Ellinikonblue.com Weblog

夢は夢のまま終わらせない…

Posted on Oct 28, 2010 at 00:01

購入候補低価格液晶ディスプレイ覚え書き

「 NEC 、IPS パネル /LED バックライトの 23 型フル HD 液晶」PC Watch より)

 先般も安価になった IPS 液晶を 話題に しました が、 また NECディスプレイソリューションズ から 23 インチ IPS パネルを採用しながら店頭価格が三万円台という 魅力的な製品 LCD-EA232WMi が発表されました。

 自宅でサブで使っているデスクトップにつなげていたディスプレイがめでたく故障し、 いよいよ本気でもう一台、小さめでピボットのきく製品を年末までに購入する気でいます。
 と言うことで、今からいろいろ下調べ。 今回話題にした LCD-EA232WMi はサイズ的にも価格的にも今のところ最右翼ですが、 今後もいけてる製品が出てきたら購入まで都度、 覚え書きとしてエントリにして残しておきたいと思います。

 LG が発表した製品もサイズと価格では 魅力的な製品だったのですが、ピボットができないので却下と言うことで。

「 LG 、画素開口率を向上させた 2 万円台の IPS パネル /LED バックライト搭載液晶」 ~ 21.5 型と 23 型の 2 機種 ( PC Watch より)

-----
関連記事:
Ellinikonblue.com Weblog 「 IPS 液晶をセカンドディスプレイにも…」

Posted on Oct 27, 2010 at 00:25

eneloop tones glitter

「 『 eneloop 』発売 5 周年記念パックは『 8 色ラメ入り』」ITmedia より)

 今年もでます。限定 eneloop パック。
 今年は発売 5 周年記念だそうで「ラメ入り」…いや個人的にはラメはどうでもよくって、 カラフルな単四 eneloop というところに惹かれます > eneloop tones glitter  買うんだろうな、今年も。 去年買った eneloop tones 開封もしてないのに… (^^;>
Posted on Oct 26, 2010 at 21:50

「ガンダムポメラ」 キングジム DM11G でちゃったよ

「 キングジム、ポメラの機動戦士ガンダムコラボ製品」 ~シャア、ランバ・ラル、ジオン軍タイプの 3 モデル ( PC Watch より)

 なんかやっちゃった感が否めない キングジム 「ポメラ」 の新製品、 ガンダムとのコラボ製品だそうです。  意外に ジオン軍モデル がいける… (^^;;; ではなくて、この DM11G 、 上位モデル DM20 に 機能面では近いペックに強化が施されています。

 すでに個人的には DM20 は 肌身離さずというと大げさかもしれませんが、それくらい手放せないデバイスになっています。 特に Turf Watch の更新がある この時期は大活躍です。
 しかし、ちょっと前から使い始めた ATOK Pad の方が変換が賢いという悲劇にも耐えながら待ってます。 >お利口な ポメラ の新モデル。。。
Posted on Oct 24, 2010 at 23:08

11.6 インチ液晶搭載 MacBook Air を真剣に考える

「 アップル、 11 型液晶 /1.06kg で 88,800 円の『 MacBook Air 』」 ~ 13 型モデルは 118,800 円から
「 Apple 、Mac OS X Lion を来年夏にリリース」
(以上、 PC Watch より)

 ここでも何度か吐露していますが、 PC を使い始めた頃から Apple の PC 製品、 特に Mac には憧れがあります。
 しかしながら、純粋にハードウェアパフォーマンスをみた場合、 Mac はどうしてもコスト対パフォーマンスが悪く、 またビジネスデバイスとして使用する場合、 ネイティブアプリケーション、特にオフィススイートで生成するデータの互換性の問題から、 Windows PC から Mac へのスイッチは思いの外、切り替えに力というか思い切りというか、 いやらしい言い方をすると金がいります (^^;

