Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Jan 31, 2008 at 23:30

ソフトバンクが強い理由

「 au 、国内初の電子ペーパー搭載端末など春モデル発表」
「 ソフトバンク、 2008 年春モデル 14 機種を発表」
(以上、 ケータイ Watch より)

 個人的には先般、奥義二年縛りを食らうこと覚悟で W54T機種変した ばかりで、 すっかり携帯に興味をなくしていますが、 それでも恒例、携帯各社の春モデル絨毯爆撃の季節が来ました。
 auソフトバンク あわせてなんと全 24 機種。。。 そんなにいっぺんに食えんて (^_^;>

 まず新プラットフォーム KCP+ 採用の新機種開発でこけて、 年末商戦に新戦力を投入できず、今年の年末は負け組となった au です。
 ざっと見た感じ 「 W61S 」 がいいですね。 「 Cyber-shot ケータイ」というタイトルにも惹かれますが、 なんと言っても今までは 東芝 製だけだった Bluetooth 搭載でワンセグ対応の全部入りと言うのが魅力。 今回発表された機種をもらえるなら間違いなくこれ。
「 W61P 」 も いい線行ってますが、Bluetooh 非搭載で減点。
 全体的についこないだ 機種変したこと を 後悔させるような機種はない上、 サービス面では 「 au Smart Sports 」 にしろ 「 LISMO Video 」 にしろ、ライバル二社と戦うには違う方向を向いてるような気がします。
 いったい誰に戦いを挑もうとしているのだろう?というのが正直な感想です。
「 511 万画素カメラの Cyber-shot ケータイ『 W61S 』」
「 最薄部 12.9mm のワンセグケータイ『 W61P 』」
「 携帯がランニングなどをサポート『 au Smart Sports 』」
「 映画など長時間動画を携帯でも楽しめる『 LISMO Video 』」
(以上、 ケータイ Watch より)

 さて一方の ソフトバンク
 最近、携帯ショップに行って、キャリアを見ないで端末を見ると、 薄くてスタイリッシュでカラフル、それでいてほとんどが Bluetooth 搭載と、 個人的には ソフトバンク の機種が 間違いなく最も魅力的に見えます。
 今回発表された機種も、店頭に並ぶと目を引きそうな機種が多いですが、 中でも 「 X03HT 」インターネットマシン 「 922SH 」 の二つにはちょっと目がいってしまいました。
 サービス面でも今までありそうでなかったサービス 「 PC メール」 が魅力的。 メールは PC 派と言っても携帯で閲覧できれば便利だろうと思います。
# スパムがばんばんくるようなアドレスを設定するとばんばんパケット代が出て行きそうです。 そうなってくるとパケ放題系サービスが基本でしょうね。

「 3.5 型液晶やフルキーボード搭載の横開き端末『 922SH 』」
「 コンパクトボディの Windows ケータイ『 X03HT 』」
「 パソコンのメールを利用できる『 PC メール 』」
(以上、 ケータイ Watch より)

 今回の発表を見てもここ最近、ソフトバンク が 強い理由がわかります。
 目を引く端末を用意して、価格的にも他社に引けを取らない、 もしくはそれ以上のプランを用意し、 これまで端末に閉じていた携帯のサービスを、 徐々に PC インターネットのサービスと緩やかに融合してオープンにしていく。
 個人的にも魅力に思えますし、20 ~ 30 台前半の PC インターネット文化にも抵抗のない 携帯世代をターゲットにして、端末、価格、サービスがうまくかみ合っているように思います。
 このまま行くとおそらく1年かからずにドコモ単独で 50% のシェアを維持できなくなり、 そしてあと五年もすれば、ソフトバンク が がっちりシェアを持っている世代が 携帯マーケットの中心世代となっていきます。
 今の状態で収支とんとんなら、今後、 ソフトバンク の強さが際だってくることはあっても 一過性のブームだけで終わらないではないかと思います。
 ARPU を上げたいばかりに 中高生をあおってその親から金を巻き上げるサービスばかりを考えていては、 社会的にもどうですかね?
 携帯ビジネスも、ここ一年が考え時だとは思います。

Posted on Jan 30, 2008 at 00:26

ニコン D60

「 ニコン、センサークリーニングを搭載したエントリー一眼レフ『 D60 』」デジカメ Watch より)

