Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Jan 31, 2011 at 19:51

SOICHA AIR β

「 Google カレンダーや Evernote と連携できる Twitter クライアント『 SOICHA AIR 』β版」窓の杜 より)

 TweetMe の愛用者なもので、 まだ Twitter クライアントをインストールしていなかった メインのデスクトップ用に、 その AIR 版を待っていたところがあって、 その待望のβ版がリリースされました。
Image:20110131SOICHA-AIR.jpg
 使ってみた感想はまだβ版ですね。。。 タイムラインすら自動で更新されないのは私だけ? (^^;
 長い目で見ることにしましょう…
# その間に Janetter も試してみるかな (^^; 「 Twitter クライアント『 Janetter 』 v1.2 が公開、“ハイライト検索”機能を搭載」窓の杜 より)

Posted on Jan 31, 2011 at 00:15

SCE Next Generation Portable

「 SCE 、次世代携帯ゲーム機『 NGP 』発表。年末発売」 - 3G/5 型有機 EL/ 背面タッチパネル。「手のひらの上の革命」 ( AV Watch より)

 SCE (ソニー・コンピュータエンタテインメント) 次世代携帯型エンタテインメントシステム「 Next Generation Portable (NGP) 」 (コードネーム)が発表されました。
 CPU ARM Cortex-A9/GPU PowerVR SGX543MP4+ に高解像大画面の有機 EL ディスプレイ、 ネットワークインターフェイスも WiFi/Bluetooth 、果ては 3G ネットワークにも対応し、 加速度、ジャイロ、 GPS とセンサーの類も満載。
 年末発売と言うことで、予定価格も発表されていませんが、 近々発売される ニンテンドー 3DS よりは高価ものになるでしょう。

 また同時に PlayStation のゲームコンテンツを NGP をはじめとする PlayStation 以外のデバイスにも展開する 「 PlayStation Suite 」も発表されました。 まずは Android 2.3 以降に展開されます。

 しかし…これは一体なんでしょう?
 鳴り物入りで発表された NGP とは、 実は PSP/PSP Go の後継機ではありません。 なにせ PSP 用の UMD メディアの資産は使えませんし、 PSP Go は悲しいかな受け継ぐほどの資産は作れていません。
 NGP は登場時に用意される専用のソフトもしくはサービスから コンテンツを供給されなければ利用することはできません。

 また ニンテンドー 3DS は搭載しなかった 3G ネットワーク機能を搭載していることも気になります。
 まだ 3G ネットワークとは言ってもどういう回線、料金プランが提供されるかはわかりませんが、 ゲームコンソールのために 3G 回線を契約するまでのモチベーションをユーザーに与えられるのでしょうか?
 NGP 向けにデータ専用回線/料金プランを用意するにしても、 おそらくはテザリングなどもできないでしょうから、 そうなると月額は相当安い回線を用意しないといけません。
 逆に通話もできる一般回線であるとしたら、 スマートフォンと NGP とどちらを持つかということになってしまいます。 なにせ PlayStation Suite でスマートフォンにもコンテンツを提供してくれるというのですから、 それでも NGP を選択する動機がなければならなくなります。

 PlayStation Suite は SCE がゲームコンテンツパブリッシャーとしての 存在感を示すための戦略として面白みもあり、なるほどと思わせるビジョンですが、 NGP はなんでしょう? おそらく初期は生産コストのあわないほどのど派手なスペックを駆使し 手のひらの上で映像的にリッチなゲームができるだけの代物でしょうか?

 確かに年末までまだ時間はあります。 この疑問を SCE はこの一年で解決してくれるのでしょうか?

後藤弘茂の Weekly 海外ニュース 「 SCE が新ポータブルゲーム機『 NGP 』に至るまでの道のり」PC Watch より)
Posted on Jan 29, 2011 at 15:50

結論: KVM は使える!

