最近、本当に祟られているのではないかと勘ぐるようになってきました…
 景気回復と言われる昨今にあって、金額的に全く微動だにしないうちのボーナスも とりあえず無事支給され、 いよいよ我が家のメインデスクトップの Vista 移行計画を前に、 まずは Vista のテストのために中途半端に手を出した ビデオカードを、今後、長く使えるものに入れ替えようと、 ASUSEN8600GT SILENT/HTDP/256M を購入し、換装を試みたときのお話です。
【旧商品】Microsoft Windows Vista Ultimate 通常版
( マイクロソフト )
¥ 59,800
 現在、Windows 2000 で運用している我が家のサブのデスクトップにインストール済みの ビデオドライバーをアンインストールし、電源を落とし、ビデオカードを入れ替えて再起動… ところがここで起動時にブルースクリーンとなり、なにやら即読不能な大量の英文の中に 「 INACCESSIBLE BOOT DEVICE 」という不吉な表示が… エラーコードのようなものも同時に表示されていて、 それが「 0x0000007B 」というコード。
 これをキーに情報を検索してみるとこのコード、 巷では 「死の(エラー)コード」 と言うそうな… orz

 その話に残念ながら偽りはなくフォーマットをかけようが何をしようが、 二度と再び使えそうにありません。サブのデスクトップなので、 先般、 逝ったノート PC の HDD のとき のように「痛恨の一撃」には ならなかったことがせめてもの救い。。。
 しかし、この前、 調子が悪くなった SD カード は、その後、不注意でオフィスチェアーで踏みつぶしてしまい (幸い調子が悪くなった時点でバックアップを取ってあったのでデータの損害はなし)、 ちょっと前にオフィスの PC のアプリのインストール・アンインストールを繰り返していたら、 レジストリがぶっ飛び…と、最近、記憶装置に対してものすごく不信感が募っています。
 HDD は飛びましたが、サブのデスクトップ自身の H/W は全く問題ないので、 これに Vista をインストールするつもりですが、 300GB クラスの SATA HDD が 8,000 円台で変える時代。 こうなったら 300GB HDD を二玉買って RAID1 で構成してやる。。。

 しかし、ここんところ数ヶ月で 玄箱 Pro だ、 HS-DHGL ハックだと結構な数の HDD を購入していて、そのほとんどは HGST (HITACHI GLOBAL STORAGE TECHNOLOGIES) 製品で統一していたはずで、とんだブツはその中でも古い方であっても 一番使用頻度としては少なかったものなのに、何でこれだけ…と思いつつ、 本体を開けてものを取り出してみると…あれ?海門… 当時、カゴ盛りにしてあったバーゲン品で買ったやつだ orz
 皆さん、大事な記憶メディアは少々値が張ってもいいものを使いましょう (^^;;;>