 いよいよ ニコン からも デジタル一眼レフの新エントリモデルとなる 「 D60 」 が 発表されました。しかし、これは…  先般、 発表されたキャノンEOS Kiss X2 が まさに期待通りの「会心の一撃」だったとすると、 この ニコンD60 は がっくりするでもなく、喝采するでもない 「びみょーな一撃」 という 感じがします。
 センサークリーニング機能が搭載されていなければ、 今年購入する一眼デジカメは文句なく「 EOS Kiss X2 」 で決定していたものを、 欠けた機能が「ライブビュー」だったところが微妙です。
 ライブビューは、どちらかというとスナップより風景写真、 ブツ撮りなどを中心に三脚を立てて撮影する、あまりファインダーを覗きたくない (カメラ本体にあまり触りたくない)場合などは 非常に便利な機能だと思っていて、個人的にはあった方がいい機能だと思っています。

 だからといって、元 キャノン ユーザでも 昔から「いつかは ニコン 」と思っていた人間にとって、 「ライブビューがないからやっぱり キャノン 」とはいかず、 かといってやっぱりライブビューは魅力ではあり、でもあぁやっぱり… まさに「びみょーな一撃」(^^;;;>
 去年の D40 の時みたいに落胆した方がまだよかったかも… 後出しでライブビュー搭載して D60x とか出ないよねぇ。。。きっと (^^;;;;;>
Posted on Jan 27, 2008 at 01:14

Eee PC 目撃談

「 ASUS の低価格小型ノート PC『 EeePC 』が発売、約 5 万円」AKIBA PC Hotline! より)

 Windows XP Home Edition を搭載し、 49,800 円と言う価格で販売されることになって 興味が なくなっていた Eee PC ですが、 土曜日に偶然、近所の 上新電機 で目撃しました。  ハードウェアとして、できは思っていた以上にいいです。
 液晶ディスプレイはまぁ値段なりですが、 キーボードなどはいい感じで、とにかく軽くてサイズもほどよく小さい。
 思いの外、Windows XP もしっかり動いていましたが、 やっぱり OS は Linux やいっそ「なし」でもいいんで、もう少し安くしてくれないですかねぇ。。。 これで 3 万円台なら、間違いなく遊びで買ってもいいハードなんですけどね。
# OS 非搭載なら Linux を自力でインストールして、 Emacs 中心に CUI 環境を組み立てたり、大容量の USB HDD を接続して ホームサーバコンソールにしてみてもおもしろいかも…とか妄想してみたり (^^;;;>

 ハードの質感が自分の予想を超えていただけに、 今の Eee PC は本当に残念な製品になってしまっていると 思えてしかたありません。
Posted on Jan 25, 2008 at 22:43

キャノン EOS Kiss X2

「 キヤノン、ライブビューに対応した『 EOS Kiss X2 』」
「 キヤノン、『 EOS Kiss X2 』など新製品発表会」
(以上、 デジカメ Watch より)

 とうとう欠けていた最後のパーツ「ライブビュー」を手に入れ、 1000 万画素オーバーの CMOS CCD 、改良されたローパスフィルター、 画像エンジン DIGIC III と これまで搭載していた機能にも磨きをかけて生まれ変わった キャノン EOS Kiss X2 が発表されました。 「待ってました!」
 個人的には記録メディアが SD カード になったことも非常にうれしい。 思っていたとおり、そして 期待して いたとおり の一眼デジタルカメラ最強のエントリモデルです。
 間違いなく現時点で今年、個人で購入予定の一眼デジカメの最有力候補です。
# ペンタックス からも K200D が発表されましたが、 すみません、EOS Kiss X2 でお願いします。 元 キャノン ユーザなもので… m(_ _)m

「 ペンタックス、防塵防滴ボディの初級一眼レフ『 K200D 』」
デジカメ Watch より)  さぁこれは強敵ですね。
 下手をするとまたエントリモデルでは去年のように独走されますよ。 全クラス完全制覇、シェアナンバーワンを譲らないためには中途半端な機種は出せませんよね> ニコン 様。
 まだ 3 月下旬までは間があります。俄然、期待しております (^^)
Posted on Jan 24, 2008 at 23:30

旅人専科 USB バッテリーチャージャー

 今の世の中掃いて捨てるほどシステムエンジニアはあふれていますので、 私のような凡人が、この業界で食っていこうとすると、 怪しかろうがなんであろうが、何らか「人と違う能力」を身につけるか 用意するかしないといけないわけです。
 そこでこれが能力というのかどうかわかりませんが、 私は基本「現場で起こったことは現場で解決するコンビニ SE 」をモットーに、 どこでも作業ができるようにと(会社から与えられる縛りの多いものとは別に) PC と インターネットへの接続手段は、 常に携帯しています。 しかし、これらと携帯電話をあわせて外出時の天敵は「バッテリー切れ」です。
 こと携帯電話なら、コンビニでも充電用電池があったり、 家電量販店など行くところへ行くと充電サービスをしていてくれたりします。 しかし、インターネットへの接続手段として携帯している EM ・ ONE や、 仕事道具以外にも iPod touchPSPDS などは そうはいきません。
 コンセントさえあれば、AC/USB アダプター と 各種巻き取り式ケーブルなどコンパクトな USB 充電ケーブルを使って 充電もできようものですが、出先となると電気泥棒するわけにもいきませんし、 ノート PC を持ち歩いていれば、それ自身が巨大なバッテリーのようなものですが、 それでも限度があります。

