Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Feb 28, 2013 at 21:16

WebKit と Gecko と Trident と

「 Microsoft 、Windows 7 向け『 Internet Explorer 10 』をついに公開」
「 Opera 、ブラウザーエンジンを“ WebKit ”“ V8 ”へ移行する計画を明らかに」
(以上、 窓の杜 より)

 Internet Explorer の 10 がリリースされる一方で、 Presto エンジンの開発リソースを削減し、ユーザーインターフェイスやそのほかの機能の充実に集中するという理由で、 Opera のレンダリングエンジンは WebKit に置き換わるそうです。

 ウェブコンテンツを作る側にしてみれば、 WebKit や Gecko やと表示確認する手間が減るという側面もあるとは思います。
 表示の問題だけではなく JavaScript などプログラム的な問題もあるわけで、 レンダリングエンジンだけでなく、ブラウザというアプリケーションの開発コストは 確かにかさむ一方です。

 ただ、現状のウェブアプリケーション隆盛の根幹を支える HTML を支えるテクノロジとして、それでいいのかなとは漠然と疑問に思います。

 かくいう自分はすでに WebKit と Gecko くらいしか、使っていないんですが… (_ _;>

 その昔、どんどん肥大化していったオペレーティングシステムが徐々にその種類を減らしていったように、 今まさにブラウザが同じ道をたどっているような気がします。歴史は繰り返すと言うことでしょうか。
 だとすると、この先ブラウザがたどる道は… この妄想は長くなりそうなので、また今度にしましょう w

Posted on Feb 24, 2013 at 20:03

ニコン D7000 の後継機ではない D7100

「 ニコン、光学ローパスフィルターレスの『 D7100 』」デジカメ Watch より)

 自分の腕を棚に上げ、 ニコン D60 の 限界説を唱えて f^^; 、ここ1、2年。。。 DX フォーマットの上位機種を…と、 D7000D300S の 後継機を首を長くして待っているのに、 発売されるは FX/CX フォーマットの機種ばかり。。。

 やっと出ました DX フォーマットの 日本では現行製品の最高位モデル D7100  が、しかし、D7000 の後継機種ではないそうです orz > D7100

 ローパスフィルターを搭載しないモデルで、 D800/D800E のように、 ローパスフィルターを搭載した兄弟機は発表されませんでした。
 その上で、D7000 の後継機ではない。。。

 ???理解不能???

 どう解釈していいものか?
 D7100 はスペック上、 D7000 の流れをくんでいることは明らかで、 これが後継機ではないというのであれば、 「後継機」を名乗るローパスフィルターを装備したモデルが 後を追って登場するという解釈でいいのでしょうか?

 D800/D800E の時は、 発表は同時で、ローパスフィルター搭載モデルが先に登場し、 その後にローパスフィルター非搭載モデルが登場しました。
 人気で生産が間に合わないと悲鳴を上げたことを思い返してみると、 ローパスフィルターの有無で大部分同じ部品を使う機種をほぼ同時期に出したことが、 供給不足に拍車をかけたように思われ、 加えて非搭載機の方が人気だったように思えます。  同じ轍は踏まない。。。だから D7100 が先にでる?
 D7000 後継ローパスフィルター搭載機も出るの?
 D300S クラスの後継機は?
 えー! DX フォーマット機はもう弾数撃たないってことないよね。。。 (T-T)

 悩みが深まり悶絶寸前 f^-^;;;
 いや、どストライクな DX フォーマット機が今出てきても、先立つものはないんですけど o...rz

「 ニコン、有効3,630万画素のフルサイズデジタル一眼レフ『 D800 』」 ~“ローパスフィルターの効きをなくした”「 D800E 」も
「 ニコン、『 D800 』の供給不足を予想。想定上まわる予約で」
「 ニコン、『 D800E 』の供給不足を予告。予想を上回る予約数で」
「 ニコン、『 D800 』『 D800E 』の品薄を告知。予想を超える予約のため」
(以上、 デジカメ Watch より)
Posted on Feb 21, 2013 at 23:01

SSD でパワーアップ!: Intel Smart Response Technology

 さて、Intel Rapid Start Technology の設定も終わったし、 いよいよ本命の Intel Smart Response Technology の設定です。

 とはいっても、SSD をハードウェア的に認識して、 SerialATA(SATA) の設定がちゃんと「 RAID 」で Windows 7 が動作しているのであれば、 設定は至って簡単です。