 先般、 購入した デル Inspiron Zino HD への Ubuntu 10.04 LTS のインストール、 ストレージの繋ぎ換え、 KVM の導入、仮想マシンの構築と CentOS 5.5 インストールが ほぼ完了しました。

 Debian 化した 玄箱 Pro が担っていた役割は、 ほぼこの Inspiron Zino HD 一台で賄いきり、 もう一台ある Atom 搭載の X27DDebian を インストールしたサーバーと併せて 機能配置をどう再構成するかという段階になって、 それさえ決定すればひとまず 玄箱 Pro を 一線から引退させることができるというところまでできました。

 この移行を始める前は 2 コアとはいえ AMD Athlon II X2 P340 に 2GB のメモリーなどという 昨今では貧相と言えるリソースで、 果たして KVM を導入して、 個人宅用とはいえサーバーファームを構築できるのかちょっと不安視していましたが、 現状、ホスト OS が Ubuntu 10.04 LTS で、 ゲスト OS としてメモリーを 512MB 与えた仮想環境で CentOS 5.5 を一台動作させていますが、 CPU リソースが振り切ることはなく、二つあるコアのうち一方のコアは遊んでいる状態に見えます。 さほど使用頻度が高くない用途であれば、もう一、二台、仮想マシンを構築しても大丈夫そうです。

 またゲスト OS となっている CentOS の動作も 非常に安定していて、未だ原因不明でシャットダウンしたり、フリーズしたりということは皆無です。
 しかも、明らかに Debian を 動かしている 玄箱 Pro より動作はきびきびしていますし、 X Window 環境を含めてフルスペックの x86 バイナリが動作しています。
 ただ気になる点がないかというとそうでもなく、速度的に大容量のローカルファイルを読み書きすると、 ネイティブで動作している OS にはやはりかなわないようです。 感覚的には CoLinux で 動かしている Linux 環境のような体感ですが、 実測したわけではありませんが、それでも 玄箱 Pro よりは早く感じます。
 加えて環境的に頻繁に読み書きを行うホームディレクトリーや、 samba を 通して共有している領域などはホスト OS 側にマウントしたストレージに NFS を通して 読み書きをさせているので、この弱点を隠蔽できているのかほとんど気にもなりません。

 結論として KVM は 貧弱なマシンリソースでも十分に使えるというのが今現状の評価です。 先般、発表された AMD の Fusion APU を採用したプラットフォームとかでも AMD-V を実装しているらしいので、 無茶をしなければそこそこ動いてしまうのではないでしょうか?
# そう思うとまた用もないのに買ってしまいそうな自分が怖い… (^^;;;;;

 自宅の環境変更が完全完了したら、もうちょっと別の用途で使うことも検討して、 Inspiron Zino HD を KVM で 使い倒したいと思っています (^^)

「 AMD 、Fusion APU こと初の GPU 統合型プロセッサを発表」PC Watch より)
Posted on Jan 24, 2011 at 23:14

Tweet ATOK

 いろいろ賛否両論あるみたいですが、個人的には ATOK Pad for iPhone を かなり便利に使っていました。 iPod touch ユーザーのためメール等にはほとんど利用しないので、 基本、Twitter 投稿用クライアントとしてです。 つぶやきを文字にして、シェイクしてボタン一発。この一連のシーケンスはかなり気に入ってました。

 ただ TL を追っかけながら…というときは TL を見ることができないので TweetMe から ( ATOK に切り替えるタイムラグが我慢できないので) 直接にならざるえないのがちょっと不満と言えば不満でした。

 この ATOK 搭載 Twitter クライアント 「 Tweet ATOK 」 は 先述したようなユーセージモデルで ATOK Pad を 使っている私にはかなりヒットなアプリで、しかも無料!
# 広告がでます

 使ってみた感じ投稿用クライアントとしては必要十分で、 しっかり ATOK で変換してくれます。 TL を ROM するときは TweetMe 、 つぶやきに絡んでいくときは Tweet ATOK …いいんじゃないでしょうか (^^)b

 しかし…
  • ATOK Pad と 辞書・設定の共有はできないのね orz
  • なんか手動で TL 更新すると、かなりてきとーにしか TL を更新しないような気がする
  • バックグラウンドで TL 更新がデフォルトになっていますが、 ほとんどの人にとって電池とパケットの無駄遣いでは… f^^;
 まぁリリースバージョンですからね。これからよくなっていくでしょう。期待 (^^)b

 でもなにが一番ショックって、個人的な用途からすると 私には ATOK Pad は 必要なかったのでは… o...rz
 いやこれから ATOK Pad も 活用します… (^^;A

「 ジャストシステム、 ATOK 搭載の iPhone 向け無償 Twitter クライアント『 Tweet ATOK 』」窓の杜 より)
Posted on Jan 20, 2011 at 00:20