 そこでこの「旅人専科 USB バッテリーチャージャー」
【ポイント5倍】ニッケル水素充電池(eneloop)付属! 旅人専科 USBバッテリーチャージャー(充...
 これと USB 充電ケーブル、AC コンセントがあれば充電できることはもちろん、 購入時に単3の eneloop が二本付属していて、 eneloop の充電器にもなります。
 とどめは eneloop が充電済みであれば、 AC コンセントからの給電なしで USB から充電が可能!
 ちまたでは eneloop mobile booster が 結構人気らしいですが、これは eneloop mobile booster の機能プラス AC/USB アダプター の機能を具備し、その上をいきます。
 大きさも名刺入れ大くらいで邪魔にもならないし重くもありません。 最後の手段として威力抜群。 PC に十分な充電量を持っているときでも、 ちょっとした充電なら PC を起動しなくていいのでこちらの方が便利です。  大ヒット!!
 頻繁にはオフィスに帰れないジプシーなモバイラーにおすすめです。
Posted on Jan 23, 2008 at 23:28

Oracle 、 BEA 買収で決着

「 Oracle 、 BEA を約 85 億ドルで買収」ITmedia より)

 ちょっと前までマネジメントというか、事務というかそう言う仕事ばかりしていて、 そろそろ年相応に「マネージャーへの道」を歩かされてるかなぁと思っていたら、 ここ数ヶ月、会社の一大プロジェクトに巻き込まれ、結局、システムエンジニアに逆戻り。 と言うか、根本リソース不足の上、 これまでやっていたマネジメントのような事務仕事も消えてなくなったわけではないので 「プレイングマネージャー」になったようなもので、今はまさに「代打、俺」みたいな状況。 そんなに給料もらってないって… orz
 と言うことで、システムエンジニアという仕事に舞い戻ってみると、 いやがおうにも注目してしまう買収劇でした。
 かなり長期間にわたってくちゃくちゃやっていたみたいですが、 何とか決着したみたいですね。個人的にはめでたしめでたしと言う気がします。
 と言うのも、これで新規でシステムを考えるときなど Oracle AS を選択肢に入れなくて済むし、 個人的には Oracle DBWebLogic の 組み合わせたシステムに結構絡むことが多くて、 これでトラブっても問い合わせ先は一つになり、たらい回しになることも少なくなるかと… いやめでたい (^^)
 いや、トラブらないのがそらぁ一番ですけど (^^;;;>
Posted on Jan 20, 2008 at 21:09

iPod touch ファームウェア v1.1.3

「 Apple 、 iPod touch とiPhone に新ソフトを追加するアップデート」 - touch は 2,480円 でメールソフトなどを有料追加
「 米 Apple 、『 Apple TV 』を値下げし、ビデオレンタル対応」 - 229 ドル。 iTunes Store から直接コンテンツ購入可能に
「 米 Apple 、 iTunes Store でビデオレンタルを開始」 - DVD から iTunes にコピーできる『 iTunes Digital Copy 』
(以上、 AV Watch より)
「 メールや地図が利用できる iPod touch の有料ソフトウェアレポート」Broadband Watch より)

 まぁ当然と言えば当然ですが iPod touch で iPhone とほぼ同じソフトウェアが有料で使えるようになり、 またメニュー画面のカスタマイズなどに対応した 新ファームウェア v1.1.3 がリリースされました。
Apple iPod touch 16GB MA627J/B
( Apple Computer )
 個人的にはまだアップデートしていませんが、 EM ・ ONE αを購入し、 iPod touch を PDA として使うとか、そのために脱獄するとか言うモチベーションは すっかり消え失せています。
 追加されるアプリケーションも、 「株価」「天気」は所詮、アプリケーションが入るだけで、 米 Yahoo からのデータで、 天気はともかく株価は日本の株価を取ってこれないでしょうし、 「メール」はすでに iPod touch の メモリが 1GB を切ろうとしているのでパス、 「メモ」は明らかに EM ・ ONE の方が 入力効率がいいですし、 「マップ」は WiFi アクセスポイントの少ない日本ではねぇ… どこまで使い物になるのやら…と思ってしまいます。
 と言うことで、何か気の迷いがない限り、お金を出してまで追加のアプリケーションを 購入しようとは思わないでしょう。