 ただここ数年で、この状況が変わりつつあることも確かです。
 まずはハードウェアプラットフォームが x86 ベースとなり、コスト対パフォーマンスは劇的に改善し、 またかつソフトウェアもこの変革が完全に過去のものとするほどの対応が行われました。
 そして、Mac プラットフォームでも使えるオフィススイートの充実、 なによりウェブアプリケーションの隆盛で Microsoft ですら オフィスアプリケーションを ウェブアプリとして提供する 時代が到来しました。
 そもそもごくパーソナルな用途で PC を利用する場合、優秀なブラウザ、 きびきびと動作するテキストエディタ、使いやすいメールクライアントがあれば日常は十分で、 ましてや個人的にはそこそこハイパワーな Windows 7 デスクトップ PC を 有しているので、ノート PC は MacBook でも… なんてことを本気で考えられる状況になってきています。

 あまり難しいことを考えずに、今回発表された MacBook Air を 見てみます。
 Intel Core2 Duo + NVIDIA GeForce 320M という構成で、 ストレージとして SSD を採用し、 液晶ディスプレイも実用に耐えうるデスクトップ広さを確保して、それでいて重量は 1.06kg 。 価格は 88,800 円(税込み)。
 MacOS/Windows なぞ関係なく十分に魅力的なハードウェア製品です。  ただちょっと冷静に考えると、折角、 Mac を使うなら iPod touch の母艦はこれにしたいところですが、 所持している iPod touch が 64GB の容量があるのに 母艦も 64GB では心もとないを通り越して無理があります。 ましてや Boot Camp とか使ってデュアルブートにしたいなどという欲望は満たせないでしょう。
 またいろんな意味でパワーが充分な端末ではないですから、 Mac 初心者がはたして使いこなせるものかどうか…
 あとバッテリ駆動時間が 5 時間って…もうちょっと何とかならんかったのでしょうか?
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
 それと気になることがもう一つ。
 Mac App Store なるものも始めるそうで、最近、ジョブズ氏が、 「 オープン対クローズドではなく分断 vs 統合」 などと発言したそうですが、 どうも Apple の製品に傾倒することは 「独占」という鳥かごに捕まるような気がしてなりません。
 そういう感情論で最近はちょっと Mac に嫌悪感と言うほどではないですが違和感を感じます。

 まぁそれでも 88,800 円という価格はやはり魅力。
 最近、マイ VAIO type T がいまいち調子悪いので、 転んでしまいそうで本気で怖いです (^^;

「 Microsoft、企業向けの統合型クラウドサービス『 Office 365 』」PC Watch より)
「 ジョブズ、 Google Android との競争を語る:オープン対クローズドではなく分断 vs 統合」
「 『 Android の父』ルービン、オープンを一行で定義。ジョブズに回答」
(以上、 Engadget Japanese より)
Posted on Oct 22, 2010 at 00:24

au 冬~春モデル言いたい放題 #2

「 au 、 MIL 対応の新 G'zOne や、 720p 対応など新携帯電話」AV Watch より)

 まず一言。数多すぎ (^^;
 でもシンプルで惹かれる端末はいくつかありますねぇ…

「 ワンアクションでオープン、防水スリムな『 T005 』」
「 7 色展開、 8 メガカメラの防水ケータイ『 SH009 』」
「 高級感を演出、 GSM 対応の防水ケータイ『 URBANO MOND』」
「 G9 から 2 年、タッチ操作に対応した iida のスライド『 G11 』」
(以上、 ケータイ Watch より)

 特にワンアクションオープンな T005 が気になります。
 当面、スマートフォンに乗り換える予定がなく、 いわゆるフィーチャーフォンを今現在使っているのですが、携帯に求める機能レベルが年々低くなってきて、 最近ではワンセグすら「なくても我慢できるかも…」とか思ってしまいます f^^;
# 地下鉄で通勤してますもので…