 ましてやうちの場合、RAID1 でミラーリングした HDD へインストールしてありましたので、 Intel Rapid Storage Technology Driver もすでに導入済みで、 タスクマネージャーに常駐している Intel Rapid Storage Technology を起動すれば、 あとはここから「高速の有効」化を設定するだけ。
 キャッシュメモリとして使う容量も設定する必要がありますが、 Intel Rapid Start Technology で使用する 8GB をのぞき全容量を割り当てるのも、 「カスタム」で指定する容量がすでに残り容量になっていましたので、 「最速モード」(これはお好みで)を選んで OK を押下すれば完了です。

 うちではすべての設定が終了して以下のような状態になっています。
Image:20130219SSDPowerUp.jpg
 再起動しても一度目はそんなに速度は変わりませんが、 二度目からキャッシュが効き始め、二度目以降は半分から 2/3 くらいしか 起動時間がかからなくなります(実測したわけではありません m(_ _)m )。
 これは Intel Smart Response Technology の導入レビューでよく見る話ですが、 実際の恩恵は起動時の速度ではなく、通常使っている時の各個アプリケーションの起動、 レスポンス、至る所がきびきびと動くようになってきます。
 下手に CPU パワーを上げたり、無駄にメモリ容量を増やすより、 ずっと実感できる速度というより俊敏さが得られます。
Image:20130216beforeSSDPowerUp2.jpg
 うちのように RAID1 で HDD をミラーリングして信頼性と容量を確保し、 かつ最低限の容量の SSD と Intel Smart Response Technology の導入で SSD の速度の恩恵も享受することができ、 「低コスト」「高速」「高信頼」「大容量」という今望みうる最高のストレージ環境を得られる パワーアップ手段と言えるでしょう。

 超おすすめです (^^)b Ellinikonblue.com Weblog
「 SSD でパワーアップ!その前に 」
「 SSD でパワーアップ!: Intel Rapid Start Technology 」
Posted on Feb 20, 2013 at 20:24

Nexus 7 に Wedge Mobile Keyboard 再チャレンジ

「 Android 4.2.2 アップデート、一部の Nexus 端末に OTA 提供開始」Engadget 日本版 より)

 やっとうちの Nexus 7 にもきました Android 4.2.2 のアップデート通知! (^^)/
 早速、アップデートしました。 待ちに待っていた理由は、先般、残念な結果に終わっていた Nexus 7 での マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 利用の再チャレンジ。
Image:20130209WedgeMobileKeyboard3.jpg
 前回、残念な結果に終わっている理由は以下の通りです。
  • Wedge Mobile Keyboard は日本語レイアウトなのに、 Nexus 7 は英語レイアウトでしか認識してくれない。
  • Bluetooth の接続が不安定で、キーをたたいたときに入力が リピートされてしまうことが(頻繁に)ある。
 実はあの後調べて、標準状態の Andorid にはない日本語レイアウトを追加することができることが わかったこと。 そして、今回の内容が判然としない 4.2.2 のアップデートではありますが、 Bluetooth まわりのバグが改善されているという情報を知っていたことで、 無事、アップデートができた暁には速攻で Wedge Mobile Keyboard を 再度試してみようと、指折り数えて待っていたわけです。

 そして、 OTA 提供のニュースを聞いてはや 9 日。。。 (T-T)
 速攻、アップデートを実施! 日本語 106/109 キーボードレイアウト もインストール!!

 完璧! (^^)b
…って言いたかったんですが (^^;A 、キーボードレイアウトの問題は解決されましたが、 まだごくまれにキーリピートが起こります。
 お、惜しい。。。 orz

 しかしながら、 4.2.1 の時と比較するとかなりな改善がみられます。
 以前のおすすめ度が 30% なら、これなら 70% 以上ってところで、 非常時と割り切らなくても、かなり日常的に使ってもいいかなと思うレベル。

 いいぞ!> Android
 いいぞ!> Google
 あともうほんの少し頑張れ d(^^;> 「 タブレットやスマホと相性がいいマイクロソフトの無線キーボード&マウス 『 Wedge Mobile Keyboard 』と『 Wedge Touch Mouse 』を使ってみた」GIGAZINE より) Ellinikonblue.com Weblog 「 Nexus 7 に Wedge Mobile Keyboard 、万人にはお勧めできません」
Posted on Feb 19, 2013 at 20:58

SSD でパワーアップ!: Intel Rapid Start Technology

 ハードウェア的に Intel SSD 330(60GB)増設は 完了したので、いよいよ設定に入ります。

 まずは Intel Smart Response Technology(ISRT) 前に、 Intel Rapid Start Technology の設定から入ります。
 Intel Rapid Start Technology は、スリープ時のメモリ内容を SSD に書き込み、 通常よりさらに消費電力の低い状態に遷移しながら、復帰時も瞬時に起動させる技術です。
 プライマリパーティションに設定した方が良さそう( or そうしなければならない?)なので、 先にこちらを設定しました。  まずは、コマンドプロンプトを「管理者として実行」します。
# メニューからコマンドプロンプトをと選んで右クリックから「管理者として実行」を選びます。