Pocket WiFi S の発売にあたって残念に思ったこと

 発表以来、話題の多かった イー・モバイル の Pocket WiFi S がようやく 1 月 14 日から発売が開始されました。

 すでに周知の事実ですが、ハードウェアとしては 昨年末に 日本通信 から発売された IDEOS とほぼ同等で、「 Pocket WiFi 」と称してはいますが、 モバイルルーター用途にソフトウェアで使いやすくカスタマイズされた テザリングできる Android 2.2 搭載スマートフォンです。
 しかし、 Pocket WiFi という名を冠しながら、 スマートフォン向けの料金プランしか選択することができず、 おまけにこのスマートフォン向けプランには データ通信専用プランの「バリューデータプラン」にあたるプランがありません。

 そして、気になったのは Pocket WiFi S 発売イベントでの以下の発言です。
日本通信の IDEOS を持ち込んでイー・モバイル回線を契約したいというユーザーには? という問いに「(回線契約は)提供しない」と述べた。
 つまりは イー・モバイル は データ通信専用でこの Pocket WiFi S というハードウェアを 少なくとも現在は利用させる気はないと聞こえます。
 Pocket WiFi などデータ通信端末を格安のライトプランに 100 円 PC までつけてばらまいて回線数を伸ばしてきたわけですが、 これらのユーザーの ARPU を向上させるために、スマートフォンブームに乗って うまくライトスマートフォンプランに移行させ天井に達してくれればそれでよし、 あわよくばこれを機会にスマートプランに…などという皮算用でしょうか?
 つまり(使われない)データ通信オンリーの売り方から脱却を模索しているのでしょう。

 もしそうだとしたら、個人的に購入するとしたら IDEOS ですね。 いつでも イー・モバイル と縁が切れる方がより魅力的に思えますから。。。
Posted on Jan 19, 2011 at 22:54

AquaSnap v1.5.1

「 Windows 7 の新機能“ AeroSnap ”“ AeroShake ”などを再現・拡張する『 AquaSnap 』」窓の杜 より)

 自宅でメインで使用している PC はデスクトップ、ノートともに すでに Windows 7 で、 Windows 7 を使っていてなにが便利かって、 ウィンドウの上端をダブルクリックすると縦方向にだけウィンドウが拡大される機能。 これがブラウザや特にテキストエディタを多用する身としては非常に便利。
 画面の端に向かってウィンドウを移動すると画面の半分に拡大してくれる Aero Snap も便利で、意外に Windows 7 な ユーザーインターフェイスに最近感化されています。

 その反動か、自宅の予備機やうちの奥さんのノート PC の XP や オフィスで使っている Vista が使いづらくなってきました。

 そこで上記の 窓の杜記事 で知った AquaSnap を試したわけです。
Image:20110117AquaSnap.jpg
 これ Good です。
 Vista でも縦方向にウィンドウが拡大したり Aero Snap なことができてしまいます。おまけに意外な副作用があって、 プログラムによっては Windows 7 で ウィンドウの上端をダブルクリックしても縦方向のみには拡大しないプログラムでも強引に機能します。
 いかす! (^^)b
Posted on Jan 18, 2011 at 00:01

出るか? Android Mobile Gear

2011 International CES: 「 勝手に命名した『モバギロイド』に突撃レビュー!」ITmedia +D より)

 今、この場でテキストファイルを作成したい!
 この欲求を解決するために、過去、 Windows CE に始まり Palm 、Windows Mobile 、 この間に何台かモバイル PC を適当に挟みながら、 現在、ポメラ に行き着いているわけですが、 この歴史の中で短くない期間、モバイルギア (Mobile Gear) を使っていたこともあって、 今でも非常にいい印象を持っているハードウェアです。

 今使用している ポメラ に不満があるとすれば、 ATOK のくせにちょっとおバカなことと、 やはりテキストファイルしか作れないということです。
 こういうデバイスを利用するに至った動機からは少し矛盾しているかもしれませんが、 そりゃ思い立ったその場でテキストがバリバリ打てることは変わらず、 その上、カスタマイズしていけばウェブ閲覧や Twitter にも使えるんだったらそっちの方がいいに決まっています。