 デザインがよくて、機能的にはおサイフケータイに対応していてくれれば、 あとはできるだけ軽くて薄いものものという基準になってしまいます。

 私が特殊か?と思っていたのですが、 先に紹介した国産スマートフォンのガラパゴス化がすすんでいけば、 おそらく機能性を求めるハイエンドユーザーはどんどんスマートフォンに流れるんでしょうね。。。 そう考えるとフィーチャーフォンは、機能性をどこまでスマートにまとめられるかに 収斂されていくと言うのが自然な流れではないかと思っています。

 さて次…

「 au 初のモバイル Wi-Fi ルーター『 Wi-Fi WALKER DATA05 』」
「 au の携帯電話を Wi-Fi ルーターにできる『 NEX-fi 』」
(以上、 ケータイ Watch より)

 au からもでました… というだけの感は否めないモバイルルーター関連の端末、 DATA05 は 連続通信時間 4 時間(連続動作時間 130 時間)というのも月並みですし、 NEX-Fi に至っては 連続通信時間 2 時間って、電池切れたら携帯も NEX-Fi も 充電しなくちゃならないんでしょうか?なら話になりませんね。 旧機種でも使えるのが売りというと言うのでしょうが外付けした感じが何とも不細工で、 先述したように機能をいかにスマートに詰め込むかという流れには沿わないソリューションです。

 やっぱりこういう端末は料金プラン込みで提案として魅力的にしないと、 後出しじゃんけんで負けた感じがしてなりません。

 さて最後に実は個人的には今回の発表会で一番気になったのは jibe だったりします。

「 複数の SNS と電話帳を連携できるスマートフォンアプリ『 jibe 』」ケータイ Watch より)

 ネットコミュニケーションの手段は有象未曾有、魑魅魍魎様々跋扈している今、 現実の一人の人間に対しておのおのコミュニティの中でパーソナリティを結びつけて 「電話帳」にするという発想はそろそろ必要になってくるのでは? と個人的には思っています。
 いや個人的に期待している機能を実装しているかどうかは知らないんですけどね… (^^;;;;;

 トータルで今回の au 冬~春モデルの発表は 55 点というところでしょうか?
 これをここ何年かでは一番ましとみるか、次第点までもう少しがんばりましょうとみるか… 微妙なところですね。

 以上、言いたい放題でした m(_ _)m
Posted on Oct 21, 2010 at 00:24

Sleipnir 3 Coming soon...

「 フェンリル、開発中の『 Sleipnir 3 』の機能と新デザインを公表」
「 フェンリル、拡張機能に対応した Gecko エンジン搭載『 Sleipnir 』のプレビュー版」
(以上、 窓の杜 より)

 昨今、他に様々ブラウザが存在する中でも、自分でこれまで選り選ってきた拡張機能で完全武装した Firefox の 使い勝手は捨てがたく、 それでも Firefox 以外によく使うブラウザは?と聞かれると Sleipnir なんですよね。

 なんのかんの言われても、実際、 Internet Explorer に 最適化されたサイトはまだ存在するわけで、 だったら HTML5 や CSS3 に最適化されたサイトはどうするんだと言われようが、 そんなサイトの方が現状は圧倒的に少ないわけです。
 好き嫌いの問題ではなく、現実なんだから仕方ありません。
 そこでレンダリングエンジンだけは Trident を使う Sleipnir は、 Portable 版も 存在することもあって、非常に便利に使わせていただいています。

 その SleipnirFirefox の 拡張機能まで使え、その上安定して速いというなら本気で乗り換えを考えてもいいなぁ。。。 ということで期待してます> Sleipnir 3
Posted on Oct 20, 2010 at 20:37

2010 年 12 月から radiko 正式運用開始!

