西川和久の 不定期コラム
「 その 4 今年の複合機の選び方」
「 その 3 『 EPSON Colorio EP-901A 』編」
「 その 2 『キヤノン PIXUS MP980 』編」
「 その 1 『 HP Photosmart C8180 All-in-One 』編」
(以上、 PC Watch より)

 去年の年賀状シーズンの際、
「もっと写真がきれいにでるプリンタがいい」
と言うリクエストで、今年、春モデルからプリンタ更改の検討を始めましたが、 すでに 11 月、秋モデルも発表され、年賀状シーズンも迫ってきました。
 秋モデル発表時点で、 LAN I/F 搭載の複合機で、 キヤノンMP620 と目星を付けていたのですが、 ここでうちの奥様鶴の一声…
「どうせ買うならよりきれいな方がいい」
と言うことで、フラッグシップモデルを買うことにしました。

 まずは エプソンEP-901A
 新デザインでなかなかクールで、市場でも評判はいいようです。 ADF(Auto Document Feeder) 標準装備、CD/DVD プリントトレイを内蔵と なかなか魅力的。 なんと言っても給紙トレイが二段になっていて、 これが非常に便利そう。
 ただ個人的に昔、エプソン の 製品を使っていたことがあって 「白黒印刷が遅い」「ドライバの更新がすぐに行われなくなる」という イメージがどうしてもぬぐえません。
# 昔の話です。最近は違う可能性がありますが、そう言う話は耳に入ってきていません。  一方、キヤノンMP980 は、 PC Watch のレビュー記事によると、 USB 接続をしないと LAN I/F の設定ができない、 CD/DVD プリントトレイが別、給紙トレイが二段トレイではないと言うことで 減点されていますが、 個人的には、 LAN I/F の設定など一度したら早々変更することなどないでしょうし、 CD/DVD プリントはそんなにしないかなと思います。 給紙トレイの問題は、年末年始にはがきセットするくらい (写真はあまり紙に出さない主義なので…)ですしねぇ。。。  ADF は少々うらやましいですが、それより個人的には透過原稿対応の方が、 現時点ではポイントが高い。
 と言うことで、 2008 年プリンタ選びファイナルアンサーは MP980

 で、本日買ってまいりました (^O^)
 近所の カメラのキタムラ で 27,800 円でした。
 連休中に設置設定して、今年の年賀状シーズン活躍してもらうことにします。