 開いたコマンドプロンプトで diskpart(.exe) を実行します。
 それからまずはつないだ SSD のディスク番号を確認し、パーティションを新たに作成します。
diskpart> list disk
(接続されているディスクがリストアップされます)
diskpart> select disk 0
diskpart> convert gpt
diskprat> create partition primary size=8192
 上記は、新たにつないだ SSD がディスク 0 番として、 これを GPT で初期化( MBR で初期化されいる場合はコンバート)し、 8192MB(8GB) のプライマリパーティションを作成する場合です。
 Intel Rapid Start Technology の場合、スリープ時にメモリの内容を待避するための 容量を SSD 上に確保する必要があるので、確保するプライマリパーティションのサイズは メモリサイズと同サイズ以上でなければなりません。

 さらに
diskpart> detail disk
( SSD 内のボリュームがリストアップされます)
diskpart> select volume 5
diskpart> set id=D3BFE2DE-3DAF-11DF-BA40-E3A556D89593
diskpart> exit
上記のように作成したパーティションに ID を設定して diskpart(.exe) を終了させます。
 この後、一度 PC を必ず再起動してください。

 再起動後、 Intel Rapid Start Technology のセットアップファイル実行すると、 タスクマネージャーに「 Intel Rapid Start Technology Manager 」が常駐するようになりますので、 これを起動して設定すれば完了です。
Image:20130216SSDPowerUp.jpg
 タイマーを 10 分に設定すれば、 PC がスリープに入って 10 分たつと メモリの内容を SSD に待避して、さらに省電力な状態に遷移します。
 この状態でキーボードのキーを押すなりすると、数秒で復帰するようになります。 もともとスリープ状態からの復帰はかなり早かったですが、それが半分くらいになった印象です。

 これで Intel Rapid Start Technology の設定は終了。
 さていよいよ次こそは Intel Smart Response Technology(ISRT) を設定しますかね d(^^)

マグマ大使の道具箱 「 P8H77-M PRO の Intel Rapid Start Technology 設定」
Ellinikonblue.com Weblog 「 SSD でパワーアップ!その前に 」
Posted on Feb 16, 2013 at 19:02

SSD でパワーアップ!その前に

 さて、とうとう手に入れました Intel SSD 330(60GB) (リテール版)、開封して取り付けです。  デスクトップへの取り付けなので、ひとまず開封後、マウント金具を取り付け、 3.5 インチ(シャドウ)ベイに固定しました。
Image:20130216beforeSSDPowerUp1.jpg
Image:20130216beforeSSDPowerUp2.jpg
 また、うちでは HDD はもともと SerialATA(SATA) 3Gbps 対応ポートに取り付けており、 今回、 SSD は 6Gbps 対応ポートに取り付けています。
 ASUS P8H77-M PRO は、 H77 チップセットから延びる 6Gbps に対応する SATA のポートが 2 ポートしかありません。 SSD のパフォーマンスをフルに発揮し、Intel Rapid Start Technology/Smart Response Technology を 利用するにはできるだけ広帯域の、かつチップセット直結のポートに接続する必要があります。

 さて、いよいよ起動です。
 まず BIOS 設定画面を起動して、 Intel Rapid Start Technology を「有効」にします。
 P8H77-M PRO の場合、 アドバンスドモードで「詳細」の「サウスブリッジ」以下にあります。 いくつか設定項目が表示されますが、ひとまず「有効」にだけしておけば OK のようです。

 うちでは RAID1 でミラーリングしている HDD でシステムは稼働しているので、 すでに SATA の設定は「 RAID 」になっていましたが、 Intel Smart Response Technology(ISRT) を有効にするためには、 SATA の設定は「 RAID 」にしておく必要があります。
# 「 AHCI 」とかでインストールしてしまっている場合の対処方法などはあるようですが、 ここでは割愛します。

 ここで、つないだ SSD がちゃんと認識されているかも確認しておきましょう。
 以上の作業、確認が終了したら BIOS の設定を保存して再起動します。

 ひとまず、これまで稼働していた Windows 7 も無事起動。 OS 側からも増設した SSD はしっかり認識されているようです d(^O^;

 それでは、まずは手始めに Intel Rapid Start Technology から設定していきましょうか (^^)b

Ellinikonblue.com Weblog
「 Intel Core i5 3450 + ASUS P8H77-M PRO 」
「 Intel SSD 330(SSDSC2CT060A3K5) を手に入れた! 」
Posted on Feb 15, 2013 at 23:22

Intel SSD 330(SSDSC2CT060A3K5) を手に入れた!