 問題はその価格ですかね…う~ん 5 万までなら出す! (^^;
 NEC さんがんばって!!
Posted on Jan 16, 2011 at 10:31

このままでは勝てない日本の専用電子書籍端末

 いろんな意味で多少期待していたんですが、 案の定期待はずれでした。

 正直、ハードウェアは期待以上のものでした。
 ソニーReader は非常に質感は高く E Ink 電子ペーパーの見やすさもすばらしく、使い込んでみないとわからない部分ですが、 ちょっと店頭でさわる分には操作性も悪くは感じませんでした。
 WiFi モデルを用意しなかったことをたたかれているようでが、 この手のファーストプロダクトに飛びつくタイプの人は IT リテラシーが高い人が ほとんどなので致命的な問題とも思いません。 また盛り上がってくれば WiFi 搭載モデルもすぐに出てくるでしょう。
 シャープGALAPAGOS も さすがの液晶品質で、見た目よりも軽く、カラーが活きる雑誌を多くそろえたところはよく考えています。  しかしです。
 やはりどんなにハードの作り込みはうまくても、コンテンツがこれではどうしようもありません。 念のためにいっておきますが、数の問題ではありません。
 こういう新しい電子デバイスに飛びつくのは、ごくふつうの一般人ではないと言うことです。
 そもそもにして、今のスマートフォンブームにしても一般の人から口コミで広がったわけではありません。 IT 関係に少なからず造詣のある人から広まったはずです。
 それなのにまぁ IT 系の専門書籍の品ぞろえのしょぼいことしょぼいこと。 人気小説やビジネス書籍を充実させることも大事でしょうけど、そんなんあとでいいでしょ。 なんせその手の書籍は紙でも大方、電子デバイスより軽いんですから。

 もし電子書籍のマーケティングに関わらせてもらえるのなら、 まずコンテンツラインナップの基準は、電子書籍端末より重いこと。まずそこです。

 そしてなにより力を入れるのは IT/PC 系の専門書籍です。 O'Reilly Japan あたりをまず最初に口説きに行きます。 そもそも電子書籍を買う人に IT 系の知識がゼロと言う人はまずいないという前提で進めるべきで ソニーReader など、 運用に PC を要求するのに売ってる専門系コンテンツはしょぼいなんて出鼻を思いっきりへし折られた気分になります。
 そもそも GALAPAGOS なぞ 本体を買わなければ売ってるコンテンツも気軽に探せないなど論外です。

 早く猫も杓子も電子書籍に飛びつく流行にしたいと焦る気もわからないではないですが、 いきなり一般人に売ろうとするのは無茶です。
 電子書籍の普及が本気であるべき方向であると考えるのであれば どこから普及が始まってもいいはずです。 流行としての体裁なんかより、まずは数の原理を確立する方が先です。
 圧倒的物量や、そもそもデファクトスタンダードを振り回されると、 このままでは勝てないですよ。黒船には…
Posted on Jan 14, 2011 at 00:04

BUFFALO CloudStor Series powered by Pogoplug

「 【 CES 2011 レポート】バッファロー編」 ~ Pogoplug 機能内蔵 NAS や、 HDD 8 台搭載可能な TeraStation ( PC Watch より)

 日本にはいつ上陸するのかと思っていた Pogoplug ですが、 いつになってもその気配すらなかったところに、 BUFFALO が International CES 2011 に出展していた NAS の新モデル「 CloudStor シリーズ」に内蔵されて製品化される予定があると 言う情報が見かけました。

 ただ現在は米国での話ですので、 日本で発売されるのか、またその時期はいつになるのかは不明ですが、 Pogoplug のインターフェイスは (ベータ版ですが)すでに日本語化されているので、 そう遠くない将来発売されるのではないかと思われます。
 個人的には是非、内蔵 HDD なしのモデルも合わせて、 早急に日本での発売を検討して欲しいところです。

 いや デル の Inspiron Zino HD を 購入して 、 自宅のネットワークストレージ環境を見直している最中で、 明日発売されたからと言って、すぐに手を出せるかというと無理なんすけど… (^^;
Posted on Jan 12, 2011 at 00:04

