「 アップル、 SIM フリー iPhone 6 / 6 Plus の国内販売を再開。全種 1 万 1000 円値上げ」Engadget 日本版 より)

 年が明けてから、フィーチャーフォンと SIM フリースマートフォンの二台持ちを 真剣に考えていた時期があって、おサイフケータイ機能をフィーチャーフォンでカバーするなら、 iPhone もありかと一時、考えたこともあったのですが、 国内販売が停止していたため、それ以上、考えが進みませんでした。

 結局、機種変もせずにまだ思案中、 SIM フリー iPhone 6/6 Plus の国内販売が再開されました。
 価格も改定されていて、 iPhone 6 Plus なら 64GB 版で 11 万 800 円、 128GB 版なら 12 万 2800 円(税抜)。。。 販売停止前と比べて一律 1 万 1000 円のプラス…

「高いよ!」

 スマートフォンに 11 万って…えぇ、よく売れているいい製品だというのは心得ているつもりですよ。
 でもね。 11 万あれば、そこそこいいノート PC と、そこそこな SIM フリースマートフォンが変えてしまう今の時代。 個人的に、そこまで高い価値は iPhone に感じません。

 もう一つ。
 これだけ高いと思う iPhone が実際はキャリアからはすばらしく安価に手に入るって、 どれだけの販促費が iPhone につぎ込まれているんだよ!っていう怒りに似た感情すら (今更ながら)沸いてきました (-_-X;

 たぶん、いろんな感情も入り交じってしまって、今回の機種変でも、 どう転んでも iPhone にはしないでしょう。

「 アップルが SIM フリー版 iPhone 6 / 6 Plus の国内販売を停止。オンラインストア・実店舗とも」Engadget 日本版 より)