 ファームウェアのアップデートより、 今回の発表では、いよいよ大きくなる日米のサービス格差の方が気になります。
 レンタルどころか、未だに TV 番組、映画の販売は日本では始まらないので、 Apple TV は日本では TV に接続する持ち歩けない iPod ですものねぇ。。。確かに。
 せめて iTunes Digital Copy だけでも日本で何とかならんもんでしょうか?
# コピー回数が一回のみと言うのが若干気になりますが…

 Microsoft日本の地デジ対応に 相当苦慮した みたいですし、 Apple をもってしても 日本の権利関連の交渉には苦慮するんでしょうね。やっぱり。
 なにやら「コンテンツ立国」とか言う言葉が遠い昔の死語に思えます。 まったくもってこまったもんです。

「 次世代 Windows Media Center “ Fiji ”で日本のデジタル放送をサポート」PC Watch より)
Posted on Jan 19, 2008 at 23:30

フレッツ・スクウェアへの接続問題解決

 フレッツ光プレミアム に移行して、 それまで使用していたブロードバンドルータ BUFFALO BHR-4RV で CTU が存在するセグメントと分割するという ネットワークを構築した関係で、 自宅の PC から フレッツ・スクウェア に 接続できないと言う問題が発生していたのですが、一応、解決しました。
 原因は DNS の問い合わせ順でした。
 我が家のネットワークでは、 玄箱 Pro 及び HS-DHGL を ハックした Debian サーバで bind が起動しており、 ネットワークに接続している端末はこのサーバに名前解決の問い合わせを行うようになっています。
玄人志向 KUROーBOX/PRO
( 玄人志向 )
 最初は端末から bind へ、 bind からブロードバンドルータへ、 ブロードバンドルータから CTU へと名前解決の問い合わせを行っていました。 この場合、フレッツ・スクウェア の サーバに対する名前解決が行われませんでした。
 そこで bind から 直接 CTU へ問い合わせを行うように設定を変更すると フレッツ・スクウェア へ アクセスすることが可能になりました。
# bind が ネットワーク上で動作していないのであれば、直接端末に DNS のアドレスとして CTU のアドレスを設定すればよいでしょう。

 フレッツ・スクウェア のサーバ群の アドレスは 10.60.xxx.xxx か 10.174.xxx.xxx のプライベートアドレスが付与されているために、 セキュリティー対策としてブロードバンドルータ側で問い合わせをリレーしないのではないかと思っています。 ひょっとすると、ブロードバンドルータの設定でも回避できるかもしれませんが、 とりあえず フレッツ・スクウェア へアクセスできない問題が 解決できたので、今回はこれ以上深入りしないことにします。
Image:20080118FletsSquareAccess.png
 さて今回の試行錯誤しているときに気づいたのですが、 CTU には端末からのパケットを受けて自動的にセッションを張る、 また CTU から通信の行われていないセッションを切断するという機能がありません。 CTU の設定を見てもらえばわかるのですが、 プロバイダに関しても切れたら張ると言うことを自動的にやっているようです。
 フレッツ接続ツールがボタン一つで フレッツ・スクウェア へ接続できるところを見ると、 何らかの方法で端末側からセッションを張るコマンドを CTU (もしくは CTU の設定を持っている と思われる地域網側のサーバ)に送る方法があると想像できますが、 調べるモチベーションなし (^^;>
 と言うことで必要であれば フレッツ・スクウェア へも 張りっぱなしの設定にしておけばいいでしょう。 必要がなければ必要に応じて CTU の設定画面を呼び出して張ると言うことで…

 以上、(中途半端に)一件落着 (^^)/
Posted on Jan 19, 2008 at 14:19

コスジェネ!

うかブログ 「 リンクシェア用商品リンクジェネレータ」

 このサイト でも いくつかアフィリエイトサイトの広告を出しているのですが、 リンクシェア は どちらかというとうまく活用できていません。
 そこで うか さんち で 紹介されていたのがこの コスジェネ!
 エントリをぱっと読んですぐに理解できなかったのですが、 ちょっと時間ができたら必ずリベンジ。
 と言うことでメモメモ φ(.. )
Posted on Jan 18, 2008 at 00:00

There's MacBook Air in the air.