「 地上波ラジオの同時ネット配信『 radiko 』、 12 月に会社を設立し本格運用開始」INTERNET Watch より)

 11 月まで 延期されていた radiko の試験運用、 12 月以降は本格運用開始と言うことで、サービスは継続されることになったようです。

 radiko のおかげでほんとにラジオコンテンツを 聴取することが多くなりました。これからも順調に運用が続いてほしいものです。

 ひとまず Viva 正式運用> radiko
Posted on Oct 18, 2010 at 23:15

au 冬~春モデル言いたい放題 #1

「 au 、冬~春登場の新モデルを発表」
「 KDDI 、 Android 端末や BREW 端末に Skype アプリ搭載へ」
(以上、 ケータイ Watch より)

 まぁ「禁断のアプリ」とは Skype だったわけで、 そもそもにして昨今、音声通話料はどこまで無料にできるかの競争になっていますし、 データ通信料は天井の高さはさておき上限があるわけで、 「禁断」と言えるほどかというツッコミはあると思います。
 一年前にこのラインナップが発表できていたらねぇ~と言う声もすでに聞こえますが、 個々に見ていくとやっぱりこういうツッコミに納得してしまうところはありますねぇ。

「 防水仕様で 12.2 メガカメラの Android 端末『 REGZA Phone IS04 』」
「 小型でスタイリッシュな Android 端末『 IS05 』」
「 Android 2.2 搭載のスマートフォン『 SIRIUS α IS06 』」
(以上、 ケータイ Watch より)

 先般、発表された IS03 に続いて、au 本気のスマートフォン Android 搭載国産端末が二台と、ワンセグ、おサイフケータイに対応しない 廉価版スマートフォントも取れる Pantech 製が一台。
 で、目玉と取れる国産機二機種の発売が来年春って… 毎度思いますが、この時期に発表する意味ありますか?
# ただでさえ出遅れているのに…

 結局、年末までは IS03 一本勝負ですか…

 長くなりそうなので、フィーチャーフォン他に関してはまた次回。
Posted on Oct 17, 2010 at 23:58

iPod touch 4G でハッピーワイヤレスライフ

 さて先般、購入した第四世代 iPod touch ですが、 内蔵の WiFi インターフェイスが第三世代までとは異なり IEEE802.11n に対応しており、 強力な A4 プロセッサと相まって、特に自宅での利用ではかなりストレスなく使えます。
 Twitter クライアントを使うときなど、外出時、 iPod touch から使っていますので、タイムラインを追うだけなら PC で Saezuri を 使うより頻度の高い状況です。
 出歩くときは Pocket WiFi とセットで持ち歩きますので、 元々音声電話や携帯メールのヘビーユーザーではないので、iPhone である必然性を全く感じません。
# ちなみに自宅では BUFFALO WZR-HP-G300NH を使っていますが、問題なく接続できます。
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
 また前世代の iPod touch から内蔵されている Bluetooth も使えることは非常にハッピーです。
 初代 iPod touch を使っている頃も、 外付けの Bluetooth アダプタと、レシーバーに ソニー DRC-BT60P を 使っていましたが、 この上、 WiFi まで併用すると満充電ですら一日バッテリーが持ちませんでした。
 ところが iPod touch 4G は Bluetooth 内蔵で、バッテリー容量も大きくなっているのか、 かさばらない上に WiFi と併用しても、満充電なら一日でノックアウトということはありません。
 もちろん DRC-BT60P も苦もなくつながりました。  iPod touch/iPhone は アプリケーションプラットフォームでもあるわけで、 やはり本体からワイヤーが延びていないに越したことはありません。
 iOS4 系になってから WiFi の接続管理がおおざっぱになっているためか、 大容量バッテリー、小電力プロセッサの恩恵は大きく受けられなくなりますが、 それでもこのワイヤレスの自由さは、それを引き替えにしてもてに入れる価値のある幸せです )*^O^*(

 最近、また噛みしめる 4th iPod touch にしたこの幸せ。。。 味があるなぁ。。。できるだけ長く続くことを祈るばかりです (^^)
# ちなみにまだ実際に車で試していませんが、FM トランスミッター プロテック airB2も使えそうです。 少なくとも通電はしました。実際に使えたかはまた後日… m(_ _)m
Posted on Oct 16, 2010 at 18:57