IDEOS と Pocket WiFi S の発表で考える iPhone の存在意義 #4

「垂直統合型ビジネスモデルの勝利」などと Apple の成功を称える発言をよく見かけますが、 閉息感を極めていた IT 業界においてコンテンツからサービス、 端末までと言う一点突破的なビジネスモデルで成功を収めたのは、 その戦略勘・戦術勘も去ることながら時代が味方した部分は多分にあると思います。
 戦術の基本は十分に策を練り、その策を実施するに十分なリソースをそろえて押し切ることが基本です。
 ただどこかしこでも同様の戦術、物量をそろえた場合、当然のことながら戦況は膠着します。 このような膠着状態になったときに、一点突破と言うような奇策は得てして成功しやすいのです。

 だからといって一点突破のような奇策が最高の戦術ではないことは、 数千年前から語られる兵法にも記されていることで、 なにより奇策を成功させるには戦術眼という「センス」が必要です。
 しかも、すでに Apple も戦術を変更し、 十分な物量をそろえられる状態になって、市場での支配力を徐々に大きくしている状態です。 同じ物量をそろえて同じ戦術を実行に移すことは早々易々とできることではありません。

 しかし、こと日本と言う局地戦に限れば、 iPhone を日本で販売するソフトバンク網への不満は日増しに大きくなって言う状況で、 かつ他のキャリアも Android 端末と言う戦う武器を得ました。
 iPhone を iPhone である必然性をなくしてやる。 つまり幸い iPod touch という 3G ネットワークに接続できない以外はほぼ同等の機能を有したメディアプレーヤーがあるわけですから、 高い回線品質をアピールして Apple の製品を ただのコンテンツプレーヤーに戻してやるアンチキャンペーンを実施するために テザリングを開放するというのは有効な戦術だと思うのです。
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
¥ 33,000
 しかし、現実は ドコモau はテザリングを解放しません。 もちろん ソフトバンク もです。
 なぜなら設備投資に対するコスト回収の構造がより単純になって、 今のインターネットプロバイダがそうであるように本業で泥沼の体力勝負になることを、 できれば避けたい、不可避であってもできる限り先延ばしにしたいからです。
 だからこそ携帯電話会社が、端末の開発にも口を出すし、 音楽配信や動画配信、果ては電子書籍販売にまで手を出してコスト構造をより複雑に、 もしくは回線収入以外のコスト回収手段を探そうと躍起になるのです。
 しかし、あっちがやればうちもやるで東洋の片隅「日本」という狭い国の中で こちょこちょやってる分には差などつかないわけで、結果、 iPhone のシェアをひっくり返すこともできないわけです。

 ところが IDEOS や PocketWiFi S という スマートフォンによるテザリング解放の威力を示すことができれば、 ひょっとするとどちらかは… もしくは 米 Verizon Wireless が iPhone を売ることになって、 これに便乗して au も iPhone を展開することになり、 そう言う状況になっても ドコモ だけが iPhone を売れない状況に追い込まれたら、 その設備力にものを言わせてテザリングの解放に踏み切るかも…という淡い期待がもてます。

 ただ Apple が 日本でも iPhone を SIM フリーで解放すると一時の甘い汁に味を占めて、 テザリング解放は先送りというシナリオもあるでしょう。
 しかし、そのときは Apple の天下がひっくり返るまで、 音楽、動画、アプリケーションや書籍のコンテンツ流通による利権は 根こそぎ持っていかれることをお忘れなく…

 まぁ戯言です。気にしないでじっくり身の振り方を考えてください > 携帯キャリア 様
 次の黒船に乗り遅れるのはどこかじっくり観戦させていただくこととします。
# あわせて IDEOS の購入も 春までは静観することにします。。。たぶん。。。自信はないけど (^^;;; 「 Verizon 版 iPhone 発表へ? 発表会は今晩深夜 1 時から」Engadget Japanese より)
Posted on Jan 11, 2011 at 00:02

どうでもいいけどほしいもの

 たまたま見た NHKおはよう日本 「まちかど情報室」( 2011 年 1 月4 日(火)放送)と言うコーナーで紹介されていた しゃべる貯金箱がめっちゃ欲しくなりました。
クロックマン A型
( タカラトミー )
 この バンクマン 、とにかくよくしゃべる。 500 玉用が「肉食系」で、100 玉用が「草食系」などさらにどうでもいい感じが Good (^^)b
 時計版の クロックマン と言う商品があることも Amazon.co.jp で調べたときに知りました。