「 アップル、 2cm を切る超薄型モバイル『 MacBook Air 』」
元麻布春男の 週刊 PC ホットライン 「 MacBook Air は買うべきか買わざるべきか」
(以上、 PC Watch より)

 There's something in the air... その「何か」はやはり噂にもあった超軽量モバイル MacBook Air でした。
 しかし、Mac ユーザには申し訳ないですが、 13.3 インチの液晶ディスプレイを搭載するとは言っても、1スピンドルで 1.36kg あるわけですから、重量的には驚くべきものではなく、 USB も 1 ポートしかなく LAN も無線のみ、しかもディスプレイポートは micro DVI で 通常のディスプレイに接続しようとするならば特殊な変換ケーブルが必要で、 ここまでしてフォルムも 2cm の厚さとは言っても犠牲があまりにも大きいような気がしますし、 バッテリも 5 時間では現在の日本製の超軽量モバイル機には及びません。
 それでも力自慢でなくても持ち歩けるプロダクトが、 やっと Mac にも登場したという意味は大きいでしょう。  きっと売れるんでしょうねぇ。。。とは思います。
 最初にプロダクトの写真を見たときは、一瞬、「ファンレスか?」と思いましたが、 残念ながら本体後部、底面の方に向いて開いた吸排気口があります。 ここが非常に残念でした。
 前回のモデルチェンジでファンレスを捨てた Let's note にもう未練はないので、 ファンレスであれば Vista でもつっこんで本気で使ってみるのも悪くないと、 購入計画が頭をよぎったほどでした。あぶないあぶない (^^;>

 個人的には MacBook Air と言うプロダクトそのものより、 それが出現したという事実そのものが興味深いです。
 上記の 元麻布 氏の コラム にあるように、小型パッケージ版の Core 2 Duo と、 チップセットはおそらく 965 系の新型モバイル版 Intel GS965 Express で、 MacBook Air に採用されている あの薄型のリチウムポリマー電池で 5 時間の駆動ができると言うことは、 双方ともある程度消費電力は低いと予想されます。
 いよいよ CPU が変われど超軽量モバイル機に採用され続けてきた Vista には非力な 945 系のモバイル版小型省電力パッケージ Intel 945GMS Express に変わる チップセットが登場した、 つまりは今年の春以降、日本の Windows モバイル機でも、 今回の MacBook Air を ライバルとなる機種が登場する可能性あるということです。
 今年の後半から来年にかけて、いよいよノート PC の更改も視野に入れている 人間にとっては楽しめる一年になりそうです。 そう予感させてくれる MacBook Air の登場に拍手 (^^)/ って感じです。
Posted on Jan 15, 2008 at 23:53

かざぐるマウス v1.23

http://members2.jcom.home.ne.jp/staticflower/
 これまでこの手の常駐型マウス操作拡張ツールの類は、 これまで ZTop を愛用していました。 しかし、最近、たまたま 窓の杜 を ぶらぶらしていたときに見かけたこの かざぐるマウス を試用しています。

 マウスポインタがある直下のコントロール(ウィンドウがアクティブである必要はない)に ホイールのスクロール情報を送るという点では、非常に類似した機能を提供するのですが、 違いはその他のおまけ機能。
 ZTop は、 タスクトレイアイコンにポインタを持って行って、ホイールスクロールでボリューム調整、 ホイールクリックでミュート(もしくはその解除)と言うことができて、 これが個人的にはかなり便利だったのです。
 一方で かざぐるマウス は Windows のファイルエクスプローラや、 インターネットエクスプローラ など 本来マウスジェスチャに対応していないブラウザアプリケーションに、 ジェスチャーオペレーションをもたらしてくれます。 しかも、この機能、 Firefox などでは、 すでに付加しているジェスチャーオペレーション系の拡張機能と競合しそうな感じですが、 これは個別に かざぐるマウス 側で ブラウザの種類ごとに ON/OFF でき、全く問題ありません。

 なんと言ってもファイルエクスプローラでのジェスチャーオペレーションができることは超便利なのですが、 かざぐるマウス では、 音声出力関連はホイールスクロールでボリューム調整までしかできません。 ミュートもできれば迷わず乗り換えだったのですが、これは今後に期待して、 当面オフィスでは かざぐるマウス を 使っていこうと思ってます。
Posted on Jan 14, 2008 at 22:06

VMware Player やら coLinux やら

 ちょっと UbuntuFedora などをお手軽に使ってみたくて、 VMware Player を調べてみると、 最近の VMware Player (v2.0.2.59824) は メニューもちゃんと日本語化されてるんですね。
 本業の業務では UNIX とはほぼ Solaris のことで Windows 系を使うことが最近多いためか、 Virtual PC を 主に使っていますが、やっぱり Linux 系を使用するときは VMware の方がよいイメージがあります。
 今回は Ubuntu 7.10 や Fedora 8 を動かしましたがいい感じです。
Image:20080114VMwarePlayer.jpg
 最近自由時間が少ないので手が出せていませんが、 coLinux も 0.7.1 がリリースされてますし、 VirtualBox も話題です。
 個人的には GUI などなしで質実剛健に「使える」環境は coLinux で、 GUI も含めてのお試し環境には VMware Player もなかなかという感じです。
 時間ができたらもう少しつっこんでいろいろ使ってみたいですね。