Aopen Manli M-T2R324

 少し前に Debian 化した HS-DHGL の HDD が 崩壊してShuttle X27Dコレガ CG-HDC4EU3500 を つなぎ込んで自宅のサーバーとして使っていますが、 そろそろもう一方の Debian 化した 玄箱 Pro が不安になってきました。
 サーバーを一本化してしまえばそれでいいのですが、それも面倒で、 かといって HS-DHGL玄箱 Pro を Lenny 化するのも面倒。
 一度、普通に x86/x64 PC で Linux を使い始めると、 七転八倒して環境を構築する時間と手間が惜しく思えるようになってきます。
玄人志向 KUROーBOX/PRO
( 玄人志向 )
 なら X27D 相当をもう一台と 同じ ShuttleXS35 を 考えたのですが、この XS35 、 ネットワークインターフェイスが 100Mbps である上、 メジャーな Linux ディストリビューションは標準で認識しないものらしいので思いとどまりました。  何かいいものはないものかと、物色してみたところ、 見つけたのが AOpenManli M-T2R324
 この Manli M-T2R324 ベアボーンですが、 AMD Athlon NeoX2 L325 を搭載し、 チップセットは RS780M+SB710 と言うこなれた構成で、 しかも 2.5 インチ 250GB(5400rpm) HDD 、 2GB のメモリまで搭載していて、 OS をインストールすれば使えるベアボーンと言うより完成品に近い PC です。
 しかも 65W の AC アダプタで動作するのも魅力。いいなぁこれ。
M-T2R324
( AOpen )
 しかし。。。「面倒くさい」が理由で浪費してしまっていいものか。。。最近散在しすぎてる。。。 土壇場で出てきた最後の良心 (^^;
 何かやろうにも時間も気力もないのが、今最大の問題のような気がしてきた。。。 orz
Posted on Oct 11, 2010 at 22:20

Opera, Portable Edition v10.62

 PortableApps.com から OperaPortable 版が リリースされたので、インストールして使ってみました。
Image:20101008OperaPortable.jpg
 久々に使ってみると、結構、変わっていて、 他のブラウザにはない機能もあって、しかも意外に動作もきびきびしていてびっくりです。

 これで Portable 版で Firefox 4.0 Beta 、 Google ChromeOpera とそろえることができ、 サイト開発なんかやるときには結構、便利に使えそうです (^^)
Posted on Oct 06, 2010 at 00:20

ドコモ スマートフォンラインナップ拡充開始: GALAXY S/Tab

「 ドコモ、 Android 2.2 搭載スマートフォン『 GALAXY S 』 10 月下旬発売」
「 ドコモ、 7 型画面の Android タブレット『 GALAXY Tab 』 11 月下旬発売」
「 ドコモ山田社長『スマートフォン新時代にふさわしい端末』」
ケータイ Watch より)

 でました。
 まぁ事前に予告もありましたし、海外でも話題になっていた端末ですからね。 これ以上のコメントは個人的にはないです。
 インパクトとしては、 先般、 発表された au の IS03 の方が大きいでしょう。
 どうも au の IS03 に相当する機種は ドコモ からも発表されるようで、 これは ドコモ の山田 社長のコメント 「冬モデルのスマートフォンは、数機種がおサイフケータイ、ワンセグに対応するモデル。 ぜひご期待いただきたい」からも信憑性は高いと思われます。

 GALAXY S/Tab のような海外で評判が高いという話は 実は一部のアーリーアダプターにしか利かない呪文だと思っていて、 現在、iPhone が一般ユーザーに評価されている理由は、ウェブアプリが使えるとかハードとしておしゃれとか、 ましてや海外で評価が高いと言うことではなく、 iPod として使えると言うことが根強いと思っていて、 「ワンセグ」という無料で受信できる日本ローカルのコンテンツを扱えなければ 一般うけは難しいと思っています。
 その上に上乗せできる魅力(たとえばおサイフケータイ)がなければ、 iTunes Store という世界一のコンテンツストアを 凌駕できないでしょう。