 そういえば去年、「ゴム弾ブラスター」 も 猛烈に欲しくなりました。

「 懐かしい“輪ゴム鉄砲”が進化した? メガハウス『ゴム弾ブラスター』」ITmedia より)  上記の 記事を見た瞬間やっぱ「連射だろ」と考えてるあたりが、 哀れと言うか痛々しい感じがします (^^;;;;;>

 お金の貯まらない理由がよくわかる。 なんだかんだ言いながらこうやってブログにメモっているようなものだから… orz
Posted on Jan 10, 2011 at 11:24

Ubuntu 10.04 LTS で VNC

 さてこれから デル Inspiron Zino HD に KVM を インストールする前に、サーバーとして運用するので、まずは VNC を 仕込んでみることにしました。
 で、いろいろ調査の結果、以下の方法でできました。

 まずはパッケージのインストール
> sudo aptitude update
> sudo aptitude install xinetd vnc4server
 次に /etc/services を編集しして以下の一行を追加します。
xvnc       5900/tcp        # VNC Server
 次に /etc/xinet.d/xvnc として以下の内容のファイルを追加します。
service xvnc
{
        disable         = no
        socket_type     = stream
        wait            = no
        user            = nobody
        server          = /usr/bin/Xvnc
        server_args     = -inetd -geometry 1024x768 -depth 16 -once -query localhost -securitytypes=none
}
 最後に /etc/gdm/custom.conf として以下の内容のファイルを追加します。
[xdmcp]
Enable=true
DisplaysPerHost=2
 以上の追加、修正が終わった時点で再起動すれば、 無事、VNC クライアントから 接続できました。
# 使ったクライアントは UltraVNC
## xinetd と gdm を再起動すれば OK というように記述してあるところもありましたが、 うちでは再起動しないとだめでした。。。

 前に他のディストリビューションでやった時はもっと苦労した記憶があるけどなぁ…
 まぁできたのだからこれでよし! 次こそは KVM 行ってみようか!!
Posted on Jan 06, 2011 at 23:31

Microsoft Touch Mouse

「 Microsoft 、マルチタッチ対応の無線マウスを開発」 ~Windows 7でウィンドウ操作が容易に ( PC Watch より)

 Arc Touch Mouse をおあずけしといてよかった (^^;

 Windows 7 にマルチタッチ機能が実装されているとは言っても、 タッチディスプレイもなければ、 Magic TrackpadMagic Mouse のような対応したタッチパッドもないので、 まったく活用の場がないわけです。
 Apple のスティーブ・ジョブズ 氏が言うように、 そもそもタッチインターフェイスが、通常、人間に対して平行に位置するディスプレイに実装されていても、 マルチタッチのオペレーションには不向きだとも思います。
Apple Magic Trackpad MC380J/A
( アップル )
¥ 9,800
Apple Magic Mouse MB829J/A
( アップル )
¥ 11,800
 今回、発表された Touch Mouse は 2011 年 5 月米国発売予定で、 推奨小売価格は 79.95 ドルと少々お高めなのと、日本はいつになるのかが気になりますが、 これで Windows 7 のマルチタッチインターフェイスが 活用できるようになるかもしれないのであれば、手を出さざる得ないでしょう (^^)

 長らくうちのメイン PC のマウスの座を占め続ける Natural Wireless Laser Mouse 6000 を いよいよ引退に追い込むか…日本での発表、発売が楽しみです。
Posted on Jan 05, 2011 at 00:06