「 ゲスト OS の“シームレス表示”に対応した仮想 PC ソフト『 VirtualBox 』 v1.5.0 」窓の杜 より)

# 何かとりとめのないエントリだなぁ…とあとで痛感 orz
# 単なるメモということで… m(_ _)m
Posted on Jan 12, 2008 at 21:55

サンワサプライ MM-BTAD10BK

iPod touch ラボ
「 【レビュー】 Bluetooth で『 iPod touch 』を完全ワイヤレス化・前編」
「 【レビュー】 Bluetooth で『 iPod touch 』を完全ワイヤレス化・後編」
ネタフル 「 『 iPod touch 』で Bluetooth を使う」

 個人的な Bluetooth 祭りの最中、 ネタフル さんちの エントリ 経由で知った iPod touch の Bluetooth によるワイヤレス化方法。
Apple iPod touch 16GB MA627J/A
( Apple Computer )
 で何の躊躇もなく Amazon.co.jpサンワサプライMM-BTAD10BK を年末にポチッとすると、 年明けすぐお年玉がてら届きました (^O^)b  何の苦もなく ソフトバンクモバイルZTBAC1 とも ペアリング成功。 再生・停止、曲間送り、戻り、ボリュームのアップダウンも問題ありません。ばっちり (^-^)b
 ただし、 MM-BTAD10BK とハンドシェイクしているときは、 W54T と ハンドセットとしてだけペアリングというような器用なまねはできないようで、 iPod touch で音楽を聴いているときに、 着信があるとそのままハンズフリー!。。。なんてかっこいいまねはできません (たぶん (^^;> )。
 そりゃできるに越したことはないと思いますし、 ソニー製のレシーバは評判がいいみたいなので、最近見かけた下記の記事は気になりましたが、 さすがにこれ以上の出費は… (^^;;;>
# 見かけたときに衝動買いしてしまう可能性は否定しませんが…

「 ソニー、スティック型の Bluetooth オーディオレシーバ」AV Watch より)  個人的にはハンズフリーのために Bluetooth による ワイヤレス化を進めていたわけではなく、 iPod touch で音楽、 W54T で ワンセグの音声出力をワイヤレス化することが目的だったので、 これでおっけー (^-^)d
Image:20080107MM-BTAD10BK.jpg
…と言うことにしておこう。。。調子乗って Bluetooth 搭載製品買いすぎ。 (^^;>
 上の写真以外に EM ・ ONE も含めると、 ここまででちょっとしゃれにならない額を出費してしまってます。反省 orz
Posted on Jan 09, 2008 at 22:41

α 200 発表:いよいよ始まるエントリ一眼大戦

「 米 Sony 、α 100 後継デジタル一眼レフ『 α 200 』」デジカメ Watch より)

 去年は iPod touch をゲットし、 ワイド液晶ディスプレイは現在、ねらいは定めている状態(弾もあります)ですが、 今年は、今年こそは一眼デジカメ買います。
 とは言っても、上記記事で発表されたα 200 ではないですが… (^^;>

 おそらくこれを皮切りに、これから春まで各社一眼レフタイプデジタルカメラの エントリモデルが、続々と発表されていくことと思います。
 個人的に耳にしていて、且つねらっているのは、 このクラスでシェアトップ EOS KISS Digital X の後継機を リーリスする予定の キャノン と、 デジタル一眼トータルではその キャノン と二強を形成する ニコンD40X の後継となる 新エントリモデルです。 特に ニコン は 同社エントリモデルでは初となるダストクリーニングシステムを 搭載してくると思われます。
 ニコン だけに限らず、 今年以降登場してくるエントリモデルには、 ダストクリーニングシステムの他にも、1000 万画素以上の CCD を搭載し、 ライブビューと何らかの手ぶれ補正技術が提供される まさに現状望みうる「フルスペック」のエントリモデルが投入されると予想されます。

 買う気満々で待つ春。。。次はどのメーカーの発表になるか。。。楽しみです (^-^)
# 去年のような落胆はさせないでくださいね> ニコン
Posted on Jan 05, 2008 at 00:44