 さぁ事前に聞いていた持ちネタは見せてもらいました。次はなんですか? > ドコモ
 期待してますよ (^^)
Posted on Oct 05, 2010 at 00:20

第4世代 iPod touch 向けケース二種

 このたびめでたく初代 iPod touch から 最新型の第4世代に乗り換えまして、そうそうとケースを買ったわけです。 しかも二つ。
 いやぁこれまで初代を使っていたおかげで、 ここ一、二年こういう楽しみなかったもので…ついうれしくなりまして (^^;;;
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
 まず一つ目は レイ・アウト ラバーコーティング・シェルジャケット
 iPhone で使っている人が多い、特に女性がよく使っているのを見る いわゆるシェルと呼ばれるタイプのケースで、 iPod touch 本体のボタン類に当たる部分は削り込んであって、 はめ込むとボタン部分はむき出しになります。
 色は3色ありますが「レッド」を選びました。 金属質でレッドというと非常にぎらぎら感が強いようなイメージですが、 マットカラーでしかもラバーコーティングしてあるので、非常に落ち着きのある赤です。
 装着した感じしっかりはまりますが、取り外しはコツさえわかれば結構容易です。 またラバーコーディングのおかげで持った感じもしっかりしたグリップ感が出ます。  もう一つは フォーカルポイントコンピュータ TUNESHELL RubberFrame for iPod touch 4G
 こちらは透明のポリカーボネイト素材で、外周部分がラバー素材になっていて、 iPod touch 本体のボタン部分もラバー素材で保護されます。
 色は4色あり、こちらもレッドを選びました。 こちらは透明のポリカーボネイトの上、明るい赤のラバー素材なので 装着すると非常にポップな感じになります。 また装着後も iPod touch 本体の背面もしっかり見えますので、 刻印している人やあの背面のぴかぴか感を活かしたい人にはうけがいいです。
 ただ一回装着するとはずしづらいのが弱点。こつがあるのかもしれませんが…  結論、どっちも気に入っていて、 格好いいのは ラバーコーティング・シェルジャケット の方なのですが、 実際使っているのは TUNESHELL RubberFrame for iPod touch 4G の方。
 せっかく買ったばかりの iPod touch 4G をまだ眺めたい時期ですし、 ちょっと飽きたら装着するとガラッと雰囲気の変わる ラバーコーティング・シェルジャケット にしてみようかと… 新製品を買うといいですね、こういう楽しみがあって )^O^(

 あ、最後になりましたが両製品とも液晶保護フィルム付きです。
# ただこのフィルムをつけるとせっかくの皮脂よごれのつきにくい アルミノケイ酸ガラスの恩恵はなくなります。

 気に入ったケースも購入できましたし、末永く この iPod touch 4G を使っていきたいと思います。
Posted on Oct 04, 2010 at 21:57

Seesmic Desktop 2 v1.0.0.1296

「 『 Seesmic Desktop 2 』が正式公開、プラグイン機能で Twitter 以外の SNS にも対応」窓の杜 より)

 この Seesmic Desktop 2 と言うアプリケーション、 いわゆる Twitter クライアントなんですが、 独自の Marcketplace から 機能を追加していけると言うところがミソ。
 SNS や Web サービス、 たとえば Google リーダー を 閲覧することができるようになります。

 最近は下火になりましたが RSS アグリゲーターや最近の Twitter 、 メールに至るまで個人が日常扱う情報を一元化して扱えるクライアントアプリケーションというのは、 以前からイメージとしては持っていて、 Seesmic Desktop 2 はそのイメージにかなり近い気がします。

 日本語化&日本のウェブサービスに対応してくれへんかなぁ… ちょっと時間ができたら真剣に使い込んで見たいアプリケーションです。
Posted on Oct 04, 2010 at 16:13

au 本気のスマートフォン IS03

「 au から“ 1 台目”のスマートフォン、 Android 搭載の『 IS03 』」
「 Android au 、『 IS03 』発表会で見せた au の本気」
ケータイ Watch より)

