「 日本エイサー、 Atom x5-Z8300/Windows 10 搭載の 10.1 型 2-in-1 」PC Watch より)

 個人的に今、 Windows 10 を搭載した 2-in-1 端末を購入しようと、 品定めをしている真っ最中ですが、日本エイサー からも魅力的な 2-in-1 端末が発表されました。

 この Acer Aspire Switch 10 E は キーボード側に 500GB のハードディスクを内蔵していて、 Intel Atom プロセッサーを搭載している 安価な 2-in-1 端末にありがちなストレージ容量の不安をカバーしています。

…と、私も最初はそう考えたのですが w 、 タブレットフォームの時に使えないストレージって、ほんとにデータの保存にしか使えないですよね。。。
 たぶん、この手の安価な 2-in-1 でストレージ容量が欲しくなる理由って、 自分の場合、「プログラムのインストール領域」だと思うんです。
 キーボード側ストレージにプログラムをインストールして、 タブレットフォームになると確実に問題起きますよね?

 また昨今、データの保存にはクラウドストレージサービスを活用する時代、 また、個人的には自宅では、しっかりと冗長化構成を取った NAS(Network Attached Storage) に 大事なデータは保存する時代だと思うんです。
 一過性のデータ保存なら 500GB HDD は多すぎると思いますし…

 ASUS からも同様のタイプの 2-in-1 が発売されていますが、 個人的に今探しているのは持ち歩きようで、用途が思いつかない HDD を内蔵して重量が重くなるくらいなら、 eMMC 64GB を最低ラインとして購入機種を考えています。 「 ASUS 、デュアルストレージ構成の Windows 10 搭載 2-in-1 『 TransBook T100TAM 』」PC Watch より)