「 オリンパス、『 OLYMPUS PEN E-P3 』の新製品発表会を開催」
「 オリンパス、“世界最速 AF ”のミラーレスカメラ『 PEN E-P3 』」
「 オリンパス、チルト式モニターの『 PEN Lite E-PL3 』を開発発表」
「 オリンパス、 6 色カラバリの『 PEN mini E-PM1 』を開発発表」
(以上、 デジカメ Watch より)

 オリンパス から レンズ交換式の高級コンパクトデジカメ PEN E シリーズの 新製品の発表会が行われました。
 パナソニックGF シリーズ など マイクロフォーサーズのレンズ交換式 コンパクトデジカメってちょっと前から魅力的に思え始めてきて、 今回の E-P3 にもかなりぐらっときてます。  所有しているコンパクトデジカメは もう購入してからずいぶん経った(はずの)パナソニックの FX33 で、今のところ不具合らしい不具合はないですが、 さすがに丸三年以上使っているのでそろそろバッテリーの保ちが悪くなってきたように思います。
 悪くなってきたと思っただけで買い換えるほどの末期症状 (^^;> ではないのですが、 何か不具合が起こってそれから物事を考えるほど奥手でもありません f^-^;  そういうわけで最近のレンズ一体型のコンパクトデジカメを 物色してみると信じられないくらい安い! そこそこな性能のもので 1 万円台、2 万円台ならちょっと高級機?って思えます。 FX33 は確か 3 万近く叩いたんですけど… orz

 で、3 万円ぐらいの価格帯で商品を探してみると、 型落ちであればレンズ交換式のコンパクトデジカメのボディーが手に入り、 4 万円出せばレンズセットが購入できてしまいます。  そんなこんな考えていると、 メインで使っている ニコン の エントリー機 D60 もそろそろ…とか考えるに至り、 このままではただの散在になってしまう。

 そこでちょっとここ数年スパンのデジタルカメラ更改計画を真剣に考えてみることにしました。。。 (つづく)