 全世界的なスマートフォン市場の拡大をうけて、日本でも実質、 ソフトバンク の iPhone vs ドコモ Xperia といわれながら 実は Apple の iPhone が 圧勝という皮肉な市場になっています。
 この状況を打開するには「スマートフォンのガラパゴス化」というのが、 一つの戦略ではあるわけで、au が 一人負けの状態を打開するにはこのリンゴを口にするしか もう逆転の目はなかったと言っていいでしょう。

 発表された IS03 は シャープ製 。 なにより Felica つまりおサイフケータイであること、ワンセグが視聴できる 日本ローカル仕様というのが一番の売りの Android 2.1 端末です。
 ただすでに携帯と同じメールアドレスが使えるなど何の自慢にもなりませんし、 さらに Felica 利用のサービスとして EdySuica への対応が発売時までに 間に合わないことが、まだまだ残念感をぬぐいきれない感じがします。
 しかし、「その心意気やよし」というところでしょうか?
 個人的な意見を言わせてもらえれば、ワンセグもついているし今、買い換えのタイミングがきていたら 飛びついていたかもしれません。 でも現時点では高そうですね、この端末 (^^;

 スマートフォンのガラパゴス化という戦略の是非は、 市場の常に正しい答えを出すとはいいませんが、 まず最初に市場が答えを出してくれるでしょう。
 個人的にはこの方向は当然進むべき方向だと思っていて、 ただ Android というプラットフォームに乗せてどこまでグローバル化することで 端末の価格を落としていけるか、その明確な道筋が必要だと思います。
 そしてなにより、この秋冬モデルで登場する ドコモ の新スマートフォン製品群に IS03 は太刀打ちできるか?
 ここも非常に見物です。

「 au IS03 発表、 FeliCa 対応&コンビネーション液晶の Android 端末」Engadget Japanese より)
Posted on Oct 01, 2010 at 00:32

iPod touch 4th Generation 二週間使ってみた

 iPod touch 4G が到着してから、 はや二週間以上たちました。
 MP3 に変換してライブラリーにしている全楽曲約 4,000 曲を転送しても、 まだその半分も消費していないという容量は、 これまで新しい CD を購入するたび古い楽曲を手動で消し、 話題になるアプリケーションがあっても、音楽を持ち歩くことを優先にしてきたため、 指をくわえていることしかできなかった たった 16GB しかない貧相な初代 iPod touch オーナーだった身分としては 幸せな限りです (^^)
Apple iPod touch 64GB MC547J/A
( Apple Computer )
 iOS4.1 というのも初体験で、これでいろいろと噂のある 4.2 にも 間違いなくアップグレードできます。
 このおかげなのか何なのか、iPod touch 4G は とにかく動きがきびきびしていて、一挙手一投足に迷いがない感じ。 A4 プロセッサの恩恵がおそらく大きいのでしょうが、マルチタスクにしても TwitBird で タイムラインを更新すると聴いている音楽が途切れるなどということももちろんありません。
 なんかすごい低いレベルに期待をおいていたように聞こえるでしょうが、 それ故満足度は非常に高いです。 なんせ前に買った iPod touch より 値段が安くてこのパフォーマンスなんですから 満足しないはずがありません。

 不満がないかというと、細かいところなんですが iPod touch 4G では スリープに入ってもどうも WiFi が切れていないようで、 ネットワーク接続に使っている Pocket WiFi のバッテリーが うっかりすると気がついたときにはすっからかん。 このおかげで本体のバッテリーも駆動時間は延びているはずなのに その恩恵が全く享受できている気がしないのが、唯一の不満でしょうか?

 第二世代や第三世代の iPod touch を 使っている人にはどうかとは思いますが、 少なくとも初代 iPod touch を使っている人には 十分な満足感を得られる製品だと思います。