フレッツ光プレミアムの使い心地

 先般、自宅の WAN 側の回線がめでたく NTT 西日本 の提供する 「 フレッツ光プレミアム」 となり、 この三カ月、大きなトラブルもなく快適な回線環境となり大変満足しております。
 フレッツ光プレミアム となったことで もっとも大きな恩恵は、やはり ひかり電話 が使えるようになったことで、 通常の固定電話より評判がよろしくないですが、 人並みに携帯電話も所持しており、そもそも固定電話をあまり使わないので、 固定電話との比較で品質の低さが浮き彫りになるほど使用していません。 従って月額基本料金が安くなったことはそのまま恩恵として 享受できていると感じております。
 またインターネット接続回線としてもともと B フレッツ だった回線を 光プレミアム にしてどうなの? と思われるかもしれませんが、マンションタイプでしかも相当早期に B フレッツ に申し込んでいたために 縦系の回線(マンションで集約している装置までの回線)が VDSL の 50Mbps から 100Mbps のものになり、 ここが共有回線であるマンションから電話局までの回線が 100Mbps から 1Gbps になったことより恩恵が大きいような気がします。 これまでの引っかかり感のようなものがまったくなくなり、 特に有線環境で使っているときのレスポンスは抜群に良くなりました。

 最初、気がかりだった CTU (加入者網終端装置)と言う謎の箱の存在も 今ではプロバイダと接続するためのゲートウェイと割り切っています。
 一般的にブロードバンドルータと呼ばれる機器としての機能をもつ この CTU なるものを設定するために、 フレッツ光プレミアム の導入手順書の類のものには 「フレッツ接続ツール」なるアプリケーションをインストールするように記述されていますが、 これは真っ向無視 (^^;;;>
 ただでさえよく分からない機器を さらによく分からないアプリケーションでコントロールするなどもってのほか。 フレッツ光プレミアム 導入時に渡された ドキュメントの類を斜め読み、 インターネット上の情報を漁るとなんてことはない https://ctu.fletsnet.com/ に ブラウザでアクセスすれば、問題なく CTU の設定ができることはすぐに判明しました。
 調べるとすぐに分かるのですが、この CTU なる機器自体は設定用の I/F を持っていません。 どうも地域網側にサーバがいて、その設定をサーバ側から CTU に流し込んでいる模様。 故にファームアップのときもユーザはなにもする必要がなく、 所定の LED が点灯すれば電源を入れ直すだけでファームウェアがバージョンアップされます。
 便利です!初心者にも簡単!!それだけに得体が知れず気味が悪いです。 個人的には (^-^;;;>

 と言うことで、自宅のネットワークでは CTU の直下に ひかり電話 アダプタと、 以前から使っていたブロードバンドルータ BUFFALO BHR-4RV をつなげています。  フレッツ光プレミアム の導入手順書では、 ブロードバンドルータは WAN 側のポートは使わずに贅沢に「高価なハブとして使う」設定以外は 示されていないので、これも当然のことながら無視 (^^;>
 最近のブロードバンドルータは非常に高機能で PPPoE/NAT ゲートウェイとしての機能以外に ファイヤウォールとしての機能も備えており、 高機能なものになると専用機でも以前は標準装備でなかった ステートフル・パケット・インスペクション (SPI) などの機能を備えています。
 一方で、CTU に PPPoE のセッションをスルーさせることもできますが、 これでは CTU 自身が持つファイヤウォールの機能を 無効にすることになってしまいますので、これももったいない。 と言うことで、プロバイダとのセッションは CTU に張ってもらって、 ネットワークを PPPoE 自動接続機能を無効にして NAT 機能だけを有効にした ブロードバンドルータで分割してファイヤウォールとして動いてもらえば、 有効に機器を活用できる上にセキュリティーレベルも上げることができます。
 結果、自宅のネットワークは、 ひかり電話 アダプタは CTU 側で付与する IP アドレスの登録が必要ですので、 ブロードバンドルータの外側 CTU の直下に接続し、 その他の機器はブロードバンドルータの内側に配置する以下のような構成を取っています。
Image:20071225forFletsHIKARIPremium.png
 実際、ブロードバンドルータのログを見てみると、 CTU をスルーして外部からポートスキャンを受けているログが残っていますので、 機器として有効に使えていることも確認できています。
 しかし、問題もあって、 CTU 直下に PC を接続すれば問題はないのですが、 ルータの NAT 越しにアクセスすると フレッツ・スクウェア に アクセスできない状況になっています。 特に フレッツ・スクウェア にある コンテンツが見たいというわけではないのですが、 システムエンジニアとして使えるはずの機能が使えないまま、ほっとくというのは気持ちが悪く、 そのような一文の得にもならない理由以外にも、 フレッツ光プレミアム 標準のセキュリティツール (中身は某有名ウィルス対策ツール )も使えない (当面使う予定はないですが…)ので、 はっきり原因はわかっていないのですが、 いくつか見当は付けているので、ちょっと時間ができれば もう一度ネットワーク設定を見直してみようと思っています。
Posted on Jan 04, 2008 at 18:38

