る感じはかなりいけてそうな気がします。 「 GPU を活用可能。アニメ調の画像を高品質に拡大できる『 waifu2x-caffe 』」窓の杜 より)
Posted on Jul 01, 2015 at 23:14

日本でも Apple Music が始まった!!

「 iOS 8.4 リリース、 Apple Music 開始。 3 か月無料トライアル受付中」Engadget 日本版 より)

 日本でも アップル のストリーミング音楽配信 Apple Music が始まりました。
 サービス自体の発表があった当時は、日本では「まもなく登場」となっていたのですが、 「意外に早く始まったな」というのが正直な印象です。

 ま、国内企業が先に AWALINE MUSIC と言ったストリーミング音楽配信を サービスインしていたこともあり、「戦闘態勢が整っていた」というのが、 今回のサービスが日本でのサービスインが早かった理由の一つではないでしょうか。
# 注) 単なる憶測です m(_ _)m

 月額 980 円で聞き放題!
 海外では「 3,000 万曲以上」と案内されていますが、 日本はかなり小ぶりで「数百万曲」…だから米国では月額 9.99 ドルのサービスが、 日本では 980 円なのね…と妙な納得感があります ^^

 また AWALINE MUSIC と違って、 iPhone や iPod をもっていなくても、 最新の iTunes 12.2 をインストールすれば Windows PC や Mac でもサービスを利用できるところは、 個人的に最近、アップル のハードウェアから 脱却しつつあるのでうれしいところ。
 それになんと秋には Android 版もリリースされるとか…
Apple iPod touch 64GB スペースグレイ ME979J/A
( Apple Computer )
¥ 32,228
 個人的には今すぐ試すなら、 iTunes でライブラリを構築していることもあって、 間違いなく Apple Music だなと思います。

 ただまぁ今すぐでなくてもいいかな f^^;

 やっぱり時代はストリーミングだよね!って思えるようになって、 そのときやっぱり Apple Music だよね (^^)b ってまだ思えたら、今度こそ iTunes Match とまとめて検討したいなと思います。
…いや、どうせ乗るなら勝ち組に乗りたいなと思うのが正直なところです d(^O^;;;

西田宗千佳の RandomTracking 「 Apple Music 開始で考える『日本のストリーミング・ミュージック』」
「 Apple Music が日本でスタート。月額 980 円の音楽配信」
「 iTunes 12.2 公開。 Mac や Windows から『 Apple Music 』が利用可能に」
「 Apple のストリーミング音楽配信『 Apple Music 』は 6 月 30 日開始。月額 9.99 ドル」
「 LINE の定額音楽配信『 LINE MUSIC 』スタート。月額 500 円~」
「 定額音楽配信『 AWA 』スタート。 90 日間は無料/登録不要」
「 アップル、国内で『 iTunes Match 』スタート。年間 3,980 円」
(以上、AV Watch より)