 Intel 製 SSD を手に入れました。
 おまけでついてきたとか、ポイントで手に入れたとかではなく、 今回はちゃんとお金を払って f^^;
# 楽天 ポイントが雀の涙ほどあったので 若干割安で入手しましたけど…
Image:20130213IntelSSD330.jpg
 年末に自宅のデスクトップを Intel プラットフォームに 移行し、安定して稼働しているので、そろそろプラットフォームを移行してまで試したかった Intel Smart Response Technology(ISRT) を導入するため、 年明けに SSD の購入を考え始めました。

 年末年始に無駄遣いが過ぎたがための資金不足で購入を躊躇していると、 あれよあれよと円安が進み、最初は 520 シリーズの 60GB モデル (SSDSC2CW060A3K5) を考えていたのですが、 為替を反映して値上がりしてしまい、結局、 330 シリーズの 60GB モデル (SSDSC2CT060A3K5) にしました。
 世の中、値下がりは遅々として進まず、値上がりは火のごとくというのが、 当たり前だと言われればそうなんですが、ある意味、無念です orz  ですが、まぁ極端な性能差はない(と願っている f^^; )と思うので、 週末、いよいよパワーアップにチャレンジです。

Ellinikonblue.com Weblog
「 Intel Core i5 3450 + ASUS P8H77-M PRO 」
「 SSD(Solid State Drive) を一台所望する」
Posted on Feb 15, 2013 at 00:06

NUC キット DCCP847DYE が 19,800 円ですと!

「 NUC の小型 PC キットに廉価版、 Celeron 搭載で 19,800 円AKIBA PC Hotline! より)

 先般、かなり心を揺さぶられた Intel 純正 NUC 採用 超小型 PC キット DC3217IYE ですが、 何とか踏みとどまっているところに Celeron 847 を採用した 廉価版キット DCCP847DYE が発売されました。

 この DCCP847DYE に搭載される Sandy Bridge 世代の Celeron 847 は、 Intel VT-x with Extended Page Tables(EPT) 対応で、 すなわち、これで Windows 8 でクライアント Hyper-V を 動作させることができます。
# 相変わらず Windows 8 は Hyper-V のハイパーバイザーとしか思っていません f^^;

 19,800 円か…メモリと SSD 入れても 30,000 円、高く見積もっても 40,000 円で片がつくな…と、 また不埒なことに考えが及ぶ次第… f^^;

 ただ、うちの Shuttle X27D 、 元気だし、デル Inspiron Zino HD もあるしなぁ…
 どう考えても今のところ自分には必然性というか、必要性がない (^^;;;

 でも欲しいなぁ…なんか自分を納得させられる理由ないかしら (^O^;A Ellinikonblue.com Weblog 「 Intel 純正 NUC 採用超小型 PC キット DC3217IYE がそこはかとなく欲しい」
Posted on Feb 12, 2013 at 19:29

Nexus 7 に Wedge Mobile Keyboard 、万人にはお勧めできません

 先般、入手した マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard ですが、 Google Nexus 7 に繋いで使ってみました。
Image:20130209WedgeMobileKeyboard2.jpg
 入力効率に関しては、劇的な改善が得られます。 実際、このエントリーの大半を Wedge Mobile Keyboard を繋いだ Nexus 7 で書きましたが、 少なくともキーボードなしと比較して、圧倒的に効率的です。  ただし、いくつか問題が…
 うまく設定されていないためかもしれませんが、 今回買った Wedge Mobile Keyboard は 日本語キー配列なのですが、どうも Nexus 7 は 英語配列のキーボードとして認識しているようです。
 幸い英語配列をある程度、記憶しているので、個人的には 全般的な入力効率の向上による恩恵の方が大きいですが、 世間一般の人にはお勧めできかねます。

 あともう一つ、Bluetooth の接続がいまひとつ安定しません。
 これはどうも Wedge Mobile Keyboard の問題ではなく、 Nexus 7 側の問題らしいです。
# 4.2 になって不安定になったという記事をよく見る。。。

 Wedge Mobile Keyboard それ自体は、 ありえんくらい小さいカーソルの上下キー以外は、 このコンパクトさにあって非常にタイプしやすいキーボードだと思います。
 もう普通に慣れました (^-^)v

 手元にあるコンパクトさに惹かれて買った ロジクール ワイヤレスタッチキーボード K400マイクロソフト Arc Keyborad と 比較しても、Wedge Mobile Keyboard が 個人的には一番タイプしやすいです。

