最近、一部で話題の Docker を 試してみようと思い立いたちました。
 技術屋のくせに食わず嫌いの気があるもので、まずは食べてみてから…と (^^;

 まだ、この Docker なるものが何者かよく理解していないので、 これで「あれもやりたい」「これもやりたい」とここに書くと、 あとで恥ずかしい思いをしそうなので、思い立ったきっかけについては書きません (^^;
 それでもあえて書くとしたら、 Docker とはなんなのかを 知るためにインストールして見ようと思った程度なので、 このあとの内容も備忘録以上の意味があるかは、推して知るべしと言うところで… (_ _;>

 インストールしてみるにあたって、 まずは VMware vSphere Hypervisor(ESXi) に ちょっとメモリ多めの仮想マシンを新たに作成して、 そこに CentOS 7 を Minimal (最小)版をインストールしました。

 インストール自体は滞りなく終わり、次にインストールした CentOS 7 をアップデート。
 最小インストール版には ifconfig も入ってなかったのでひとまず net-toolsもインストール、 それから再起動して、いざ Docker のインストールです。

 Docker のインストールについては、検索してみると一杯出てくるのですが、 Docker 自体の進化が早いためか、 その多くは Extra Packages for Enterprise Linux(EPEL) リポジトリーから云々という内容ですが、 実は今現在 (2015/2/12) は結構新しいバージョンが標準リポジトリーからインストールできたりします。

 と言うことで、インストール自体は簡単。
# すべて root 権限で実行しています
# yum install docker
以上だったりします。

 インストールして Docker を起動します。
# systemctrl start docker
# systemctrl enable docker
 で、バージョンを確認してみるとこんな感じ。
# docker version
Client version: 1.3.2
Client API version: 1.15
Go version (client): go1.3.3
:(略)
 いいんじゃね?これで。。。 (^^)b
 さ、食ってみるか ^^

「 いまさら聞けない Docker 入門」@IT より)
サーバ/インフラ徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
伊藤 直也 著
( 技術評論社 )
¥3,778