Norton Internet Security 2008

 ライセンス期間が残っていたこともあって、先般から ウィルスバスター 2008試用していました 。 売り文句通り確かに軽くなって、特に大きな問題もなかったのですが、 2006 ~ 2007 年版で何度か痛い目に遭っていたので、ライセンス期間満了に伴い、 今年は Norton Internet Security 2008 (以下 NIS と略します) を購入して来ました。
Norton Internet Security 2008
( シマンテック )
 ひょんなことから ウィルスバスター に乗り換えて、 実に丸二年ぶりに NIS に 戻ってきたわけですが、以前使用していたときには(重いこと以外は) さほど大きなトラブルもなく使っていたように思います。
 今回も 二台の XP 機に導入したところまでは、 全く問題がなかったのですが、メインの Vista PC に 完全にインストールが終わって、再起動してメインの画面を上げたとたん、 CPU 使用率が 100% まで振り切れ、完全フリーズは免れるものの、 使い物にならないレベルにまでパフォーマンスが落ち込む現象に陥りました。
 いろいろ調べを進めていくと ccSvrHst.exe というプロセスが、 CPU リソースを食っていること、どうも Norton Live Update ( NIS のパターンファイルなどを最新の状態に保つ プログラム)が裏で走ってはまっていることくらいまではわかったのですが手詰まり。
 あきらめて再度インストールし直そうと、アンインストールを始めると、 最後に追加で入れた Add-on Pack をアンインストールしたところで、 状態が解消。
 この Add-on Pack と言う代物、マニュアルにすら載っていませんが、 インストール CD を起動するとメニューに現れるもので、 ペアレンタルロックとアンチスパムの機能を付加してくれます。 XP PC では全く問題がなかったのですが、 Vista PC では、 これが原因で上記のような現象が起こっていたようです。 実際すべてアンインストールした上で、 再度 NIS だけインストールすれば Vista PC であろうと (無論、XP PC でも)問題なく動作しています。
 ただより高いものはない…と。。。XP PC からも 即座に削除しました。

 あとは特に大きな問題はありません。
 しかし、試用していた ウィルスバスター 2008 と比較するならば、 同じ 2008 年版なら ウィルスバスター の勝ちかな?
 機能的な部分を比較できるほどの専門家ではないので講釈はたれませんが、 どちらも今年の売りにしている「軽さ」の点では大きく差はないように思います。
 ただ今回のようにトラブルに陥ったとき、 ウィルスバスター では (それが有用な情報であるかは別として)ヘルプが英語で出てきたりすることはありませんでしたが、 NIS は英語でした。 ちなみにユーザ登録後のサイトでのアカウント確認画面も英語で出てきました。 これは個人的にはかなりな減点材料。
 トラブルが少ないことも NIS の 利点だと思ったのですが、今回のことでかなり減点。
 思うにこの手のソフトは大手のものであれば、 ウィルス検索機能に致命的とも言える大きな差はないと思っているので、 安定性に欠くというのは、そもそも安全に PC を使うためのソフトでありながら 本末転倒のように思います。 これから買う人には ウィルスバスター 2008 を おすすめかな?
# 風の噂でちょっと気になる話は聞いてますが。。。 問題が大きくなるまでには解消されるでしょう。 ちなみにこれも Vista 固有の問題です。
ウイルスバスター2008 1年版
( トレンドマイクロ )
 来年は試用版をじっくり試してから決めよう。。。 何より早いうちに Vista が天下を収めてくれないかな (^^;>
 新年早々一発目のエントリがトラブルとはほんとめげます orz
Posted on Jan 01, 2008 at 00:01

あけましておめでとうございます

 さて年が明けまして 2008 年。
 今年でこのブログも 4 年目を迎えることになります。 丸三年経てば、そろそろ人に「ブログをやってる」と言っても 恥ずかしくはないかと思う反面、 自己表現と言う側面で何をしてきたかと言うと まだまだ何も表現できていない気がします。 しかし、最近になって何をしていけばよいか、 何となくではありますがやっと見えてきたような気もしています。
 blosxom と言う 最近はあまりこれでブログを始める人が少なくなったツールを使って 「まだいけるのか?」と聞かれれば 「まだまだいきます!」
 よろしければ今年も一年おつきあいいただければ幸甚です。
 今年も行けるところまで行ってみます。