 まぁ確かにカバー部分は重いですが、「これがあっては持ち歩けない」って、そりゃ盛りすぎ。 どんな育ちがいいねん!って感じです。

 あと Wedge Touch Mouse もつないでみましたが、 Nexus 7 が認識するとカーソルが出てきて、 普通に使えました。 キーボードがあるときは一緒に使うと、ノート PC 感が増します。これは素直におすすめ (^^)b

 結論としては、Nexus 7 (約 340g ) + Wedge Mobile Keyboard (カバー込み 約 462g ) < MacBook Air (約 1.35kg )だし、 非常手段として十分に使えるかなという気がします。 ただ個人差はあるでしょう。特に英語配列キーボードって何じゃ!って人にはお勧めしません。
 これがあれば、 MacBook Air いらん!ってほど、 使い勝手がよければ MacBook Air の立場もないし、 ちょうどいいのかな? f^^;
Image:20130209WedgeMobileKeyboard3.jpg
 もちろん、Nexus 7/Android のアップデートで もっと使い勝手が向上することは、切に望みますけど。
Posted on Feb 11, 2013 at 20:33

第 6 世代 iPod nano がそのまま腕時計になればそれで O.K.?

「 アップル、曲面ガラス採用の iOS スマートウォッチをテスト中?」Engadget 日本版 より)

 第 6 世代の iPod nano が Bluetooth を搭載して、 そのまま腕時計になるなら買ってもいいな。。。その際はメモリは 32GB 積んで欲しい。

 実際に 第 6 世代の iPod nano を 腕時計にするガジェットもありますしね。
 ただ Bluetooth がないので、腕にしてイヤフォンつなぐと不便きわまりないので、 Bluetooth さえあれば…
Apple iPod nano 8GB ブルー MC689J/A
( Apple Computer )
¥ 19,786
 ちょっと前から Android ベースの i'm Watch って商品が気になっていたのですが、 日本では発売されていませんし、今あるスマートウォッチって なんかどれもいろんな意味で中途半端なような気がして…

 商品のポジショニングが微妙になってる今の iPod shuffleiPod nano より 腕時計が iPod 、いけると思うなあ… (^^;

「 Android ベースの OS 搭載時計『 i'm Watch 』」ケータイ Watch より)

Ellinikonblue.com Weblog 「 年に一度の iPhone 祭りのあと: iPod nano/shuffle 編」
Posted on Feb 11, 2013 at 10:22

マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard

 マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard 手に入れました!
 Office 2013 を手に入れる過程で おまけ的に手に入れた Wedge Touch Mouse とで マイクロソフト Wedge シリーズそろい踏み (^^)/
Image:20130209WedgeMobileKeyboard1.jpg
 実はこの Wedge Mobile Keyboard も うちの奥さんが PC 買い換えるってんで、 MacBook Air に乗り換えた後、 野ざらしになっていた VAIOソフマップ 下取ってもらったら、 思いの外、高額で引き取ってもらえました。
 そのお金は新品の PC 購入の足しにして、買った PC につけてもらったポイントで、 今回、Wedge Mobile Keyboard を手に入れました。
 ので、またもやノー現金で手に入りました (^O^)/
# 最近、こういうわらしべ長者的なアイテム入手が非常に増えているような気がする… f^^;  さて、早速、Nexus 7 につないでみるかな。。。
 おお! Bluetooth だし、 MacBook Air では使わないと決めた Wedge Touch Mouse もつないでみるか! (^^)b
Image:20130209WedgeMobileKeyboard2.jpg
 さぁ Nexus 7 での使い勝手は…楽しみです (^O^)
Posted on Feb 10, 2013 at 23:18

タカラトミー オートミー S めっちゃほしい

 見た瞬間、来ました (o^^o)
 欲しいです> オートミー S  ちっちゃい ルンバ みたいな製品で、 Nexus 7 や S III αを充電してる最中に ちょっと動かしておくにはいい!! (^^)b

 タカラトミー の製品には、 衝動的に突き動かされるものが多いですが、これは買う!
 どさくさに紛れて一緒にまだ買ってない テレビの手 もまとめて買っちゃろか。。。 f^O^;

 えーっと。ちょっとまてよ。。。 冷静になって、直近で買いたいものを優先順位をつけて整理しておくと。。。
  1. ChargePad
    # MEDIAS PP N-01D を下取りに出したため、Qi 対応の充電用パッドが今手元に一つもない…
  2. 自宅デスクトップ用の SSD
  3. マイクロソフト Wedge Mobile Keyboard