2010 年に使ったおすすめ iPod touch (でも使える)アプリ

 第四世代 iPod touch購入して から、容量にも余裕ができていろいろとアプリケーションを試すことができました。
 そんな中で 2010 年、インストールして利用したアプリケーションをご紹介。 まぁ iPhone/iPod touch の ヘビーユーザーなら周知のアプリばかりかもしれませんが…
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
¥ 33,000
TweetMe
 言わずとしれた最強の呼び声高い Twitter クライアント。
 TwitBirdHootSuite などいろいろ使ってみましたが、 多機能でありながら軽快かつ安定感もあり、 他の Twitter クライアントと比較して 頭一つ抜けています。
 Adobe AIR登場するらしい ので、そちらも是非試したいと思います。
ATOK Pad for iPhone
 ATOK を名乗って単体アプリって…と最初は思いましたが、 使い始めてみると意外に便利。 というか、使い込めば使い込むほど、iPod touch 標準の 日本語入力の今ひとつ感をひしひしと感じるようになります。 というか ポメラ より賢いと思えるってどういうこと? って感じです (^-^;
 先述の TweetMe と連携できることもあって、 普段は投稿用 Twitter クライアントが主な用途ですけど… (^^;
foursquare
 便利って類のアプリケーションではないんですが、 流行にのって、位置情報系サービスを嗜もうかと思って使い始めると、 意外に楽しく便利。
 Check-in するのはもちろんですが、自分のいる近辺にどんなお店などがあるかなど、 初めて訪れる場所で検索したりして使っています。
麻雀格闘倶楽部 touch
 ほとんど iPod touch でゲームはしないのですが、 移動時間やちょっとした待ち時間に気軽にできるテーブルゲームは少しやります。
 代表格は数独や麻雀なんですが、麻雀と言えば無料アプリで iPad でも人気の「麻雀 雷神」があり、 これも十分なクオリティーで楽しめますが、 この 麻雀格闘倶楽部 touch は さすがに安くはない有料アプリだけあって凄い。
 オンライン対戦は 30 日ごとの追加料金が必要ですが、 CPU 対戦でも十分に楽しめるクオリティーで、 DS麻雀格闘倶楽部 と 遜色ありません(すみません言い過ぎかもしれません (^-^; )。
 アミューズメント版と連携とかできたりするので、 これにはまる人もいるのではないでしょうか?
ポケテナ
 Pocket WiFi 使いの人以外には関係ないアプリです (^^;A
 Pocket WiFi は便利なんですが、 場所によっては繋がりにくかったり、繋がるか繋がらないか判断がつかなかったり。 基本、WiFi 接続可能な状態にしておいて鞄なり服の胸ポケットなどに突っ込んでいるので、 電波状態など確認するためにいちいち取り出すのは面倒で、 これなら iPod touch で手軽に確認できます。
 今後のバージョンアップでバッテリー残量の確認ができたり Pocket WiFi の WiFi をオン・オフできるようになれば さらに便利かも…期待してます。
 あまりあれこれ手を出すタイプではないので、 あまり知られていないアプリを発掘してくることはできないですが、 64GB もある容量を有効に使うためにも、 今年も気が向いたときにでもいろいろ試してみたいと思います (^^)

「 Twitter クライアント『 TweetMe AIR 版(仮称)』 12 月にリリース」INTERNET Watch より)
Posted on Jan 04, 2011 at 00:12

デル Inspiron Zino HD に Linux をインストールした

 いきなり困りました。
 デル Inspiron Zino HD への Linux インストールを試みたわけです。 選んだディストリビューションは Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx) 。
 CentOS も考えたのですが、 1TB HDD を四発装填した CG-HDC4EU3500 を USB で繋いだときに容量を正確に 認識しない と言う問題もあり、また 6 も登場前ということもあって見送りました。
 まぁ正直、AMD Athlon II X2 P340 + 880G の組み合わせなら どれを選んでもそんなに手こずることもないだろうと高をくくっていました。  ところがどっこいしょ。
 Ubuntu 10.04 LTS の インストールが終わったところで、ネットワークインターフェイスを 一つも認識していないことに気がつきましました。
 これでは KVM (Kernel-based Virtual Machine) のインストールどころか、 パッケージのアップデートすらできません。
 おまけにそこらかしこのメニューも英語になってるし… orz

 おそらくネットワーク I/F を認識していないことが原因だろうと、 その後、CentOS 5.5 Live CD や Debian 5.0.7 ネットワークインストールなども試してみましたが全滅。

 調査の結果、ネットワーク I/F が Atheros Communications AR8151 とわかったので、 こちら からドライバーをダウンロードして、 コンパイル(インストールが終わった段階でコンパイルはできました)します。
 適当なディレクトリに展開して make → sudo make install してから再起動すると、 ネットワーク I/F を認識するようになりました。
 この後、(大量の)パッケージアップデートをかけると再びネットワーク I/F を認識しなくなりましたが、 もう一度、ドライバーをインストールして再起動してやると問題なく動作するようになりました。

 これも後になって調べてわかったのですが、以下のように dkms というパッケージを導入してから make してやると、カーネルが更新されたときに ドライバーの再インストールはいらなくなるようです。(未確認)
> sudo apt-get install dkms
> sudo make dkms
 これで何とか Linux の導入クリアー (^^)/
 次は KVM の導入。。。 また今回も先は長そうです… orz
Posted on Jan 03, 2011 at 12:21

