前回、WordPress のサイトを構築する際、 ほぼ唯一と言っていいほど、改めて知識を収集して対応した作業が、 「テーマのカスタマイズ」でした。

 テーマとしては Graphy という タイポグラフィにこだわったシンプルなテーマで、シンプルなだけにデザイン的に手を入れる余地もあり、 「真っ白なキャンバス」のように見えたのが、採用にいたった一因です。

 ただそのまま、何も手を加えずに使っているかというとそうではありません。

 これは何も Graphy という テーマの問題ではなく、 WordPress という仕組みそれ自体の 自由度がもたらす問題で、「プラグイン」というロジックの拡張の仕組みと、 「テーマ」というデザインの変更の仕組みをもちながら、これらが完全に独立しておらず、 例えば「テーマ」にロジックを組み込んでしまうことが出来ます。

 これの何が問題かというと、選ぶテーマによって、 機能的に出来ること出来ないことがあって、選んだテーマによっては、 プラグインと機能が重複してしまう、もしくはテーマに手を入れなくては プラグインが使えなくなってしまいます。

 前回のエントリでも書きましたが、WordPress では、 テーマを切り替えることで見栄えだけは簡単に変わります。
 ただ、機能性まで考慮に入れると、特定のテーマを前提に導入するプラグインを決めるので、 実質、見栄えだけのためにテーマを変えるということはおいそれと出来ないということです。

 と言うことで、前回、選んだこの Graphy と言うテーマ、 結構、機能的にも良く出来てはいるのですが、 いろいろディスカッションしているうちに、以下の機能を実装するためにテーマに手を加えざる得なくなりました。
  1. パンくずナビゲーション (breadcrumb list)
  2. ページめくり (pagination)
 またこのようにテーマをカスタマイズする際、「子テーマを作る」という WordPress 独特の作法があります。

 ということで、まずは子テーマ作りから話をまとめます。
本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版
プライム・ストラテジー株式会社 著
( SBクリエイティブ )
Ellinikonblue.com Weblog 「 WordPress 仕事で得た知識: Graphy カスタマイズ #0 」