あかん、なんかきりがなさそう orz

 発売はまだちょっと先 (3/28) みたいだし、じっくり、そして今回は確実にいこか… (^^;
テレビの手 オレンジ
( タカラトミーアーツ )
¥ 750
Ellinikonblue.com Weblog 「 『テレビの手』<これ欲しい! 」
Posted on Feb 10, 2013 at 10:46

ドコモ GALAXY S III α SC-03E :第二次スマートフォン革命

 一昨年の年末、 ドコモ MEDIAS PP N-01D (以下、 N-01D )に機種変して、 それまで iPod touch で細々と使っていたアプリケーションが、 常にネットワークリーチャブルな環境で使える便利さが先に立って、 多少のパワー不足には目を瞑れました。
 また、まわりは一日持たないバッテリーで四苦八苦という頃で、 バッテリーの容量だけは一人前以上の機種であったので、 最低限のことは N-01D 一つでこなせることようになったことで、十分な導入効果がありました。

 ただ今回、Android 4.0/Xi(LTE) でデュアルコア以上が普通になり、 バッテリーの容量も十分以上に大きくなった GALAXY S III α SC-03E (以下、 S III α)の世代に機種変して、 またもや「革命」と呼べる変化があったように思います。

 N-01D の頃と比較して、 S III α で何か特段違うことをやるようになったことはありませんが、 立て付けの悪いドアがあるだけでも便利だったのが、それが自動ドアになってもっと便利に。。。 そんな感じです。スマートフォンってほんと便利だということを改めて噛みしめています。
 バッテリーの持ちが悪い Android 2.3.x 世代のシングルコアで メモリも 1GB に満たない非力な端末をお使いであれば、 多少無理してでも、今の世代の端末に機種変する価値は十分にあると言い切れます。

 単にマシンパワーだけの話ではなく、 Xi や WiFi での高速な通信速度に N-01D がついて行けていなかったこともよくわかります。 Xi で早くなるのは当然ですが、明らかに WiFi 環境下でもさくさく感が増しました。
 むろん、N-01D もIEEE 802.11n 対応でしたが、 流入してくるデータ量を処理しきれないほど非力だったのでしょう。
 しかし、それでいてバッテリーの稼働時間にそれほど大きな差は感じられません。

 また使い勝手においても、 穴という穴を全部ふさいだ上で、イヤフォンジャックすらなくしておいて 防水機能付きを豪語していた N-01D に対して、 防水でなくてもイヤフォンジャックもある S III αの方が、個人的にはいいです。

 その他にも…
  • 端末上端の電源ボタンしかなかった N-01D に対して、 S III αは右側面にあり、その上で物理ボタンも前面にあるところが超 Good! (^^)b
  • ディスプレイが大きい分、端末も大きいように思いますが、薄さは S III αが上なので、 取り回しにくさは今のところない
    # ただし、私個人は手が小さいの片手での操作に少々無理が出てきました orz
  • さまざまなアプリケーションをインストールして使っていますが、プレインストールされたものに限らず、 異常終了をしたことなどほとんどありません。 N-01D の頃は毎日一度は再起動してましたが、S III αになってからはこの習慣もなくなりました。 安定感超抜群!
  • S III αには電源ボタン長押しで出てくるメニューの中に「再起動」って選択肢があるんです。 まだ一度しか使ったことがないですが超便利 (^^)b
  • カメラ性能は日本製の方が…という思い込みがありましたが、明らかに S III αの方が上。 簡単にきれいに撮れます。
    # まだ少々なれないためかフォーカスが決まらないですが… orz
  • S III と外見は全く同じなので、そもそもシェルカバーなどアクセサリ類が多いことに感動 (T-T)
 今んところ、N-01D が完全に上回っているところは 「おくだけ充電対応」とストラップがつけられることぐらいでしょうか? f^^;A

 今回は無理して S III αにしたために二年縛りを受けましたが、 これならこの縛りがとけるまでの二年間、きっと大事に使っていられると思います。。。 たぶん (^^;A 。。。きっと (^-^;;;
Image:20130126GALAXYS3alpha1.jpg
Ellinikonblue.com Weblog 「 ドコモ MEDIAS PP N-01D の使い勝手」
Posted on Feb 09, 2013 at 17:27

MacBook Air にシンプルなマウスは必要ない論

 マイクロソフト から Office 2013 が発売されましたが、 これを無償アップグレードで手に入れようと、 年末に 2010 を買ったときに、Wedge Touch Mouse 付きの 特別パッケージがあって、反射的にこちらの方をポチりました (^^;A  この格安で手に入った Wedge Touch Mouse 、 自宅のデスクトップは ロジクール 製品で 固められている上に、Bluetooth マウスと言うこともあって、 MacBook Air で使い始めました。