IDEOS と Pocket WiFi S の発表で考える iPhone の存在意義 #3

 世界で大人気の iPhone ですが、なぜここまで強いのか?
 Android が iPhone のシェアを抜いたと言う話も聞きますが、 それは Android を採用する端末全部をカウントしたらと言う話です。 単体機種では、最新機種である iPhone 4 にかなう機種はないですし、 こと日本に限ればまだ iPhone が圧勝の状態です。

 しかし、 ソフトバンク も努力は続けているようですが、 より回線品質のよいキャリアは他にもありますし、 Android プラットフォームで使えるアプリケーションの数も日に日に増加しています。
 日本という局地に限れば iPhone と言うハードウェアより高機能な端末は今後、 徐々に増えてもくるでしょう。
 それでも iPhone に勝てる兆しがなかなか見えてこないのはなぜでしょう。

 それは時間の問題だと言う人もいるでしょうが、 実際には早々簡単にはひっくり返らないと思います。 それは iPhone がマジョリティーだからです。
 ネットビジネスの世界では「マイナリティーはマジョリティーに勝てない」とは よく言われる話ですが、特に日本人はシェアの原理に弱い傾向にあるので、 隣の人が iPhone を持っていれば自分も iPhone でなければならない… 一度この原理が働くと日本では簡単にはひっくり返りません。

 iPhone が強いのは「垂直統合」のビジネスモデルを確立しているからだと言う話は Apple 自身もするよく聞く話ですが、 本当に強いのは、アプリケーションからメディアコンテンツまで 世界最大級の販路をもって、それ専用の端末を自身のみが製造している部分です。
 3G 回線そのものは Apple が提供しておらず、 各国のキャリアが提供している状況にもかかわらず、 テザリングという武器を捨てて、 そんな強い相手の土俵にわざわざ出向いて負けているような気がするのです。
 事実、米国で徐々に Android がシェアを伸ばしている理由の一つは、 iPhone でパンク寸前と言われる AT&T の 回線しか使えないということでしょう (事実、近い将来、Apple は米国で他のキャリアに iPhone を解放するという話は尽きませんし、 日本以外で販売されている iPhone は SIM フリーです)。

 本当に残念ですが現状日本の三大携帯キャリアから発売されている Android 端末で テザリング機能が使える製品はありません。 理由は明確です。そのテザリング機能を使って接続される「かもしれない」 PC と言うデバイスは、各端末に与えられた帯域いっぱいを使い続ける「かもしれない」 からです。
 はっきり言って「ブロードバンド社会を実現してみんなでハッピー」なんて話は 携帯キャリアが、いやすべての通信事業者かもしれませんが、 作り出した宗教の説法のようなもので、 実際の理想のユーザーとは使いもしない高額な回線契約をして 黙々と月額費用を払い続けてくれるユーザーであって、 用途を通信事業者が縛りきることのできない PC などというデバイスは 正直、消えてなくなってほしいとすら思っているかもしれません。
 冷静に考えると端末が勝手に帯域を食い尽くすのではなく、 ごく一部のユーザー意図的に食いつぶしているのですが、 この通信事業者の根幹にある PC のような通信帯域を食い尽くすかもしれない デバイスへの一方的な嫌悪感が、 少なくともこの日本で iPhone の独走を許している 最大の原因ではないかと思うのです。

 あかん。話が長くなりすぎて IDEOS/Pocket WiFi S まで話を戻せんかった orz
 …と言うことで、次回で締めますこの話題 (^^;
Posted on Jan 01, 2011 at 00:04

あけましておめでとうございます 2011

 新年明けましておめでとうございます。
 なんてことをもう 7 年もやってんですね。。。我ながらよくやります > このブログ

 今年で丸七年やってるわけですが、大して発展もしない ブログにおつきあいいただく方々にはほんと感謝の言葉もないです。
 もう、そうですね、あと三年くらいは絶滅危惧種 blosxom で ブログを続けてみようかと思いますので、これからもおつきくださいますようよろしくお願いします。

 このブログ を ごらんいただく方に幸多いことを願って、今年も一年いってみましょうか! (^^)/