ある日思い立ちました。 HTML 5 を習得しよう!。。。と。

 理由はまぁいろいろと思うところがあって、どうもこれから先、 プログラマの端くれという口にするには HTML5/CSS3/JavaScript は避けて通れないだろうと。
 プログラム言語という意味では Java と違って、 「 JavaScript ならほんのちょっとわかる」と言えるくらいはかじってつもりです。
 ただ今回はもっちょっとがんばってみようかと。

 と言うことで、まず手始めにうちのブログの HTML5 化に着手しようかと。

 んで、ちょっと今風で小生意気な感じを取り入れてフレーバーを HTML5 化するに当たって、 Twitter Bootstrap を取り入れたる! と意気込んだわけです。

 こつこつ(≒のろのろ)と取り組んでいたわけですが、 ほんのちょっと Twitter BootstrapjQuery プラグインの導入を試していたところでいきなりはまりました。

 どういうはまり方をしたかを書き出すと長くなるので、 原因を先に言うと Twitter Bootstrap v2.3 には jQuery 1.9 が必要で、 その jQuery の読み込みに 「 Google Loader を使用したこと」でした。

 Google がホスティングする 代表的な JavaScript ライブラリは Google Loader を使って 以下のように読み込んでくることができます。
<script src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript"><!--
  google.load("prototype", "1.6");
  google.load("scriptaculous", "1.8");
//--></script>
 上記は Prototypescript.aculo.us を読み込んでくる例ですが、 こうすることによって何が便利かというと、 Prototype を読み込む場合、 上記のように「 1.6 」と指定すると、 1.6.x の最新版がリリースされると 自動的に読み込んでくると言うところでした。

 今回もこれを利用して jQuery を読み込み、 Twitter Bootstrap を試したところ、 どうもうまく動作せず、まずここで悶絶してました。
 最新版を読み込んできていると思っていた jQuery が 1.7.1 だったというのがオチです。

 長くなったので解決編は次回。。。
JavaScript 第6版
David Flanagan 著
( オライリージャパン )
¥4,530