 まず、誤解のないよう最初に行っておきますが、 デザイン先行のイメージが強い Wedge Touch Mouse ですが、 思った以上に使いよいです。
 コンパクトですし、タッチスクロールに関しても本体材質の違いからか、 タッチマウス M600 よりはずっと操作しやすいです。

 ただ MacBook Air で使ったのがまずかった orz

 タッチパッドなるポインティングデバイスは個人的にあまり好きではないのですが、 MacBook Air のタッチパッドはできすぎ。
 むろんタッチパッドなので、ドットレベルでの作業をこなすのはとても無理ですが、 それ以外では、オペレーティングシステムでサポートするジェスチャーオペレーションと相まって、 Wedge Touch Mouse のようなシンプルなマウスでは、 このタッチパッドで得られる操作性を凌駕できません。

 おまけに Wedge Touch Mouse は Bluetooth で接続するので、 電池消耗を押さえるために放っておくとすぐ接続が切れ、復帰にも時間がかかります。

 もし MacBook Air にマウスをつけるなら、 あきらめて USB の口を一つ生け贄にするかして、 パフォーマンスマウス M950 のような多機能マウスを つなぐ方がいいでしょう。

 ロジクールマイクロソフト の製品には、 Mac 向けでなくても多機能な Bluetooth 接続のマウスはありません。
 それがコンパクトかつ省電力であれば、ここ、マーケット的に「穴」だと思うな…

 個人的には、次こそは素直に Magic Mouse を 試してみようかと思っています (^^;
Apple Magic Mouse MB829J/A
( アップル )
¥ 13,688
「 マイクロソフト、より使いやすくなった新しい Office 製品群をついに発売」窓の杜 より)
Posted on Feb 09, 2013 at 10:26

Bluetooth Illuminated Keyboard K810 vs Wedge Mobile Keyboard

「 ロジクール、バックライト搭載の Bluetooth キーボード ~接続先デバイスを 3 台登録可能」PC Watch より)

 マイ Nexus 7 のために Wedge Mobile Keyboard が欲しい今日この頃ですが、 ロジクール からも Bluetooth イルミネート キーボード K810 が発売されます。
 Wedge Mobile Keyboard と違って、 「 Andorid 対応」を謳っているところが魅力。

 悩むところですが、個人的な用途としては Nexus 7 用として考えているので、 K810 が 290mm x 128mm x 14mm (幅 x 奥行 x 高さ)に対して、 Wedge Mobile Keyboard は 257mm x 101mm x 21mm と 厚みを除くと一回り小さいんですよね。

 おまけに重さは K810 が 338g (電池込み)に対して、 Wedge Mobile Keyboard はバッテリ込みで 466g ですが、重いと評判のカバーを除くと 266g と圧倒的に軽いんです。  やっぱ Wedge Mobile Keyboard かな?。。。 と、今んところ思っています (^^;
Posted on Feb 08, 2013 at 00:05

スマートフォンファーストもいいけれど

「 Instagram 、 PC でもフィード閲覧と「いいね!」やコメントを可能に」ITmedia より)

 昨今、「スマートフォンファースト」なる言葉が標語のように口にされますが、 いいんですけど、しかし、ウェブサービスである以上、 最終的に目指すべきは「マルチデバイス」であると思っています。

 気に入ってよく使うアプリケーションではあるのですが、 これまでスマートフォンでしかそのサービスを使うことができなかった Instagram が、 先般のプロフィールページに続いて、今度はログインするとフィードが 表示できるようになりました。

 いや、まだまだスマートフォンアプリに比較するまでもなく、 機能的には(圧倒的に)貧弱かもしれませんが、正しい進化の方向だとは思います。
 できれば、次は PC から投稿もできるようにして欲しいです。
# デジカメで撮った写真をいちいちスマートフォンに転送すんのめんどくさい。。。 (からやったことない (^^; )
Image:20121231InstagramProfile.jpg
Ellinikonblue.com Weblog 「 Instagram のプロフィールページができていました」
Posted on Feb 07, 2013 at 21:28

Android vs iOS ってどっかできいたことあるような話

「 2012 年 Q4 のスマートフォン世界シェア、 Android が 70% 超でトップ( Strategy Analytics 調べ)」Engadget Japanese より)
「 Android が売れるのは『良いから』じゃなくて『安いから』」ギズモード・ジャパン より)

 個人的には Android を十把一絡げで論じること自体がナンセンスだと思っています。
 iOS を搭載するスマートフォンはそもそも iPhone/iPad (mini) しかないわけで、 まぁ Android を否定しているわけではないでしょうが、 正確を期するなら、「 Android のシェア獲得には安価な端末が貢献している」とするのでしょう。

