「 Microsoft 、“究極”のキーボードや 4-in-1 マウスなど新製品を一斉発表」
「 Microsoft Hardware Launch Event 2006 レポート ~明らかになった“究極”キーボードの詳細」
「 Microsoft Hardware Launch Event 2006 レポート ~静止画 760 万画素の Web カメラや無線ヘッドセット」
「 Microsoft Hardware Launch Event 2006 ~ハードウェアラボツアーレポート」
「 Microsoft Hardware Launch Event 2006 ~同社研究者が考える未来技術の一端を紹介」
(以上、 PC Watch より)

 先般の ロジクールの発表 に続いて、Microsoft からも 究極を自称するキーボードをはじめとして、数々の周辺機器の発表がありました。
 その中でも個人的な注目はマウスであり、さらにその中でも 同社製品のマウスで初めて「 Natural 」を冠するマウス Natural Wireless Laser Mouse 6000 です。
 このマウス、「 Natural 」というだけあって形状にかなりなインパクトがありますが、 去年買った Wireless Laser Mouse 6000 をベースに 改良されたセンサーを搭載しているのであれば、基本機能部分には問題がないでしょう。 そうなるとその形状を持ってして Wireless Laser Mouse 6000 を 超えられるか?非常に興味があるところです。  さて、蛇足になりますが、 先般、 ロジクールが発表した MX Revolution / VX Revolution を (モックアップですけど)みてきました。
ロジクール MX レボリューション MX-R
( Logicool(ロジクール) )
¥24,800
 MX Revolution は思っていた通りの製品で、 ただ MX1000 のときにも同じ感想を持ったんですが、 あまりにもボタンやホイールが多すぎて、使いこなすのが大変そうです。
 そこいくと VX Revolution は、ほどほど高機能で、 思ったより小さく好印象。思ったより小さいと言っても、持ち歩くには ちょっと大きい上に形状がちょっと特殊すぎるように思いますが、 デスクトップ用にちょっと小さめで、高機能なマウスが欲しい人にはちょうどいいのかな。。。 という気がします。
ロジクール VX レボリューション VX-R
( Logicool(ロジクール) )
¥19,800
 今年は、自宅デスクトップ用に Natural Wireless Laser Mouse 6000 を買って、 最近、肩に痛みを感じるようになって使うのをやめたオフィスの V400VX Revolution でリプレースということにしようかな。