「 任天堂、『 Revolution 』の仕様の一部や この秋発売予定の GBASP 互換機『 Game Boy Micro 』など発表」GAME Watch より)
本田雅一の E3 レポート 「 『 Revolution 』というパズルに足りないピース」PC Watch より)

 次世代ゲームコンソールの主役争いの一角、 任天堂 も「 Revolution 」を 正式に発表しました。2006 年の発売だそうです
 筐体デザインは、E3 で 発表された三つの次世代機の中でもっともコンパクトで、 ぱっとみ外付けスロットインの DVD ドライブと見紛うほど。 ここから想定されることは、さほど強力な CPU/GPU を搭載していないこと、 すなわちピーク性能では、 PlayStation3Xbox360 に及ばないと言うこと。
 だからといって次世代機の主役は他に譲ると言うわけではないでしょう。
 個人的なイメージをまとめると、GAMECUBE との下位互換を保ち、ファミコン時代からのゲームがダウンロードして遊べるなど もっともゲーム機らしく、しかし全く不確定要素が多いのが、 この「 Revolution 」と言う気がします。
 おそらく次世代三機の中で最後発で発売されるだろうこと、 もっとも低価格で発売されるだろうことが予想されますが、 期待を持つにはまだまだ謎な部分が多すぎます。 それがこの「 Revolution 」の現時点での最大の魅力で、 次世代コンソールの主役争いの最大のダークホースと言えるでしょう。
# ◎ PS3 ○ Xbox360 ▲ Revolution ってとこですかね(^^;>




 最後に。。。一緒に発表されたこの秋発売の Game Boy Micro って いくら何でも小さすぎません?あれ(^^;;;>