 Android は悪くて iOS は良い。
 Windows は悪くて MacOS は良い。
 もしくはこの逆。。。時代が流れてもおんなじような論述をする人って必ずいるもんです。

 Windows 機にも名機は存在し、逆に MacOS を搭載しながら残念な機種も当然ありました。
 iOS 搭載機は確かにすばらしいとは思いますが、これからもずっとそうだとは思いません。 Android 搭載機にも GALAXY や Xperia の確たるブランドを冠するに値する端末も すでに存在します。

 スマートフォンというデバイスにおいても OS とは単なる部品の一部であり、 それだけで何かが決まるという物ではもうないでしょう。
 そもそもにしてスティーブ・ジョブズが残したものは iOS だけではなく iPhone/iPad というプロダクトを残したのです。 Android がどうこうではなく、それを含む製品ごとに評価をしなければ不公平だと思いません?

 スマートフォンもタブレットも Android を使うユーザーが言っても、 説得力に欠けるとは思いますが… (^^;
Posted on Feb 06, 2013 at 20:14

あなたはどちらがお好み? Google Nexus 7 or 10

「 Google 、 2,560 × 1,600/10 型タブレット『 Nexus 10 』日本発売開始」AV Watch より)

 昨年末に、Google Nexus 7 を 購入して使い始めて気になりだしたわけでもないですが、 最近、街中でタブレットを使っている人よく目にするようになりました。

 よく目にするのは圧倒的に iPadiPad mini も、 もちろん Nexus 7 仲間もあまり見かけません。
# 大阪周辺という地方色もあるとは思います  7inch 端末を使っている者としては、 「 iPad でけぇなぁ。。。」と思うばかりで、 きっとアプリケーションによれば、スクリーンの広さ、解像度が活きてくるものもあるのでしょうが、 普段、Nexus 7 で満足感を得られているので、 きっと Nexus 10 をみても「でかっ!」という感想が先に立つでしょう。

 自宅には 13inch ディスプレイの MacBook Air もあり、 Nexus 7 もあり、 スマートフォンも持っていて、デスクトップ PC もある。。。 一般的に見れば、自分はデバイスをそろえすぎている特殊なグループに属していると自覚しているので、 自分の意見がスタンダードとは思いませんが、 Nexus 7 を取り上げられて、 再度新品の 7 と 10 、好きな方を獲れと言われれば、きっと 7 をとるんじゃないかと思っています。
Posted on Feb 05, 2013 at 21:28

Nexus7 にキーボードをつけてあげたい

 我が身の周りのガジェット環境が、近年では最も使い勝手のいいものになってきました。
 どんどん便利になっていくなぁ…世の中とか思ったりするくらいです (^^)

 スマートフォンとして ドコモ GALAXY S III α と これに Google Nexus7 を 基本装備として持ち歩き、重装備が必要なときは Nexus7MacBook Air に置き換わります。
 最軽量時は S III αだけ。
 これにオプションとして、 ソニー PRS-T2iPod touch が気分によって付け加わります。

 これで外出時に、思いついたことができずに落ち着かないなんてことはなくなりました。
 あとはゆっくり時間を過ごせる場所さえ見つければ、 どこでも時間を有意義に使うことができるようになりました。

 ただ人間というのは、贅沢に慣れるとさらにその上を欲するもので、 この環境で唯一不満なのは「文字の入力効率」です。

 ATOK Passport を契約したおかげで、 自宅の Windows デスクトップから、MacBook Air 、 S III α、 Nexus7 に至るまで、すべて ATOK で統一できたので、 Android な端末( S III α、 Nexus7 )は すべて同じ I/F になり経験値は積んでいるはずなのですが、 いつまでたってもキーボードの入力効率にはかないません。

 そんなことを考えているところで、 うかブログ さんちの うか さんが iPad mini に接続してではありますが、 Wedge Mobile Keyboard に高い評価をしていて、 世間一般的には Android では ポケモンキーボード らしいのですが、 ここは私も Wedge Mobile Keyboard を一度試してみようかと思っています。  さて、あとの問題は…今、他にも欲しい物がいろいろあって、 資金がまわらないことくらいでしょうか。。。 f^^;A

うかブログ
「 iPad mini 用の Bluetooth キーボード選びに悩んでるんだが、これにしようかと思う」
「 Bluetooth 接続キーボードの選び方、 5 つのポイント」
「 これは iPad mini の使い道が一気に増えるぞ! マイクロソフト『 Wedge Mobile Keyboard 』が超いい感じ!」
「 ブロガーは MacBook Air とかいらないんじゃね? と思えるくらい iPad mini + Bluetooth キーボードが快適だった件」